ネットビジネス

ネットビジネスをしている人はいつ仕事していつ遊んでいるのか?

ブログ起業ならうまくいく・マーチの無料メール講座
 
 

※登録されたメールアドレス宛にプレゼントをご案内します。
『@icloud.com』でのご登録はメールが届きにくくなっております。
※新規アドレスを作る際はGmailもしくはYahooメールがおすすめです。
※常識的におかしな名前でのご登録は、こちらから解除させていただく場合があります。
※お預かりした個人情報は厳重に管理し、プライバシーを遵守いたします。

 

インターネットを使ってビジネスをしている人は
いつ仕事していつ遊んでいるのでしょうか?

 

というのも、ネットビジネスって
一般企業のように勤務時間がありません。

なので、普段どんな感じで仕事して
どんな感じでプライベートを過ごしているのか、
周りの人からはよくわからなかったりするんですよね。

人によってはいつも遊んでいるようにも見えるし、
いつも仕事しているように見えるでしょう。

 

まぁどちらにせよ、

「なんかうまいことやってるなぁ」

という感じがしませんか?

 

実際、うまくいってる人は
ちゃんと仕事しているものだし、
息抜きも上手にしているものです。

 

そう!

勘のいいあなたならお気づきでしょう。

 

要は『自由裁量』なんです。

 

自由裁量でやれるということは、
自分で責任を持つということ。

しかし、リスクが限りなく少ない
インターネットビジネスにおいては
自由裁量で仕事をするハードルが
かなり低くなっていると言えるでしょう。

 

現代において、この自由裁量こそが

ビジネスをする最強のメリット

といっても過言ではありません。

 

そして、時間を自由にできるワークスタイルこそが、
人生を豊かにする“大きなポイント”にもなってきます。

てなわけで今回は、
サラリーマンだとなかなか気づけないこの話について、
ビジネス歴5年の僕が少しアツく語っていきたいと思います。

 

ネットビジネスの中の人、いつ仕事していつ遊ぶのイメージ

 

ネットビジネスで遊べるようになるまでに…

 

まず、ネットビジネスはよく
『不労所得』と勘違いされることがあります。

しかし、その認識は間違いだと断言しておきます。

実際のところ、うまくいってる人ほど、
人目に触れずよく仕事しているものだからです。

僕も半年間くらい、
起きている“ほぼすべて”の時間を、
記事や動画作成に費やした時期があります。

 

四畳半自室で寝袋生活です。

 

床がフローリングなので寝心地サイアクでしたが、
寝るよりもビジネスの仕組みを作ることが最優先。

とにかく、

オレは駆け抜けるぞ!

って感じでがんばっていました。

ちなみにフローリングの上で寝袋で寝る時は
身体を痛めることがあるため、
ちゃんとその下にテントマットを敷きましょう。

(そんなヤツおらんか…笑)

 

では、なぜいきなりそんな話をしたかというと、
ネットビジネスで成功している人の多くは
たいてい同じような経験をしているからなんですね。

もちろん、ずっとガムシャラではありませんし、
独学で丁半博打のようなこともしていません。

 

一定期間、正しいやり方で凄まじく努力する。

 

ネットビジネスで成果を出している人は、
誰しもそんな経験があるんじゃないでしょうか。

そうやって自分のビジネスを
うまく軌道に乗せることができれば、
徐々に無理ないペースで仕事ができるようになります。

 

ここまでくれば、かなり『楽』です。

 

そして、多くの人がイメージする
『ネットビジネスでうまくいってる人』というのも、
この段階にいる人だと考えて間違いないでしょう。

僕もこれまでに記事を1000以上投稿し、
動画も400以上アップロードしてきました。

それ以外にもメルマガを書いたり
有料・無料の教材を作ったりしてきたわけですが、
これらのコンテンツ群がビジネスを支え、
僕の代わりに仕事をするようになるんですね。

一度、このような仕組みを作り
ビジネスを軌道に乗せてしまえば、
仕事自体はメンテナンス+αくらいで済みます。

 

世のネットビジネスのセールストークでは
甘い言葉で不労所得的なことを謳う人もいますが、
それを実現するまでにすべきことがあるものです。

(その前に不労所得ではありませんしね)

とはいえ、自分のビジネスを持つことは
自分の世界を大きく広げるきっかけとなりますし、
ネットツールが個人ビジネスを
画期的に楽にしてくれていることは
『まごうことなき事実』と言っていいでしょう。

なので、そういう部分を知ったうえで、
この先の話へと読み進めていただければ幸いです。

ネットビジネスをしている人はいつ仕事してるのか?

 

ネットビジネスの仕組みが一度出来上がると、
あとはメンテナンス+αくらいの仕事で済みます。

たとえば、ブログ記事のリライトやメールの返信など、
ビジネスを滞りなく回すための作業が中心となっていきます。

それプラス新しい取り組みなども進めていくわけですが、
基本的には急を要すものではないので
空いた時間にそれらの作業を済ますことが可能となります。

 

ところで、ネットビジネスと言えば、
パソコンを使ってカフェで仕事する絵が浮かびます。

 

カフェでネットビジネスをする人のイメージ

 

スタバとかでよく見るアレですね。

このビジネスは場所を選ばないのも魅力ですが、
時間や組織的な拘束がないのも“めちゃ魅力的“なのです。

 

1日24時間を自分で管理するので、
起きてる時間のどのタイミングで仕事してもオッケー。

 

実際、朝起きてチャッチャと済ます人もいれば、
一日かけての~んびりと仕事をする人もいます。

ちなみに、僕は朝に仕事を済ませるタイプですが、
夜、子供たちが寝たあとにも仕事することが多いです。

 

僕の場合、

一日のうちで集中できる時間帯だけ仕事する

という感じですね。

 

以前、会社員時代に昼寝ができずツラかったという
他人からはどうでもいいと思われそうな
スーパー個人的想いをブログに綴ったことがあります。

 

ロングスリーパーはどう働くべきかのイメージ
仕事中眠たいという苦痛から解放されたロングスリーパーの働き方 「仕事中眠たい…」 サラリーマン時代に一番ツラかったのがこれ。 給料が安くてもガマンできた僕ですが、 これだけは本当に無理で...

 

サラリーマンやフリーターだと難しいのですが、
実際、集中できる時間帯に集中して仕事するのは
非常に理にかなった仕事の仕方ではないでしょうか?

「逆に…」ですよ?

嫌な気分を引きずり納得してない仕事なんて、
いくら続けても結果につながるとは思えません。

 

昔、高校の友達とバンドを組むことになり、
各パートをじゃんけんで決めたことがありました。

4人中2人がギターで2人がボーカル希望だったので、
その中からじゃんけんで負けた2人が
ベースかドラムを担当しなければなりません。

そこで僕はじゃんけんに勝ち、
ボーカルを担当することになりましたが、
じゃんけんに負けた友達Aと友達Bは
渋々ベースとドラムを担当することになりました。

結局、半年間ほど彼らとバンドを組みましたが、
ベースとドラムがほとんど練習しなかったんですね。

僕らもなんだか申し訳ないという気持ちもあり、
結局そのまま解散という流れになってしまいました。

 

まぁ、よくある話です(笑)

ただ、このように自分自身が納得してないことって
あまり良い結果につながらないことが多いと思います。

反対に、自分ですべきことの
段取りを決めて実行することは、
やってみるとかなり集中できるでしょう。

 

サラリーマンは毎日8時間働いています。

しかし、実働時間に換算すると、
実際は8時間も必要なかったりするものです。

もし、仮にですよ?

その実働時間だけで帰れるなら、
多くの人は自分の仕事を済ませて
さっさと家に帰るんじゃないでしょうか?

ビジネスの場合、結果がすべてなので
長く働くこと自体にはまったく意味がありません。

 

考えようによっちゃ

無駄な努力ならやるな

と言っても過言じゃないのです。

 

ちいさな起業でもビジネスを始めてみると、
自分で段取りをして仕事をすることができるので、
そんな仕事の本質に気づくことができるでしょう。

否が応でも!

そうすると、
24時間の可能性が大きく広がってきます。

時には自室に寝袋を引いて
バカみたいに仕事をするのもアリだし、
時には午前中だけ仕事をして
昼から家族でお出かけするってもアリ。

いつでもどこでも仕事ができ、
その段取りを自分で決められるだけで、
モチベーションやパワーが高まってきますし、
人生の自由度もかなり高まってくるはずですよ。

ビジネスに遊びが大事な理由とは?

 

よく「ビジネスには遊びが大事」と言われます。

そういうこともあってか、
ビジネスをしている人たちって
よく遊んでいる印象がありせんか?

僕はお酒を飲まないので
夜の世界のことはわかりませんが、
ネットビジネスをしてる人たちが
遊びに積極的だったり
流行に敏感だったりするのは確かです。

 

そんな彼らについて、
「一体いつ遊んでいるのか?」
と疑問を持つ人もいるでしょう。

 

これも仕事と同じで、
スケジュールを自分で組んだり
スキマ時間を使ったりして遊んでいます。

ネットビジネスには拘束時間がないため
仕事とブライベートの境目がないからですね。

24時間をフレキシブルに活用できるので、
何を優先するかは『自由裁量』の世界。

ネットビジネスは収入面でのメリットも大きいですが、
個人的にはこの自由さこそが最強のメリットだと思ってます。

 

起業するといつ遊ぶかは自由です。

 

  • 遊びたい時
  • 遊びに誘われた時
  • 仕事の集中力が切れた時
  • モチベーションが上がらない時
  • 息抜きしたい時
  • 刺激がほしい時

 

僕の場合、自分のスケジュールを見て
スキマ時間を使って遊ぶことが多いので、
休みの日にアレやってコレやってという感じで
まとめて何かをすることはありません。

その代わり、仕事モードのときは
一日中飽きるまで仕事することもあります。

そんな感じでやっていると
余計なストレスが溜まらなくなってくるので、
意外と自己管理もしっかりしてくるんですよね。

 

ビジネスを始めた頃、
ビジネスに集中するためにジムを辞めたんですが、
最近はまたジムに通い始めたので体調管理もバッチリです。

ちなみに、ジムに行く時間は決めておらず、
お昼に行く時もあれば、
晩ごはんを食べた後に行くこともあります。

とりあえす、仕事が一段落したら
2時間ほど汗を流しに行くという感じですが、
時間に縛られないワークスタイルであれば
かなり自由度の高い行動ができるようになります。

ただ、最初のほうでお話したとおり、
ビジネスが軌道に乗るまでは
やはりそれに集中する環境を作ることも大事ですよ。

 

 

ただ、一度ビジネスの世界に足を踏み入れると、
24時間365日仕事のことを考えがちになります。

これは決して『悩み』ではないのですが、
なんかずっと仕事のことを考えちゃうんですよね。

 

サラリーマンの時を振り返ると、
休の日は仕事のことなんて全く考えませんでした。

(皆が皆そうではないと思いますが…)

たとえば3連休でキャンプに行った場合、
会社のことを思い出す時間は5分もないでしょう。

山奥の音楽フェスに行くときなんかは、
スマホの電源を消して遊びに没頭していました。

 

しかし、ネットビジネスを始めてからは、
遊んでいるときでも仕事のことを考えてしまいます。

最初はこのONとOFFがうまくできず、
仕事で頭がパンパンになって遊びにも集中できません。

 

まるで試験前の受験生の気分です。

 

でも、これは自分が作った余計なストレスで、
スキマ時間をうまく活用することで
仕事のストレスが緩和されるようになりました。

 

スキマ時間にバリバリ仕事

スキマ時間にバリバリ遊ぶ

 

ダラダラ時間を過ごさないことで、
モチベーションの高い時に集中して仕事をし、
モチベーションの低い時にストレス解消をする。

要はモチベーションの回復のために
積極的にスキマ時間を使って遊ぶようにしたのです。

 

たとえば、就業時間中に

「やる気が出ないんでちょっと休憩しまーす」

なんてこと、誰だって言えません。

 

でも、自分でビジネスをしていたらそれが可能です。

ぶっちゃけ、間違ったこと言ってないんですよ。

本当にやる気が出ない時ってあるんだから。

そんなのただの管理社会の弊害に過ぎません。

 

とにかく僕の場合、
ちょっとやる気が出ない時は
思い切って昼寝をしたり、
漫画を読んだりするようにしてます。

子供が暇そうにしていたら
ドライブに誘って外に出ることもあります。

そうすると、頭がOFFスイッチになって、
その間にモチベーションが回復するのです。

 

このような遊びを自分で作れる環境は
実は仕事においても非常に効率がいいと考えられます。

誰かに決められた休息などでは
決して湧いてこない仕事の意欲も、
自分で遊ぶ時間を決めることで
体力気力の良い循環ができるようになるからです。

ネットビジネスをしている人は
ブログやSNSなどの発信媒体を持っているので、
よく遊びや食事に出かけている発信をしています。

彼らはスキマ時間を使って気分転換を図り、
うまくモチベーションを保っているということですね。

 

好きな時間に仕事して好きな時間に息抜きする人

仕事と遊びの境目がない人生を!

 

ネットビジネスで生活をしている人は、
起きている時間でバランス良く仕事して遊んでいます。

彼らの生活の一部だけを切り取ってみると、
常に遊んでいるようにも見えるし、
常に仕事しているようにも見えるでしょう。

しかし、常に収支の動きを気にしていますし、
いつでも全力で働けるように自己管理をしているもの。

一見、大変そうに思うかもしれませんが、
自分に合った働き方ができるわけなので
会社で働くよりもラクと言えるかもしれません。

 

今回の話をもとに、ネットビジネスの
時間的なメリットをまとめてみましょう。

 

  • 拘束時間がない
  • 場所を選ばない
  • 関わる人が圧倒的に少ない
  • 仕事も遊びも自分で管理できる

 

いい意味でも悪い意味でも自己責任。

ですが、ネットビジネスには
金銭的なリスクがほとんどないに等しいので、
取らなきゃいけない責任などありません。

あるとしたら、途中で辞めた時に
それまでの労力が無駄になるくらいですが、
それさえ嫌だという人は
そもそもビジネスに向いてないでしょう。

 

ただ今回、声を大にして言いたいのは、

働き方ひとつで自由度が高まる

ということ。

 

雇用されて役割を与えられる働き方ではなく、
ビジネスを作って自由裁量で生きる働き方なんです。

それはネットを使えばカンタンにできるし、
この先の長い人生を真剣に考えれば
自分のビジネス構築に時間を費やすのも悪くありません。

大体、責任ある仕事をするのは
会社員もビジネスマンも同じじゃないですか。

だったら働き方も自由でいいんじゃない?

というのが、今回の話の肝だということですね。

 

仕事と遊びの境目のない人生っていいもんですよ。

僕はこの充実感を
多くの人に知ってもらいたいと思ってます。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

ブログ起業ならうまくいく・マーチの無料メール講座
 
 

※登録されたメールアドレス宛にプレゼントをご案内します。
『@icloud.com』でのご登録はメールが届きにくくなっております。
※新規アドレスを作る際はGmailもしくはYahooメールがおすすめです。
※常識的におかしな名前でのご登録は、こちらから解除させていただく場合があります。
※お預かりした個人情報は厳重に管理し、プライバシーを遵守いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です