人間関係のイメージ

人間関係がうまくいかない人、あるいは人間関係がうまくいかない時ってありますよね。

 

職場の人との関係がうまくいかない。

親とよくケンカをする。

仲間や友人と過ごしても居心地が悪い。

などなど。

 

人間関係がうまくいかないのは、自分が悪いのか、ただ単に環境が悪いのか、色々と理由が考えられるとは思うのですが、結論から言うと、私が考える人間関係を良くする方法はいたってシンプルです。

 

人は皆、教師である。

 

ただそれを知っておくだけ。

ということで、今回はシンプルに、人間関係がうまくいかない理由と人間関係を良くする方法について話をしていきましょう。

人間関係がうまくいかない理由とは?

人間関係がうまくいかないイメージ

人間関係がうまくいかない時、理由は色々と理由を考えることができます。

 

たとえば、

 

KYで周りから引かれてるとか、

無理に集団に属そうとしているとか、

お互いが主導権を握ろうとしてるとか、

暗に相手のことを下に見ているとか、

そもそも価値観が合ってないとか、

あなたの才能に嫉妬されてるとか、

 

まぁ、これら以外にも、
何かと理由があるかと思います。

 

とにかく、何らかの理由や原因があって、人間関係がうまくいかないことは普通にあることなんですね。

それに、距離を置いたり、時間が経ったりすれば、自然と人間関係の不和が解消されることもあるので、余程深刻なものでない限り(いじめとか陰湿な悪口とか…)、人間関係がうまくいかないこと自体は、あまり気にしなくても良いということになります。

 

ちなみに、自己評価が低い人だと、「人間関係がうまくいかなくて当たり前」「自分は嫌われても当然なんだ」って考えちゃうかもしれないんですけど、その低い自己評価は他人の洗脳なので、こちらもあまり気にしない方がいいですね。

もちろん、自己評価が低くなるのは、長い年月かけて洗脳されてきた証でもあるので、そう簡単に自己評価が高く変わるわけではありません。

ただ、他人の評価を下げて、自分の評価を上げようとする人間がいて、それを信じてしまった結果、自分の評価が低くなってしまっていることだけは知っておいた方がいいでしょう。

 

ただ、人間というのは社会性のある生き物ですし、そういった社会で新しいことを知り、お互いが競い合い成長していく部分があるので、基本的にノーダメージでやってこれたという人はいません。

 

大体みんな傷ついてます。

 

つまり、みんな何かしら傷ついてるから、ストレスが溜まってるんで、基本的にイライラしてるんですね。

だからたとえ、あなたが何も悪くなくても、そのはけ口として利用されることもあるので、人間関係がうまくいかない理由というのは、あなたか相手かのどちらかがストレスを抱えていることだけは確かなのです。

人間関係を良くする方法を知ろう

人間関係が良くなるイメージ

先ほどは、人間関係がうまくいかない理由として、あなたか相手のどちらかがストレスを抱えているからだと言いました。

でも大抵は、どちらもストレスを抱えているケースが多いと思います。

 

しかし人間は、ストレスを抱え続けたまま生きれないので、どこかでそれを発散しなければなりません。

そういったストレスをどのように発散させるかは人それぞれですが、一般的に人と人とが対峙した時に、多くの人が無意識のうちにストレスを発散させている方法というものがあります。

 

それは、
人にものを教える
ということです。

 

たとえばあなたが新入社員として会社に勤め始めた時、人間関係がうまくいくかいかないかは、これを理解しているかどうかにかかっています。

これは、組織的に上の立場の人が教えるだけでなく、あなたよりも下の立場の学生アルバイトやパートのおばちゃんたちも、先にこの会社に勤めている先輩という立場で、『あなたに何かを教えたい』という欲求を持っているのです。

 

これは新入社員という立場を一例に挙げましたが、親子関係でも、人生の立場として親は子供に何か教えておきたいことがあるし、友達関係でもお互いが尊敬し合える立場を守るために何かを教えようとしてくるものです。

人間関係がうまくいかない人は、相手があなたに対して何かを教えたいという潜在的な欲求があることを見逃しているのが問題かもしれません。

 

ただ興味深いことに、人間というのは、人から何かを教わるという受け身の立場に回ると、逆にそれがストレスになるのです。

これは、相手の価値観や新しいことを強要されているような気持ちになるためで、相手にその準備ができてない状態の場合は、それがウザったいものだと捉えられてしまうということですね。

 

ほな、どないしたらええんや…

 

ってなりますよね(笑)

でも、みんながみんな、何かを教えたがってるなら、それを逆手に取れば人間関係を良くすることができます。

 

自分以外、
皆、教師だと思え

 

つまり、自分は常に生徒(教えてもらう側)の立場で人と接すれば、大抵の人間関係はうまくいくようになります。

最初にも言ったように、これですべての人間関係がうまくいくわけではありませんが、かなり高い確率で人間関係は改善されるようになるでしょう。

 

そもそも、大抵の人は「人にものを教える」ということをストレス発散だという認識しておらず、相手もその受け入れ体勢が整っていない状態でアレコレ言われるから、人間関係がギクシャクしてくるんですね。

 

そして、こういう反論もあると思います。

会社で教育係として新人社員やアルバイトに仕事を教える時は、教える側がストレスを感じることがあるじゃないかってね。

これは要するに、仕事だからストレスなだけであって、実際にその人が得意としていることを上から教えるような場合、ストレスは感じないようになっているということですね。

 

たとえば、もし、あなたが競馬に興味がないのに、会社の上司がやたらと自分の趣味である競馬のことを詳しく話してきたら、きっとあなたはそれを嫌だと思うでしょう。

それは単純に、人が自分の得意なことを教えることでストレスを発散しているというメカニズムを理解していないことが原因です。

実際、あなたがその話を聞こうが聞くまいが、その会社の上司は気分良くなってたりするものです。

まぁ、そこがまたストレスになったりするわけですが(笑)

 

とにかく、お互いがこういうことを知らないがために、次第に人間関係まで悪くしてしまう現実があまりにも沢山あるのです。

ただ、そういうストレス発散の仕組みを知り、あなた自身に「相手が何かを教えたがっている」ということに対してある程度受け入れ体制を整えておけば、人間関係はどんどん良くなっていくということですね。

 

己を知り相手を知れば百戦して危うからず。

 

人間関係がうまくいかない時は、このシンプルな考え方だけでかなり改善されるはずなので、ぜひ、この話を参考にしていただければと思います。