Google XML Sitemaps、サイトマップ、検索エンジン、自動送信

今回は、Googleの検索クローラーに対してサイトの更新情報を伝えるためのプラグインの解説をしていきたいと思います。

このプラグインは、Googleサーチコンソールとの併用が必要になってくるので、インストールと設定が終わったらサーチコンソールの設定も一緒に行っていきましょう。

 

そもそもXMLサイトマップというものがわからないという方は多いかと思いますが、一言で言うと検索エンジンのクローラーのために作るサイトの目次のようなものです。

サイトを訪れる人のために作るものではなくて、検索エンジンの自動巡回ロボットのために目次を作ることで、サイトの更新情報を正確に伝えることができ、インデックス速度の向上につながるということです。

とりあえず、『Google XML Sitemaps』は『サーチコンソール』と関連させるので少しややこしく感じるかもしれませんが、手順通りに行えばさほど難しくないと思うので落ち着いてやっていきましょう。

Google XML Sitemapsの設定方法

 それでは実際にGoogle XML Sitemapsの設定をしていきましょう。

① まずはWordPressのダッシュボードから『プラグイン→新規追加』を選び、『Google XML Sitemaps』をインストールし、有効化をクリックします。

Google XML Sitemaps 1-1

 

 

Google XML Sitemaps 1-2

有効化まで完了できたら、次はサーチコンソールを使ってサイトマップをGoogleに送信していきましょう。

まだサーチコンソールの登録がまだという方は、こちらのリンクからの記事を参考にウェブマスターツールの設定を行いましょう。

Googleサーチコンソールの設定方法

 

② 次にWordPressとは別のウインドウでサーチコンソールを開いて、右端の『サイトマップ』というボタンをクリックしましょう。

登録したばかりの人は、下のリンクからログインしてサイトをクリックしましょう。

Googleサーチコンソール

 

Google XML Sitemaps 1-3

 

自分のウェブサイトをクリックします。

Google XML Sitemaps 1-4

 

『サイトマップ』をクリックします。

Google XML Sitemaps 1-5

 

 

③ 『サイトマップの追加/テスト』をクリックします。

Google XML Sitemaps 1-6

 

 

④ 下記説明を参考に、空白にサイトマップのURLを入力していきます。

Google XML Sitemaps 1-7

 

WordPressのダッシュボード画面から『設定→XML Sitemaps』を選択すると、サイトマップのインデックスURLが記載されているので、そのURLをウインドウの『サイトマップの追加/テスト』のURLが一致するようにコピーして貼り付けてください。

Google XML Sitemaps 2-1

 

Google XML Sitemaps 2-3

 

 

⑤ 『サイトマップを送信』をクリックして完了です。

サイトマップのインデックスURLが確認できたら、赤枠の部分『sitemap.xml』を埋めてインデックスURLを完成させましょう。

入力できたら『サイトマップを送信』をクリックします。

Google XML Sitemaps 2-5

 

送信できたら、『ページを更新する。』をクリックしましょう。

Google XML Sitemaps 2-7

 

ページを更新すると『保留』と表示されると思いますが、しばらくするとサイトマップの送信数が表示されるようになります。

Google XML Sitemaps 2-8

 

今回はGoogle XML Sitemapsの設定方法を解説しました。

これでGoogleのクローラー(自動検索ロボット)がちゃんとあなたのサイトの巡回をしてくれるようになるので、たとえ、よく理解できていないとしても、設定だけしておけば、後は特に何もすることがないので問題ありませんよ。