好きなテーマで生きるイメージ

好きなように生きてる人って憧れますよね。

 

人生で成功するためには、よく『好きなことを仕事にしよう』と言われることがあります。

でもあの言葉って、

誤解してる人多くね?

 

だって、好きなことや趣味を仕事にして好きなように生きられるかって、そんなに世の中甘くないもん。

っていうか、順番が逆。

 

結論から言うと、好きなように生きてる人っていうのは、好きなことや趣味を仕事にして成功した人じゃなくて、自分の好きなテーマで生きてる人のこと。

 

自分の好きなこととか趣味じゃなくて、好きなテーマを持って生きてるかどうかが大事だということですね。

 

ではこれから、自分の好きな人生を送るために、まずあなたが探さなければいけないテーマについて一緒に考えていきましょう。

趣味や好きなことを仕事にするのは難しい

趣味や好きなことを仕事にしたい人

「好きなことを仕事にすれば成功する」

 

一見、

なるほど

と思ってしまうフレーズです。

 

「この言葉を聞いた時に何かが降りてきた!」と、舞い上がって転職を考える慌てんぼうのサンタクロースもいるかもしれませんが、そこはちょっと冷静になっていただきたい。

まずは落ち着いて欲しいのです。

落ち着いて考える

だって自分らしく好きに生きる人生に憧れてサラリーマンを辞めても、誰もが趣味や好きなことを仕事にして飯を食えるかっていうと、なかなか一筋縄ではいかないから。

 

当たり前ッス!

 

それができりゃ、みんなそうしてるんだから。

私だって好きなことを仕事にして生きられるんだったら、音楽でも作って世界中のフェスでプレイしながら食っていきたいッスよ。

 

ただ、「好きなことや趣味を仕事にすれば成功する!」っていう言葉を誤解してる人が如何に多いことか…。

好きなことや趣味を仕事にしようとしたとしても、夢見るティーンズを専門学校に後押ししたり、理想と現実のギャップに悩まされたりするケースが多いのが実際のところではないでしょうか?

 

もちろん、好きなことをして成功する人もいるよ?

 

でもね…

あんまり現実的じゃないんですよね。

 

たとえば、趣味や好きなことって基本的にお金を払うものなのに、それでお金を得ようとするのは非現実的でしょ?

絶対に無理だというわけではないけれど、実際にそれができるのはホンの一握りの選ばれし勇者たちだけだし、ヘタしたら私みたいにブラック企業に転職するハメになるのでオススメできません。

 

リアルな話。

若者が趣味としていることって時給が安いでしょ?

あれは何でかっていうと、それだけ簡単に人が集まってくるから。

 

逆に言うと、雇う側にとっては使いやすいんですよ。

趣味や好きなことを仕事にしてみたいと思う人が非常に沢山いるので、給料が安くても、労働時間が長くても、その点については多少目をつぶってくれるからです。

 

それに、いくら好きなことでも仕事として携わってみると、嫌な面も見えてくるかもしれません。

そうなってくると、再び「自分が”本当に”好きなことはなんだろう」と、延々と青い鳥を探すループから抜け出せなくなってしまう現代のダークファンタジーの世界へと突入することになるでしょう。

好きなように生きてる人ってどんな人?

好きなように生きてる人

では一体、好きなように生きてる人ってどのようにしてそうなれたんでしょうか?

 

  • お金があるから?
  • 自由な時間が多いから?
  • モテるから?
  • 生まれも育ちも良いから?
  • 周りを気にしない性格だから?

 

残念ながら、上記で挙げた理由は一切関係ありません。

お金や時間や容姿や環境や性格は、好きなように生きるためのひとつの要因にはなるかもしれないけれど、どれも”それがなければダメ”というものではないからです。

 

好きなように生きるために必要なことはたったひとつ。

自分の好きなテーマ準じて生きること。

これだけです。

 

要は、

どういう生き方をしたいか?

ということですね。

 

少しレベルの高い言い方をすると、

どういう死に方をしたいか?

ということになります。

 

自分の人生のテーマを考えず、「どういう仕事に就くか?」ということを軸に考えてしまうと、どんどん自分のしたいことからは逸れていってしまいます。

「良い就職先を見つけたい」という人たちが沢山いるのに、「全然人が集まらない」と嘆く企業のねじれは、その表れと言えるでしょう。

 

フリーター、ニート、引きこもりの人の中には、やりたい仕事がないことが理由で望まぬ状況に身を置いている人たちもいます。

 

しかし、

『仕事』

という枠組で考える限り、
理想と現実のギャップを埋めるのは難しいのです。

 

好きなように生きる人は、仕事や趣味という枠組みの中で生きていません。

自分が好きなテーマで生きているからこそ、どんな時でもどんな場所でも好きなように生きることができるのです。

 

「趣味や好きなことを仕事にして生きる」という部分にフォーカスしすぎると、そこからズレてしまえば途端にモチベーションが下がってしまします。

たとえ運良く好きなことを仕事にできても、自分のテーマが定まっていなければ、結局不満が出てくるので気をつけなければなりません。

 

しっかりと自分の人生のテーマを理解し、それを好きだと言える選択と行動を続けていきましょう。

そうすれば、どこかで必ず好きなことが仕事になっているはずですよ。

好きなテーマで生きていく

好きなテーマで生きていく

趣味や好きなことを仕事にするのが人生の目的ではありません。

あなたのその人生は、あなたが描いたテーマに沿って生きていくことが目的なのです。

 

人生のテーマとか言っちゃうと、なんだかスピリチュアルっぽくなってしまいますが、要するに「人とどう接して生きたいか」ってことなんですよ。

たとえば、朝、誰かに会った時に「おはよう!」と言って、相手から自然に「おはよう!」と返ってくる感じの人生を送りたい人は多いと思うんですけど、そういう爽やかなテーマを持って生きていきたいなら、自分から挨拶することを心がけるということですね。

 

基本はこれだけです。

 

は?そんなんで好きなように生きれるか!」

と思った人もいますね?

そういう反抗的な考え、
先生は嫌いじゃありません

 

でもね、好きなことや趣味を仕事にしようと試みるよりは、好きなテーマで生きていった方が精神的にも肉体的にも楽だし成功しやすいんですよ。

さっきもチラッと言ったように、好きなことで誰かに雇ってもらうと大変ですよ。

但し、人がやりたくなくて自分だけが好きなことは別ですけど、多分、あなたの好きなことって他にもやりたいって人が沢山いると思うんで、そういう場合は足元を見られやすいからです。

 

私はお笑い芸人が大好きなんですけど、1流のお笑い芸人って非常に能力が高いんですよ。

企画力、状況把握能力、頭の回転の速さ、コミュニケーション能力、度胸、体力など、バカをやってるようで実はハイスペックであるケースが多いんですけど、なまじ”人を笑わせる”という誰でもできそうなことがメシの種になってるもんだから、お笑い芸人になりたい若い人って多いんですね。

だからヨシモトってギャラが安いってわかってても人が集まってくるし、それが笑いになるからといって”良し”とされてるんですけど、普通の仕事だったら超絶ブラックですよ。

 

それでもお笑い芸人で売れる人は一握り。

ただ、そんな売れるお笑い芸人は、必ず『人を笑わせたい』『人の気持ちを明るくしたい』というテーマを持っています。

 

だから、売れる。

だから、面白い。

 

ヨシモトに入ったら売れるとか、この仕事に就いたから成功するとかじゃなくて、テーマを持ってそれに準じて生きている人が好きなように生きていけるようになるし、成功する人生を送れるようになるということですね。

 

なので、自分の好きなように生きたいと考える人は、自分の趣味や好きなことを仕事にしようとするよりも、まず自分が好きなテーマが何かをはっきりと決めましょう。

これからは時代がどんどん変化していき、どんどん新しいものが出てきます。

自分の好きなテーマを持っていれば、時代に合わせて好きなように生きていくことができますよ。