PS Auto Sitemap、目次、作ろう

 

今回は、WordPressで作成したサイトを

一覧でまとめることのできるプラグインの紹介をしていきましょう。

 

このような目次のことをサイトマップのことを言うのですが、

サイトマップがなければ

お目当ての記事を探すのに大変手間がかかります。

 

いまや、サイトマップを導入するのは当たり前のことなのですが、

こういったことも実はプラグインで行っているのです。

 

 

PS Auto Sitemapの設定方法

では、実際にPS Auto Sitemapを設定していきましょう。

 

① まずはWordPressのダッシュボードから

  『プラグイン→新規追加』を選び、

  『PS Auto Sitemap』をインストールします。

 

右上の検索から『PS Auto Sitemap』と入力し、

『いますぐインストール』をクリックします。

 

PS Auto Sitemap 1-1

 

 

 

 

 

インストールが完了したら、『プラグインを有効化』をクリックします。

 

PS Auto Sitemap 1-2

 

 

 

 

 

② ダッシュボードの『設定→PS Auto Sitemap』を選択し、

  『PS Auto Sitemap』の設定画面を開きます。

 

PS Auto Sitemap 1-3

 

 

 

 

 

③ 設定画面の下の方にある

  『ご利用方法』の2番にあるコードをコピーします。

 

PS Auto Sitemap 1-4

 

 

 

 

 

④ ダッシュボードの『固定ページ→新規追加』をクリックして

  サイトマップ用のページを作り、

  先ほどコピーしたコードを『テキスト』に貼り付けます。

 

タイトルには『サイトマップ』と入力し、テキスト欄にコードをペーストします。

 

PS Auto Sitemap 1-5

 

『公開』ボタンをクリックします。

 

 

 

 

⑤ 次にサイトマップページのIDを入力するために、

  まずはIDを調べていきましょう。

 

 

 

『記事のIDの調べ方』

ダッシュボードから『固定ページ→固定ページ一覧』から、

先ほど作ったサイトマップのページをクリックし、

サイトのアドレスの中の『Post=◯』となっている

◯の数字がページIDに該当します。

 

PS Auto Sitemap 1-7

 

ここでは『Post=10』となっているので、『10』という数字がIDになります。

この数字をPS Auto Sitemapの設定に反映させましょう。

 

 

 

 

⑥ PS Auto Sitemapの設定画面を開き、先ほどのページIDを入力します。

 

次にダッシュボードから『設定→PS Auto Sitemap』と開き、

「サイトマップを表示する記事」に先ほどのIDを入力します。

 

PS Auto Sitemap 1-6

 

『変更を保存』をクリックして完了です。

 

 

 

 

これでトップ画面にサイトマップのタブができ、目次形式で記事が表記されます。

 

PS Auto Sitemap 1-8

 

 

 

 

これで、PS Auto Sitemapの設定は以上になります。

 

 

 

記事が増えていくとサイトマップがあるかないかで、

かなりユーザビリティが変わってきます。

 

 

サイトマップはユーザーの滞在時間を

延ばすことにも一役買ってくれるし、

いまや必須のプラグインなので

忘れずにしっかりと導入しておくことが大事ですね。