斎藤一人さんの名言から、個人的に良いと思ったものを紹介しています。

今回は、『アインシュタインの脳と俺たちの脳はほとんど違わない』という一人さんの名言ですね。

 

斎藤一人さんは、健康食品や美容品などを販売している銀座まるかんの創始者で、人生に役立つ話などをしてくれる日本一の商人と呼び声の高い人です。

ではこれから、一人さん流の脳の話について紹介していきましょう。

斎藤一人名言集『脳はほとんど違わない』

斎藤一人名言集『脳はほとんど違わない』

「脳科学」という言葉が使われるようになってから、テレビでも色々と脳の不思議について語られるようになっています。

脳をうまく使うことができると人生の成功者になれるというのも、今では結構周知の事実として知られているのかもしれません。

実際、世の中の成功者を見てみると、それが意識的であれ無意識的であれ、脳を上手に活用していたみたいです。

 

斎藤一人さんは、脳科学という言葉が世間に広まるずっと前から、脳を上手に使う達人であったことが知られています。

代表的なのが、「ツイてる」という言葉や天国言葉ですよね。

 

天国言葉というのは、「愛してます、ツイてる、嬉しい、楽しい、感謝してます、幸せ、ありがとう、許します」という8つの言葉です。

斎藤一人さんが天国言葉を広める前には、「ツイてるという言葉を1日1000回言うと良いよ」とおっしゃってました。

このような言霊の力を利用することも、脳を上手に使う技なんだと思います。

 

一人さんはその他にも、脳を使いこなす方法を教えてくれています。

それは「おかしい」という言葉をつければいい、ということ。

 

たとえば、

 

「私はこんなにいい女なのに、彼氏がいないなんて、おかしい」

「オレはこんなに魅力的なのに、もてないなんて、おかしい」

 

(中略)

 

そうすると、脳は「どうすれば、おかしくないか」を勝手に考えだして、

 

「これやってごらん」

「あれやってごらん」

 

というひらめきをくれます。

 

「アインシュタインの脳と俺たちの脳は、ほとんど違わない」

「俺の脳とみんなの脳も、ほとんど違わないんだよ」

 

普段から斎藤一人さんは言います。

違うのは、この偉大なるコンピューター(脳)を使いこなしているかどうかなのですね。

 

引用元『百発百中』斎藤一人/柴村恵美子

 

自分自身で脳に

おかしい…!

を植え付ける。

それだけで勝手に頭がその差を埋めるようなひらめきをくれるというのが、斎藤一人流の脳の使い方です。

認めたくない現状に向かって疑問を投げかけることで、脳に違和感を与えるというのは面白い発想ですが、たしかにこういうアクションがなければ脳が今の環境に慣れてしまって進歩が止まってしまうのでしょう。

脳のほとんどの部分が潜在意識として使われていないことを考えると、天才物理学者と言われたアインシュタインまでの伸び代が私たちの中にもあるのかもしれませんね。

脳が言葉を生み、言葉が脳を作る

斎藤一人、天国言葉、地獄言葉

私たちの考えている言葉が言葉となり、言葉となって出たものが人生に大きな影響を及ぼします。

 

たしかに斎藤一人さんは、脳に不利なことは絶対に言わないようにしているそうです。

先ほど紹介した天国言葉の反対には、地獄言葉というものがあります。

それは、『恐れてる、ついてない、不平不満、グチ・泣き言、悪口・文句、心配ごと、ゆるせない』というもの。

一人さんは、このような地獄言葉を使わないことが、幸せで豊かなな人生を送るコツだと言います。

 

でも、これって結構、言っちゃいません?

私が斎藤一人さんの本を読み始めたのは、かれこれ10年以上前のこと。まだ20代という若さだったのも関わらず、当時の私は、息を吐くように『不平不満』や『心配ごと』などを口にしていたような気がします。

しかし、コップに水滴を垂らすように天国言葉を言い続けていたら、40代となった現在はかなり地獄言葉も改善されてきました。

今ではかなり生活自体も豊かになってきたので、言葉ひとつと言えども継続次第で良い影響が出てくるものです。

 

今考えると、この天国言葉や地獄言葉って、潜在意識の中にあるものが表面化していることなのかもしれませんね。もし、無意識的に不安や攻撃的な言葉が口をついて出るようならば、早くそれを何とかした方が良いでしょう。

「始めに言葉ありき」という言葉通り、そんな潜在意識を変えるのにも天国言葉が非常に役立つんだそうです。

 

成功者にポジティブな人が多いものですが、彼らが意識的・無意識的であろうとポジティブであり続けることも頷けます。

脳は普段からよく受信する情報を潜在意識へと流し込んでいくので、どんな状況だとしても、なるべくネガティブな考えは避けた方が賢明なのでしょう。

ちなみに、天国言葉は心でそう思ってなくても口にするだけで良いそうです。

世の中には「ありがとう」と思ってないから「ありがとう」と言えない、と考える人もいるみたいですが、斎藤一人さんが言うには「心で思ってなくても口ぐせにすると良い」とのこと。

良い言葉を何回も言って口ぐせにしておくと、段々自分の中の波動が変わってくるんですって。

簡単ですが、結構効果があるのでぜひ覚えておいてくださいね。

 

斎藤一人さんは、「俺は正解だけ教えるから、正解を答えに書くだけでいいんだよ」とおっしゃいます。

天国言葉や地獄言葉、その他の言葉の魔法も、ちゃんと脳科学的にも正しかったということなので、ますます不思議な人だなぁと思ってしまう今日この頃です。