優しい人は損をすると言われて、何となくそんな気もすると感じる人は結構多いのではないでしょうか?

 

優しい人は損をするという言葉の裏には、きっと”自己犠牲”の精神が隠れていて、人はその言葉を聞いた時に一理あると感じるのかもしれません。

それとは別に、優しい人とは相手にとって都合のいい人のことである、という言葉も聞いたことがあります。

 

ちなみに女性に好きな男性のタイプを尋ねたら、かならず上位に上がる条件が「優しい人」なんだそうです。

 

こりゃもうわかんねぇな…

 

男性陣から、そんな声が聞こえてきそうです。

優しいことはとても良いことなのに、最近は「優しい人は損をする」だとか「優しい人とは相手にとって都合のいい人」とか言われちゃうと、なにが本当なのか混乱するのも当たり前です。

今回は、優しさとは何かについて話をしていきたいと思います。

「優しい人は損をする」の本当の理由

優しい人は損をしないイメージ

優しい人が、その優しさが原因で損をすることって本当にあるのでしょうか?

おそらく、それは本当のこと。

優しさって、結構誰でも持っているものだと思うのですが、優しいがゆえに心が傷ついてしまう人は決して少なくないでしょう。相手のことを思った気遣いが裏目に出て、感謝されるどころか恨まれてしまうなんてことだってあるかもしれません。

じゃあ優しさを振りまくのは止めた方がいいのかと言われると、それもちょっと違うと思います。

 

優しい人が損をしてしまう本当の理由は、弱さから生まれた優しさだからです。

私の好きな標語に

 

強く優しく男の子

優しく強く女の子

 

というものがあります。

これは、強さには優しさが必要であり、優しさには強さが必要であることを表しています。

逆に言うと、強くても優しくなければ不十分であり、優しくても弱いままでは不十分であるということです。

 

実は優しさの定義というものは、立場の強い人が立場の弱い人にかける労りや気遣いのことを指しているので、本来、NOと言えない相手に対して優しいという言葉は使いません。

なので、優しい人は損をするという言葉自体がすでにおかしいのです。相手に対して優しい態度で接し、結果的に損をしたと感じる心の持ち主は、決して”強く”はないからです。

 

実際、勇気を出して自分のキャパシティを超えた優しさを施すこともあるでしょう。

しかし、どんな結果を招いたとしても「損をした」と言ってしまったならば、それは強さの伴わない優しさだったと言わざるを得ません。

優しさは、立場の強い者が立場の弱い者に対してかけるものであり、決して見返りを求めるものではないのです。

本当の優しさというのは、強さがなければ成り立たないのです。

優しさに必要な強さとは何か?

優しさに必要な強さ

せっかく優しくしてあげたのに!

恥ずかしながら私自身、こんな捨て台詞を吐いて、相手に怒りを露わにした経験は何度もあります。

私は昔から優しい人だとよく言われていましたが、決して心が強い人間ではありませんでした。ただ、優しい人というイメージを守らなければならないという、今考えるとよくわからない使命感を抱いていた部分があったことは確かです。

 

今はあまりキレるということはなくなりましたが、昔は僕以上に優しい親に対してキレまくっていたのです。

外で『優しい人』を演じ続けているので、運悪くフラストレーションを爆発させる時は必ずといっていい程、それは家庭内で起きてしまうのです。幸い暴力を振るうことはなかったのですが、周囲からの優しい人というイメージと、無理して優しい人であろうとしたことによるストレスは、自分以上に立場が弱く優しい人へと向かうのです。

 

先ほど話したことと真逆です。

 

自分より弱い人にフラストレーションを爆発させる人間のどこが優しいと言うのでしょうか?

実際、その後は自己嫌悪に陥り、最悪な気分になります。そして、その気分を解消させるために外でまた優しい人を演じ、また同じ過ちを繰り返す…。

優しさとは、自己犠牲で成り立っているわけではありません。

犠牲となる何かが出てしまうのは、強さから目を背けているからです。

 

優しい人は損をすると聞いて、思わず首を立てに振ってしまう人は、きっと優しい人なんだと思います。自分の中の優しさに気づいているからこそ、その優しさがなぜうまくいかないのか考えてしまうのかもしれません。

 

ただ、優しさには強さが必要なのは確かです。

傷ついていたり困っていたりする人を見て、柔和な強さでその人の力になるのが本当の優しさです。

優しい人は、きっとそれほど意識しなくても優しさを振りまける人だと思います。

周囲の人から「あの人は優しい人だ」と評価された経験があるなら、きっと普通に振る舞っていてもその優しさは自然に出ると思うので、そういう人は優しさよりも強さを身につけるように意識して生活してみてください。

 

優しさに強さが伴ってくれば、きっと「優しい人が損をする」といった状態にはならないはずですから。

もちろん、強くなるためには心の痛みに耐えなければならないこともあるかもしれませんが、これは決して無理をして我慢しろということではありません。時には勇気を出して、自分の言いたいことを主張したり、立場の弱い人の言い分を聞いてあげたりするということです。

そうすれば、あなたが優しさを出して損をすることはなくなるでしょう。