今回は、外部SEO対策についての話です。

 

インターネットを使ったビジネスをしていると、よく『SEO』という言葉を目にします。

SEOとは「検索ページで上位表示させる為の取り組み」のことですね。

 

一般的なSEO対策というのは『内部SEO』と『外部SEO』の2つに分けられるのですが、今回は外部SEO対策と、SNSと被リンクの関係について詳しく解説していこうと思います。

外部SEO対策とは?

外部SEO対策とは?

まず外部SEOとは何かというと、主に他サイトから被リンクを受けることです。

被リンクを受けるというのは、自サイトの記事が他人のサイトやブログにリンク付きで紹介されることですが、このような被リンクが多ければ多いほど、「外部SEOが強い」という言い方をします。

 

これにはちゃんとした理由があります。

私たちが作っているサイト(ブログ)というのは、GoogleやYahoo!といった検索エンジンが、検索されたキーワードに関する記事がどのような内容で書かれているのか、きちんとカテゴリが整理されているか、という情報をきちんと読み取ることで検索順位を決めています。

しかし、実際にその記事が(検索した)ユーザーにとって有益なものであるか、どのような価値があるのかまでは詳しく理解できないのです。

 

つまり、検索エンジンは人間の感情的な部分まで読み取るのは難しいので、そのサイト(ブログ)が良いのか悪いのか、最終的な判断まではできないのです。

 

面白い内容なのか、また読みたくなるようなものなのか、人の役に立つものなのか、誰かから必要とされているものなのか…。

このあたりの感情的な部分まではっきりわからないので、そういった部分を補うものとして被リンクの多さもサイト評価のポイントになっているのです。

 

こうして内部SEOと外部SEOの両方から、検索エンジンはそのサイトが有益がどうかを判断するわけですね。

そして、自分のサイトの被リンクが多ければ多いほど、外部SEOが強いサイトと言われるのです。

外部SEOを強くするには?

外部SEOを強くするには?

外部SEOを強化するには、他のサイトから被リンクを集めることが重要となってきます。

 

要するに、他のサイトに自分のサイトを貼ってもらうということですね。

外部SEOというのは、自分で簡単に調節できるわけにはいかないので、検索エンジンが公平にサイトを評価する指針となっているのが特徴です。

しかし、一部のアフィリエイターが検索エンジンのこの特性を利用し、自作自演で被リンクをつける『ブラックハット』という手法が蔓延することとなりました。

さらにGoogleは、このようなブラックハット対策として検索エンジンのアルゴリズムを強化して、自作自演の不自然な被リンクを見破るようになったのです。

 

今では、余程うまく自作自演をしないとブラックハットは難しいと言われています。

つまり、個人ができる外部SEO対策というのは、一歩間違えると手痛いペナルティを受ける原因となりうるので注意が必要なのです。

とはいえ、コンテンツの質を上げたり内部SEOを強化したりすることでユーザーの満足度が上がり、その機会が多い分だけ被リンクをもらえることになるので、結局のところ、自分のサイトを有益になれば、それがそのまま外部SEO対策につながるということですね。

 

流れとしては以下のようになります。

 

  1. 人の役に立つコンテンツを作る
  2. 良い物を誰かに教えたい心理が働く
  3. 被リンクがもらえる

 

まず、ひとつのポイントとして、

コンテンツの強化=外部SEOの強化

ということを覚えておいて下さい。

 

自作自演の外部SEO対策が厳しくなった今、これからもその流れは変わりませんし、いくら効果があろうともそこに時間と労力とお金を費やすのはイバラの道です。その先に楽園があるかもしれませんが、初心者が向かうべき道ではないことは確かです。

 

これまでは外部SEO対策が有利だと言われていましたが、これからの時代においてはそれも通用しにくくなってきています。

実際、小手先のテクニックでのSEO対策はGoogleが最も嫌うものなので、1番手堅く、この先も通用するコンテンツの強化に労力を費やすことが大切だということですね。

SNSと被リンクの関係

SNSと被リンクの関係

ここではSNSと被リンクの関係について見ていきましょう。

まず、SNSからの被リンクですが、ツイッターやフェイスブックからの被リンクについては”ノーフォロータグ”というものがついているので、いわゆる外部SEOとしての効果はありません。

 

 

ノーフォロータグについてはこちらの記事がおすすめ
被リンク(外部SEO)とは何か?初心者にわかりやすく解説!

 

 

 

とはいえ、SNSからの被リンクは意味がないかというと、そんなことはありません。

SNSで自分のコンテンツを紹介してもらうと『アクセス数の増加』が期待できるからです。あなたも何らかのSNSを利用しているのであれば、ニュース記事や他人のブログ記事を紹介したことがあるかもしれませんね。

トレンドアフィリエイトを実践している場合、うまくトレンドに乗れば拡散されることもあるので、SNSからの被リンクによってアクセス数が増えることは確かです。

 

よくあるパターンとしては、実際に運営しているサイト(ブログ)の内容のジャンルに沿って、新たにTwitterのアカウントを取得し広めていく手法があります。

自分の作っているサイトに特化したSNSアカウント(芸能ブログ、お役立ちブログ、バラエティ、スポーツ、音楽などの専用アカウント)を持って、そこから自分でリンクを載せて発信するという感じですね。

 

ただ個人的な感想としては、良いコンテンツ作りを心がけていれば、こちらから働きかけなくても読者が勝手にSNSで拡散してくれます

つまり、SNSと被リンクとしては正攻法な考え方ですが、私はこれで十分だと思っています。

 

もちろん、ツイッターやフェイスブックなどのSNSを利用して拡散する手法は効果ありますし、NAVERまとめなどのキュレーションサイトで自作自演する手法もあります。

 

特に初心者の場合、ブログも書いてSNSでも拡散して…とやっていると労力が分散されて効率が悪いので、良いコンテンツ作り一本に絞ってやっていくと良くことがおすすめ、ということですね。

外部SEO対策の考え方

外部SEO対策の考え方

今回は外部SEO対策について解説をしていきました。

 

本来、ペラサイトやサテライトサイトを作ってサイトパワーを強化することこそが『外部SEO対策』と呼ばれていましたが、今回は時代に合わないということでその話は省かせていただきました。

結論としては、そのような外部SEO対策はリスクが高いので、これからネットビジネスをする人にとっては無駄な知識だと言わざるを得ないからです。

 

特にGoogleはそういった自作自演や商売主義的な方法を嫌うので、外部SEO対策に特効薬的なものは求めない方が賢明です。

外部SEOに対してはあまり深追いせず、ユーザーにとって役に立つコンテンツを作っていくことで、自然と被リンクを受けられるようにしていくと良いでしょう。

 

それが自然と外部SEO対策につながっていくということですね。