誰かに仕事を任せるイメージ

今回は、トレンドアフィリエイトで記事を外注化するメリットとデメリットについて話をします。

 

トレンドアフィリエイトでは、自分で記事を書かずにお金を稼ぐ方法もあります。

つまり、『クラウドソーシングで外注さんを募集する』ということですね。

 

とはいえ、「記事を他の人に任せるってなんだか難しそう…」と思う人もいるかもしれないので、これからメリットとデメリットを含めて記事の外注化について解説していきたいと思います。

トレンドアフィリエイトで記事を外注化

トレンドアフィリエイトでは、記事を外注化させてお金を稼ぐこともできます。

つまり、記事本文の執筆をライターさんにお願いすることで、効率的に収益を拡大させていくということですね。

 

基本的な収益を拡大化の戦略として、複数のサイトを並行して運営することが考えられます。

実際、サイトアフィリエイトを実践して稼いでいる人は、1つのサイトに依存することなく、いくつかのサイトから収益を上げられるようにしているものです。

しかしながら、同時にいくつものサイト記事を自分で書いていくのは大変なので、そんな時にクラウドソーシングで外注ライターを募集して記事を書いてもらうのです。ちなみにクラウドソーシングというのは、手軽に仕事をしたいという人を紹介してくれるサービスのことです。

 

もちろん、記事を書いてもらうのは身近な知り合いでも良いですが、お金が関わることなので、初めて人に記事執筆を任せるのであれば、シュフティクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトで外注ライターを探すといいでしょう。

 

ちなみに外注を雇う時の流れは簡単です。

  1. クラウドソーシングで外注を募集
  2. サンプル記事を書いてもらう
  3. 内容が良ければ採用する

たったこれだけです。

 

実際にライターを募集してみると色々な人がくるので、1人だけ募集するのではなく、最初は数人同時に募集してその中で相性の合う人と継続する形をとると良いでしょう。

中でもおすすめなのが、主婦層です。

在宅ワークをする主婦の方々は、仕事が丁寧で記事の質も安定していることが多いからです。

もちろん、彼女たち以外にもライターの登録は多いので、高い確率で希望の記事を書いてくれる人を見つけることができるはずです。

トレンドアフィリエイトで外注するメリット

トレンドアフィリエイトで外注するメリット

トレンドアフィリエイトで記事を外注するメリットは、記事を書く時間が大幅に短縮できることでしょう。

自分で記事を書くとそれなりに時間がかかってしまうものですが、人に任せることで労力をうまく分散させることができるので、自分がすべき作業を集中して行うことができます。

特にトレンドアフィリエイトは、質の高い記事が求められているわけではないので、記事を外注させやすいアフィリエイトである分、初心者が初めて外注するのにはうってつけです。

 

そして今話したように、意外と簡単に外注できてしまうところも大きなメリットと言えるでしょう。

誰かに記事を書いてもらおうと思うと、なんとなく「リーダー力」のようなものが必要な気がしそうですが、トレンドアフィリエイトで外注を雇う分にはそのような能力は特に必要ありません。但し、良い関係を保つために、ある程度のコミュニケーションをとる必要はあります。

 

その他、不得意な分野で頭を悩まさなくて済むとか、計画的に記事投稿できるといったメリットもあるので、ある程度資金に余裕ができたら外注化を進めていくと良いですね。

なので、自分では1日1記事書くのが精一杯だという副業アフィリエイターでも、外注ライターの力を借りて作業を効率化するのはそれほど難しくないと言えるでしょう。

トレンドアフィリエイトで外注するデメリット

外注ライターを育てるイメージ

記事を外注する時のデメリットは、まず最初の登録とやり取りが少し面倒なところでしょう。

なんか面倒そうだから記事の外注化に手を出せずにいる人は大勢いますが、一応、人を雇って記事を書いてもらうわけなので、登録をして求人の文章を載せる手間を惜しまないことが大事です。

まぁ、タイミングにもよりますが、トレンドアフィリエイトでキーワード選定ができるようになれば、どんどん外注化にチャレンジしていくといいですね。

 

そして、外注ライターによって記事の品質にバラつきがあるのもデメリットです。

外注費を払えば一定の品質で記事が納品されるかというと、決してそんなことはありません。

外注ライターによってクオリティの高いものもあれば低いものもあるというのがクラウドソーシングの特徴なので、発注の仕方がうまくなければ上がってくる記事の質もソコソコになってしまう可能性があります。

 

これを避けるためには、良い記事を書いてもらうための指示書を作成したり、メールのやり取りでコミュニケーションを図ったりして、外注ライターと良い関係を築いていく努力をしなければならないのです。

なので、1人でマイペースに記事を書いていた時とは違って、記事が納品されたらお礼の言葉を返したり、相手が作業しやすいようにわかりやすい説明をこころがけたりして、お互いにとってWin-Winとなる関係作りをしていきましょう

うまく外注を使えるようになるために

うまく外注を使える状態

トレンドアフィリエイト記事の外注化で注意すべきことは、トレンドを先読みするか安定的にアクセスが集まるネタを選ぶということでしょう。

つまり、記事を発注する時に話題となっているニュースをネタを選んでも、記事が納品された頃には旬が過ぎているので止めておくということですね。

 

トレンドブログは、いわゆる「ごちゃまぜブログ」とか「雑記ブログ」と言われているので、アクセスが集まりそうなものであれば基本的になんでもOKとなります。

ただ、できれば一定の方向性を持たせた方がベターなので、『季節系イベント』『お役立ち系ネタ』などでジャンルを特定することをおすすめします。

 

そして、外注化するタイミングについてですが、これはある程度自分で稼げるようになってから行うようにしてください。発注者であるあなたが、納品された記事がSEO的に良いかどうかを判断できなければ、お金をドブに捨てるような状況を招きかねないからです。

トレンドアフィリエイトの場合であれば、いくらテーマに沿っていてもキーワードを無視した記事タイトルや記事本文で検索上位表示させるのは難しいので、そのチェックを自分でできるようにしておく必要があるということですね。

まとめ

トレンドアフィリエイトで記事を外注化まとめ

今回は、トレンドアフィリエイトで記事を外注化するメリットとデメリットについて解説しました。

 

本文では、外注化の前にはトレンドアフィリエイトをマスターすることが大事だと話しましたが、自分で記事を書くことに慣れてしまうと、新しいことに挑戦するのは面倒に思うものです。

しかし、外注化は正当な投資なので、ちゃんと資産化できるようになると、ビジネスに回せる自分の時間が増えてきます。

 

トレンドアフィリエイトから情報発信ビジネスに移行する時もそうですが、外注を使えるようになると、そこでスパッと切り替える選択だけでなく、トレンドアフィリエイトを継続しながら情報発信ビジネスに集中することもできるようになるでしょう。

 

繰り返しますが、新しいことに挑戦するのは面倒なものです。

しかし、外注化サイトを1つ持っておくだけで気持ちに余裕を持たせることができるので、良いタイミングがきたら、ぜひ作業効率を上げる外注化戦略を進めてみてくださいね。