良い記事を生み出すPC

今回は、トレンドアフィリエイトで検索上位表示される記事とはどんなものか、というテーマで話をします。

 

トレンドアフィリエイトでは、一体どんな記事を書けば検索上位表示されるのでしょうか?

 

「それがわかれば苦労はいらねー!」

思わずそう言い返されてしまいそうですが、究極の答えを言ってしまうと「検索ユーザーと検索エンジンの両方から高い評価を得たコンテンツ」ということになるでしょう。

これはGoogleの抱く理想を考えた時に、検索ユーザーの満足するコンテンツを提供できれば、自ずと検索上位表示されるという結論に行き着くからです。

 

しかし、現実の検索エンジンの性能はまだまだ試行錯誤の段階。

なので、ある程度のSEO対策(検索上位表示対策)が必要となってきます。

つまり、『人間から見ても良いコンテンツ』であり、『検索エンジンから見ても良いコンテンツ』であれば、検索上位表示されることができるということになります。

 

ではこれから、具体的にどのように記事を作っていけば良いのかについて、詳しく解説していきたいと思います。

良い記事なら検索上位表示される?

トレンドアフィリエイトに限らず、ウェブ上にコンテンツを上げるビジネスをする場合は、検索エンジンを攻略するスキルを身につける必要があります。

つまり、記事を検索上位表示させる大前提として、検索エンジンに良いコンテンツだと判断されるためのSEO対策が重要となるので、優先順位としては検索エンジンにとって良いコンテンツ検索ユーザーにとって良いコンテンツとなることを覚えておきましょう。

 

たしかにGoogleは、検索ユーザーの役に立つ記事やオリジナリティのある記事を評価してくれますが、SEO対策を無視したままでは、いつまでたってもアクセスの集まらない記事を書き続けることになるので注意が必要です。

言い換えると、人が読んで面白い記事が必ずしも検索上位表示されるわけではない、ということですね。

 

では、これらの話を踏まえて、検索上位表示できるコンテンツがどのようなものか、ポイントをまとめてみましょう。

検索エンジンにとって良い記事を書く

検索エンジンにとって良い記事を書く

ここでは、検索エンジンにとって良い記事のポイントについて紹介します。

記事を書く時に最低限抑えておくべきSEO対策をチェックしておきましょう。 

記事の最低文字数

結論から言うと、記事の最低文字数は1500文字。

時間的なことも考えて、理想的な文字数は1500文字から2000文字くらいが良いでしょう。

もちろん、ただ単に文字数を埋めたり、言い回しをややこしくしたりするのではなく、あくまでも記事内容や情報が薄くならないことが大切なので、そこは注意が必要です。    

 

⇒1記事あたりの文字数と質について考えよう

読みやすい記事を書く

ここでの読みやすさというのは、改行や段落分けなどを使って読みやすい記事を書くことを意味します。

もちろん、『読者目線の読みやすさ』だけでなく『検索エンジン目線での読みやすさ』も意識するようにしましょう。

 

たとえば、見出しタグを使った段落分けはしっかりと行います。

ちなみにWordPressでトレンド記事を書く場合、文章構成が非常にシンプルなので『H3タグ』だけで事足りると思いますが、タグは基本的に大きなタグから順番に使うことがルールです。

例えば、『H5タグ』から始まって、『H3タグ』、『H1タグ』と続くような記事構成はNGとなります。

見出し自体も大きさで重要度がわかるようになっているので、このような使い方をすると明らかにバランスが悪く違和感を感じると思います。小さな数字から大きな数字へ流れるように、自然な形で使っていくといいですね。

 

文章構成については、基本的に読者が読みやすいと感じるものであれば問題ないケースがほとんどですが、トレンドアフィリエイトには読みやすい記事を作成する『型(パターン)』もあるので、下のリンクからそちらの方もぜひ参考にしてくださいね。

 

⇒記事を書く時の『型』をマスターしよう

キーワードを意識した文章を書く

検索を意識したキーワードは、本文中に散りばめていく必要があります。

 

例えば、

  • 重要なキーワードはタイトルの左側に【重要度:★★★】
  • 見出しタグにキーワードを使う【重要度:★★★】
  • 記事内のキーワード出現率を高める【重要度:★★☆】

など、文章を書くときには必ず抑えておきたいポイントです。

 

⇒SEO対策で絶対必要な7つのポイント

検索ユーザーにとって良い記事を書く

検索ユーザーにとって良い記事を書く

次は、検索ユーザーにとって良い記事のポイントについて紹介します。

SEO対策をした上で、記事を書く時に意識すると良いことをまとめました。

役に立つコンテンツを作る

検索ユーザーが、ある特定のキーワードを使って検索するのは、そのことについて何か知りたいことがあるからです。

つまり、役に立つコンテンツというのは、検索ユーザーが知りたいことがまとめられているコンテンツのことですね。

 

とはいえ、キーワード選定の時点で、検索ユーザーが知りたいことはすでに誰かが記事にしてアップしていることがほとんどです。

そんな時は、検索エンジン上で最も詳しくまとめた記事を書いていきましょう。

メインキーワードひとつ取ってみても、色々なネタで記事が書かれているものです。それらをわかりやすくまとめたり、余すところなく詳しくまとめたりすれば、情報量の多さで差別化できます。

 

記事をまとめる作業は労力がいるものですが、なかなか実行に移す人が少ないのです。

だからこそ、ライバルたちより少し努力をして詳しい記事を書けば、ユーザーの満足度は高まりますし、サイト滞在時間も伸びてくるので、Googleからの評価も上がっていきます。

できれば、自分の記事を読めば“他の記事は読む必要がないくらい”満足のいくコンテンツを作っていきましょう。

もちろん、多少リライトのようになってしまうかもしれませんが、情報量の多さから拾える関連キーワードが増えるので、単純にSEOの強い記事が出来上がります。

オリジナリティを出す

トレンドアフィリエイトでは、他のブログ記事を参考にして記事を書くことが多いと思いますが、文体や言い回しを変えてリライトするのはNGです。

文章をパクるのは話になりませんが、リライトを続けたとしても、トレンドブログを長続きさせることは難しいでしょう。大体、作業自体が面白くないですからね。

 

他の記事をリライトするのではなく、それらを一旦自分のフィルターに通してまとめるか、自分にしか書けないような記事に仕上げていく必要があります。

誤解を恐れずに言ってしまえば、どんなネタで記事を書くにしても、自分の意見をバンバン文章にしても構わないのです。

あくまでも個人ブログという形でアドセンス収入を得るわけですから、キーワード選定さえしっかりと行い、ある程度記事本文にキーワードを散りばめておけば、個人の主観で文章を書いていても何ら問題ありません。

 

どんな記事を面白いと思うかは人それぞれです。

ただ、どんな時でも”何か人に響くものを発信してく”という気持ちは持っておいてください。

そうすれば、自ずとオリジナリティのある記事を書くことができるようになっていくでしょう。  

まとめ

トレンドアフィリエイトで検索上位表示される記事を書く

今回は、トレンドアフィリエイトで検索上位表示される記事をテーマに解説をしていきました。

 

多くの人が、面白い記事を書けば自然とアクセスは集まってくると言います。

しかし、文字数や読みやすさ、記事内にキーワードを散りばめるなど、最低限抑えるべきポイントを抑えた上での話であることは、しっかりと頭に入れておきましょう。

 

そしてGoogleは、ユーザーが使いやすい検索エンジンを日々模索しています。

もちろん私たちアフィリエイターも、Googleと同じように『検索ユーザーの視点』をしっかりと意識しておけば、今後のコンテンツ作りで軸がブレることはありません。

相手の立場に立ち、できるだけ楽しみながら、満足してもらえる記事を書くようにするといいですね。