Googleアドセンスのデメリット

今回は、Googleアドセンスのデメリットについてみていきましょう。

 

Googleアドセンスはクリックされるだけで報酬が発生するアフィリエイト広告で、ネットビジネス初心者にとってはハードルの低いアフィリエイトとして知られていますが、実はデメリットもあります。

Googleアドセンスのデメリットをきちんと理解しておくことで、これからアドセンス広告を利用したサイト(ブログ)運営を持つにしても、きっと失敗の少ない運営をしていくことができるでしょう。

Googleアドセンスのメリット

Googleアドセンスのメリット

Googleアドセンスのデメリットを解説する前に、まずはメリットをおさらいしておきましょう。

 

基本的にアフィリエイトは、サイト(ブログ)に貼った広告をクリックしてもらい、そこから商品の購入や登録に至れば報酬が発生する『成果報酬型アフィリエイト』のことを意味します。

しかし、中には広告をクリックしてもらうだけで報酬が発生する『クリック報酬型アフィリエイト』というものもあります。

そして、そのクリック報酬型アフィリエイトの代名詞となっているのが、『Googleアドセンス』と呼ばれるアフィリエイト広告です。

 

クリックしてもらうだけで報酬が発生する広告はGoogleアドセンス以外にもありますが、他の広告は1クリックに対して1円、2円という低い単価なのに対し、アドセンス広告の単価は平均20~30円、またはそれ以上となっているので群を抜いています

しかも、表示される広告によっては、数百円といった単価の広告もあります。(ちなみに個人的に一番高いアドセンス広告の1クリックの単価は500円でした)

 

アドセンス広告の1クリックの単価が平均20~30円だとしても侮ってはいけません。

たとえば楽天のアフィリエイト広告は報酬単価1%の成果報酬型アフィリエイトなので、楽天アフィリエイトの場合で同じ報酬を得る場合、最低でも2000円以上の商品を購入してもらう必要があります。

それに対してアドセンス広告は、クリックしてもらうだけで楽天アフィリエイトで2000円以上の商品を購入してもらう分の報酬が得られるので、そのハードルの低さが理解していただけるのではないでしょうか?

 

しかも、Googleアドセンスは、記事コンテンツの内容やユーザーの検索履歴から自動で最適の広告を表示してくれるターゲット広告を採用しているので、私たちは広告のことに気を取られることなく、記事を書くことに集中できるのです。

このように、私たちがブログのジャンルやテーマに縛られることがないというのは、Googleアドセンスを使う1番のメリットと言えるでしょう。

Googleアドセンスのデメリット

ネットビジネス初心者がアフィリエイトを始めるなら、私は迷わずGoogleアドセンスをおすすめしたいのですが、一応、Googleアドセンスにもデメリットはあります。

 

これからそのデメリットについてみていきましょう。

Googleアドセンスはルールが厳しい

Googleアドセンスの1番のデメリットは、アドセンス広告を掲載したサイト(ブログ)はGoogleの厳しいルールに従って運営していかなければなりません。

 

アドセンス広告というのは、大企業も利用している広告媒体なので、その広告を掲載しているサイト(ブログ)がAdSenseプログラムポリシーに反しているものであれば、お金を支払って広告掲載している広告主のイメージを損ねてしまうことになります。

もちろん大企業が使うような広告だからということではありませんが、Googleは検索エンジンを運営している立場でもあるので、一般常識から考えて不特定多数の人間が閲覧するにふさわしくないサイトやブログがアドセンス広告を載せている場合も、遠慮なく検索圏外に飛ばすという手段に出ます。

これがいわゆる『ペナルティ』と呼ばれるものです。

 

サイトを圏外に飛ばすペナルティは、アドセンス広告を載せているかどうかで大きく変わってくるので、アドセンス広告を載せたことが原因で他愛もないサイトやブログが圏外に飛ばされたという話は枚挙に暇がありません。

もちろん、そういったサイトの多くはAdSenseプログラムポリシーのどこかに抵触しているわけであり、アドセンス広告を使用する条件として同意した上での利用なので、ここで文句を言っても仕方ありません。

 

ただ、アドセンス広告を使うのであれば、サイトやブログの運営には厳しい(広告を載せるに相応しい)ルールが課せられていることを忘れないようにしましょう。

Googleアドセンスは審査も厳しい

Googleアドセンスは、ASPで一般的なアフィリエイト広告を利用する時のように簡単に利用できるものではありません。

アドセンス広告を利用するためには、Googleのアドセンス審査にブログを申請して通過させる必要があります。

 

アドセンス審査は年々厳しくなってきており、2018年現在においては無料ブログでの審査申請ができなくなっており、独自ドメインで作ったブログでの申請がスタンダードとなっています。

とはいえ、アドセンス審査が厳しくなった2016年以降でも、ちゃんとアドセンス審査に通っている人は沢山いるので安心してくださいね。

 

 

アドセンス審査に通るためのブログ作りについては下の記事が参考になります!
⇒Googleアドセンスの審査に使うブログを用意しよう

報酬の支払いは8000円から

アドセンス報酬の支払いは、月末締めで翌月の下旬頃に指定した口座に振り込まれるようになっているのですが、アドセンス広告のクリックで発生した報酬が8000円に満たない時は、その残高は翌月に繰り越されるシステムです。

なので、Googleアドセンス広告で報酬が発生しても、すぐにその報酬が口座に振り込まれることはありません。

 

デメリットと言えるデメリットという程ではありませんが、初期の段階では8000円に到達するのも時間がかかる場合があるので、この点は一応注意が必要となります。

まとめ

Google AdSenseメリット・デメリットまとめ

今回は、Googleアドセンスのデメリットについてまとめました。

 

最初から健全なサイト(ブログ)運営を心がけている人にとっては問題ありませんが、ユーザーを選ぶような情報を発信しようとしている人は気をつけてくださいね。

ただ、どのようなサイトを運営するにせよ、Googleが検索エンジンのカギを握っている限り、Googleのルールには常に目を向けておく必要があることはたしかです。

 

実際、Googleのルールは厳しいという声もよく耳にしますが、普通に運営していく分にはまったく問題はないと言っていいでしょう。

もちろん、Googleのアルゴリズムはよく変わりますし、私自身、その基準にヒヤッとさせられたことも何度か経験しています。

 

ただ、ある程度万人に向けた価値あるコンテンツを作っているサイトに対しては、ある程度融通を利かせてくれる部分もありますし、うまく使えばかなりの収益が期待できるアフィリエイト広告であることは間違いありませんよ。

参考になれば幸いです。