今回は、ブログ(サイト)タイトルのつけ方について解説します。

 

はじめてブログを作る時に誰もが悩むポイントと言えば、「ブログタイトルを何にしようか?」という部分です。何と言っても自分のブログのタイトルを決めるわけなので、あまり手を抜きたくないというのが人情でしょう。

 

ブログタイトルのつけ方の結論としては、他人が覚えやすくて自分が気に入るものが良いですね。

ただ、ここに時間をかけすぎてなかなか前に進まないことも考えられるので、これからブログタイトルをつけるときに注意すべきコツとポイントを紹介していきたいと思います。

ブログタイトルのつけ方を動画で解説

ブログタイトルの決める時に悩んでしまう

ブログタイトルの決める時に悩んでしまう

ブログやサイトを立ち上げる時、私が1番最初に立ち止まるのがタイトル(ブログ名・サイト名)を決めるところです。

 

何にしよっかな…

 

かれこれ10サイト以上を立ち上げてきたのですが、毎回ここで立ち止まるのです。

ブログタイトルをつけるのは、バンドを組む時のバンド名みたいなもので、できるだけそこに想いをぶつけたくなるものです。ちなみに私は昔、友達とバンドを組もうとなった時にファミレスで長時間揉めたことがあります。

その時の経験も含めて(まぁ、含めなくてもいいんだけど)、ブログタイトルを決める時というのは『他人が覚えやすくて、自分もある程度気に入ったものであればそれでOK!』ということにしています。

 

そしてもうひとつ重要なことがあります。

 

それは、

記事タイトル>ブログタイトル

ということ。

 

最初はブログタイトルで検索されることはないので、ブログタイトルにこだわりすぎて前に進まないなんてことがないように気をつけましょう。

というのも、作ったブログに思い入れができるかどうかについて、タイトルはあまり関係ないというのが正直なところだからです。

 

そんなことより、他人が覚えやすいブログタイトルをつけた方が、ブログ名(サイト名)で検索されるので良いに決まってます。実際、私の所有しているブログのひとつは、ブログ名で検索されることが多かったりします。

 

ただ、ブログタイトルをつける時にはちょっとしたコツや注意点もあるので、その中でも特に重要なポイントについてこれから解説していきましょう。

ブログ(サイト)タイトルのつけ方

ではこれから、ブログ(サイト)タイトルのつけ方を紹介していきます。

 

タイトルをつける時に基本となるのは以下の3つ。

 

 最重要ワードを入れる

 他人が覚えやすいもの

 思い入れを持たない

 

これら3つのポイントについて、これから詳しく解説していきましょう。

最重要ワードを入れる

最重要ワードを入れる

ブログタイトルをつける時は、まず『最重要ワードを入れる』のが基本となります。

最重要ワードというのは、そのブログやサイトのテーマとなるキーワードのことですね。

 

但し、最重要ワードは絶対に必要というわけではなく、“できれば入れた方が良い”程度に思っておいてください。

例えば、美容ブログを運営するのであれば、「美容」「美しい」「キレイになりたい」「美」「美人」「美魔女」「アンチエイジング」「若返り」「ビューティ」「美活」「女子力」「メイク」「小顔になりたい」「アンチエイジング」「エステ」といったパワーワードをタイトルに入れておくことで、読者にとってはどんなブログを運営しているのかが伝わりやすくなります。

 

副業で稼ぐブログであれば、「副業」「ネットビジネス」「情報発信」「アフィリエイト」「ブロガー」「Webで稼ぐ」「転売」「脱サラ」「脱社畜」「トレーダー」「稼ぐ」「成功」「自由」「好きな生き方」「縛られない生き方」「引き寄せ」「ノマド」「PC1台で稼ぐ」などなど。

 

これらはあくまでも一例ですが、このようなワードをブログタイトルに盛り込むことで、そのジャンルに興味を持っている人のアンテナに引っかかりやすくなりますし、SEO的にも良い効果が期待できるのでおすすめです。

他人が覚えやすいもの

他人が覚えやすいもの

ブログタイトルをつける時は、『他人が覚えやすいもの』をタイトルにするように意識すると良いでしょう。

覚えやすいタイトルの場合、あなたのブログを見た人が再びあなたのブログに訪れたいと考えた時に、タイトルだけで検索することがあるからです。

その時に一度で覚えられないようなタイトルだと、あなたのブログに辿り着かないといったことも考えられるので、ブログタイトルは覚えやすいものをつける方が好ましいということになります。

 

よくある覚えやすいタイトルとしては、「◯◯ブログ」「◯◯ログ」「◯◯ラボ」「◯◯研究所」「◯◯ベース」など、非常に短くてゴロが良いものですね。

もちろん、覚えやすいタイトルで最重要ワードも入れようとなると早い者勝ちなところもあるのですが、どちらか一方だけを優先しても問題ありません。

 

つまり、

⇒覚えやすいタイトルを優先する

⇒最重要を入れたタイトルを優先する

どちらかを片方だけを取ってもOKです。

 

覚えやすいタイトルを優先するのであれば、思い切ってインパクトのあるものや他人が見てついクリックしたくなるような奇抜なタイトルでも良いでしょう。

 

裏ワザとして、略称を狙ったタイトルというのもおすすめです。

略称というのは、Dreams Come True=ドリカムといったものですね。

ある程度長いブログタイトルでも、自らブログの略称を発信し続ければ、その略称が定着していきます。

というのも、基本的に略称はオリジナル・ワードになるケースが多いので、略称が定着すれば『最重要ワード』を拾いつつ、覚えやすいタイトルを狙うことができますよ。

思い入れを持たない

思い入れを持たない

最後に紹介したいブログタイトルのつけ方のコツは、『思い入れを持たない』というものです。

ブログタイトルに思い入れを持たない方が良い理由は、そこに時間をかけたからといって良いブログになるかどうかはほとんど関係ないからです。

 

実際、私の稼ぎ頭のサイトは、没になったサイトを流用したものなので何の思い入れもありません。

あまりにも思い入れがないものだから、思いっきり好きなようにサイト運営していたら、いつの間にかサイト名で検索されるくらいのサイトに育ってくれました。

 

このサイトもそうですが、サイト名を一度変更しています。

なので、ブログタイトルをつけ損なったとしても特に困ることはありませんし、ブログ(サイト)タイトルで検索されていない初期段階のうちは、それほど神経質にならずにブログタイトルを決めてしまった方がサクサク作業が進むということですね。

まとめ

ブログ(サイト)タイトルのつけ方まとめ

今回は、ブログ(サイト)タイトルのつけ方について解説していきました。

改めて基本となる3つのポイントをみてみましょう。

 

 最重要ワードを入れる

 他人が覚えやすいもの

 思い入れを持たない

 

ぜひ、この3つのポイントを参考にしてみてくださいね。

 

ただ、ブログタイトルに時間をかけすぎるのは効率が悪いので気をつけたいところです。

ブログタイトルを決める時は色々と悩むものですが、実際、ブログタイトルで検索されるレベルにまで達するのは相当先の話なので、ぶっちゃけ、最初はそこまで気にするものでもないというのが本音です。

 

逆に言うと、ブログタイトルが悪いからアクセスが集まらないということもほとんどありません。

アクセスが集まらない時は、記事タイトルとコンテンツの内容を疑うのが通常の流れなので、初心者のうちはあまり神経質にならずにブログタイトルを決めちゃいましょう。

 

なので、自分が気に入るようなものであればそれでOKということですね。

もちろん、ブログタイトルは後で変更することもできるので安心してくださいね(コロコロと何回も変更するのはSEO的に良くないので注意ですが)。