今回は、WordPressで他人の文章を借りたい時に使う『引用タグ』について解説していきます。

 

WordPress(ワードプレス)を使って記事を作っていると、他人の文章を借りたいことが出てくることがあるかと思います。

そんな時、そのまま他人の記事を使ってしまうと、Googleから重複記事と判断されてしまって検索順位が上がらないということが起きてしまいます。

 

そうならないためにも、しっかりと引用タグを使っていきましょう。

引用タグとは?

引用タグのイメージ

引用タグとは、他のサイトに書かれてある記事の一文を抜粋する時に、重複コンテンツとならないように文章を借りた状態として表示させるタブのことです。

 

これはSEO対策として重要なことです。

たとえば、他のサイトから借りてきた文章に引用タグを付けなければ、コピペ箇所がある分だけ「低品質なコンテンツ」だとGoogleの検索エンジンが認識されてしまい、検索エンジン上で順位が上がらないといったことが起きてしまうからです。

 

そしてこれ以外にも、一般書籍からの文章をそのまま借りる時にも引用タグを使わなければなりません

一般書籍や商業誌の文章には著作権があるので、引用タグがついてなければ著作権違反になって訴えられることがあるからです。

 

このようなトラブルを避けるためにも、ネット上の情報をそのまま借りる時はちゃんと引用タグを使うようにしましょう。

引用タグを使った文章は、記事内で引用した箇所の前後に『”』で挟まれて表示されるので、Googleの検索エンジンやユーザーから本文とは違う文章だとして認識されるようになります。

 

WordPressでは、引用した文章を選択して『引用タグ』ボタンをクリックするだけで、簡単に引用タグを付けることができるので、これからその方法について順を追って解説していきましょう。

WordPressでの引用タグの使い方

引用タグを使う時は、引用したい文章を選択してビジュアルエディタ内にある『”』マークをクリックします。

 

WordPressの引用タグボタン

 

 

①今回はこちらの文章を引用してみましょう。

引用タグで使う例文

 

引用する文章には、かならず引用元を記載しておきましょう。

 

 

②本文にコピペした引用文を選択して『引用タグ』をクリックします。

引用文を選択して引用タグをクリック

 

 

③引用タグが適用されました。

引用タグが適用された状態

 

 

④『プレビュー』で確認してみましょう。

引用タグのプレビュー画面

 

『”』(ダブルクオーテーション)で文章が囲まれているので、Googleの検索エンジンだけでなく、サイトに訪れたユーザーにもひと目でこの文章が引用された文章であることがわかります。

 

 

以上が、WordPressでの引用タグの使い方となります。

 

ちなみに私の使っているテンプレートは『賢威』なので、上記画像のような引用デザインですが、このデザインは使用するテンプレートによって異なります。

引用タグを使う時の注意点

引用タグを使う時の注意点としては、引用した分の文字数は記事のボリュームとしてカウントしないということ。

そして、引用はどれだけ多くとも記事全体の割合としては20%以下にとどめておく方がベターです。

引用部分が多すぎると、オリジナリティが下がって良いコンテンツだと評価されなくなります。

 

とはいえ、引用することによって記事に説得力が増しますし、結果的にユーザーの満足度が上がるような使い方を心がければ何も問題ないでしょう。

 

大切なのは全体のバランスを考えたコンテンツに仕上げることなので、引用はあくまでも補足部分として活用するようにするといいですね。