今回は、WordPressで記事を書いて投稿するまでの流れを見ていきましょう。

 

WordPressは世界的に利用されているブログ作成ソフトで、このサイトもWordPressを使っています。

テンプレートは『賢威』という有料のものを使っていますが、記事作成の基本的な流れは変わらないので、これから実際に記事の新規作成から投稿までの流れを解説していきたいと思います。

WordPressで記事投稿する方法

WordPressで記事作成している女性

では早速、WordPressで記事投稿をしていきましょう。

 

①まずはWordPressのダッシュボードから『投稿』⇒『新規追加』を選び、記事作成画面へと移動します。

WordPressダッシュボードから記事作成画面へ

 

 

②記事作成画面へと移動するので、ここで「記事タイトル」と「本文」を記述していきます。

本文を記述していく時は、本文のタグは『ビジュアル』に選択してください。

WordPress記事作成画面

 

 

今回の記事の場合であれば、下の画像のような感じになります。

実際にWordPress記事を作成

 

記事タイトルを記入していくと、パーマリンク(緑枠)が出現します。パーマリンクとは、現在作成している記事のURLとなる部分です。

 

 

パーマリンクについてはこちらがおすすめ!
WordPressのパーマリンク設定でURLを最適化しよう

 

 

このままどんどん記事を作成していきましょう。

記事カテゴリーを設定する

WordPressのカテゴリー欄

記事作成画面の下部か右下(ウィンドウサイズにより場所が異なる)に『カテゴリー』欄があるので、投稿する記事のカテゴリーを決めましょう。

 

 

このサイトではいくつかカテゴリーを設定しているので、今回は「WordPressサイト開設」を選択しました。

WordPressでカテゴリーを設定

 

新規カテゴリーの追加

新規の状態だとカテゴリーはゼロの状態なので、『+新規カテゴリーを追加』をクリックしてカテゴリーを作っていきます。

新規カテゴリーの設定画面

 

カテゴリー名を入力して、『新規カテゴリーを追加』のボタンをクリックすれば、新しいカテゴリーが設定されます。

 

子カテゴリーの追加

せっかくなので、『WordPressサイト解説』を親カテゴリーとして、『WordPress記事の書き方』という子カテゴリーを新規で追加してみましょう。

WordPress子カテゴリーの新規設定

①で親カテゴリーを選択し、②で子カテゴリーの名前を入力します。

③の『新規カテゴリーを追加』をクリックすれば決定です。

 

子カテゴリーが追加された状態

 

親カテゴリーとなる『WordPressサイト解説』の下に、子カテゴリーとなる『WordPress記事の書き方』が設定されました。

アイキャッチ画像を設定する

カテゴリー欄を下にスクロールすると、アイキャッチ画像(サムネイル)を設定することができます。

アイキャッチ画像の設定

 

『アイキャッチ画像を設定』をクリックすれば、任意の画像を設定することができます。

 

アイキャッチ画像とは、下の画像のようにトップページやリンクを貼った時に表示される小さな画像(サムネイルとも呼ばれる)のことです。

アイキャッチ画像の参考例

 

 

アイキャッチ画像は一記事ごとに設定する必要があります。

その設定がイチイチ面倒だという人は、Auto Post Thumbnailというプラグインを使うことで、記事の一番上に貼った画像をアイキャッチ画像として自動設定することができるので便利ですよ。

 

 

アイキャッチの自動設定はこちらがおすすめ!
Auto Post Thumbnailでアイキャッチ画像を自動設定させる方法

記事のプレビュー・保存・公開について

ここでは、記事のプレビュー・保存・公開の仕方についてみていきましょう。

 

記事を書く途中でプレビューしたい時や下書き状態のまま保存したい時が出てくると思います。

その時は『公開』欄の部分の『プレビュー』ボタンと、『下書きとして保存』ボタンをクリックして実行します。

WordPress公開欄

 

記事が書き終わり、プレビューで確認して投稿できる状態になったら『公開』をクリックして記事を投稿しましょう。

 

 

以上が、WordPressでの新規記事作成から投稿までの流れとなります。

 

投稿した記事を修正したい場合は、WordPressのダッシュボードから『投稿』⇒『投稿一覧』で任意の記事を修正することができますよ。

投稿した記事を修正する場合

 

 

WordPressは初心者でも使いやすく、便利な拡張機能(プラグイン)が多いだけでなく、検索上位表示させるのにも強いのでおすすめです。

自分用に使いやすくカスタマイズしていけば、かなり効率よく記事作成をすることができるようになるでしょう。

 

このサイトでも、WordPressの便利な使い方を紹介しているので、ぜひ参考にして頂ければと思います。