今回は、WordPressプラグイン『Table of Contents Plus』で投稿記事に目次を作っていきましょう。

 

Table of Contents Plusは一度設定しておけば、記事を投稿した時に見出しの目次を自動的に作ってくれる便利なプラグインです。

さらに、Table of Contents Plusで生成された目次をクリックすると、一気にその見出しの位置までスクロールしてくれるので、ネットならではな記事コンテンツの機能としてユーザビリティが高まります。

 

ではこれから、Table of Contents Plusの設定について見ていきましょう。

Table of Contents Plusの設定方法

Table of Contents Plusのイメージ

 

①まずはWordPressのダッシュボードから『プラグイン』⇒『新規追加』を選び、プラグインの検索画面へと移動します。

Table of Contents Plusをインストール

 

 

②Table of Contents Plusを検索し、表示されたらインストールしましょう。

Table of Contents Plusの検索画面

 

クリックするとインストールが始まります。

Table of Contents Plusインストール中

 

 

③有効化をクリックします。

Table of Contents Plusを有効化

 

 

④ダッシュボードから『プラグイン』⇒『インストール済みプラグイン』へと進み、Table of Contents Plusの項目にある『設定』をクリックします。

Table of Contents Plusの設定画面へ移動

 

 

Table of Contents Plusの設定をしていきましょう。

Table of Contents Plusの設定画面

 

設定ページはタブが3つありますが、『基本設定』の項目のみ設定して、あとの2つはデフォルトのままでOKです。

 

【位置】

目次を表示させたい場所の設定です。

以下の4つから選択します。

  • 最初の見出しの前(第一見出しの上)
  • 最初の見出しの後(第一見出しの下)
  • トップ(記事の最上部)
  • ボトム(記事の最下部)

 

【表示条件】

いくつ以上の見出しで目次を表示させるかを設定します。

基本的に『2』を選択しておきます。

 

【以下のコンテンツタイプを自動挿入】

目次を設置する記事の種類を設定します。

通常投稿する記事に目次を出す場合は『post』にチェックを入れます。

固定ページにも目次を出したい場合は『page』にチェックを入れます。

  • post(通常の記事)
  • page(固定ページ)

 

【見出しテキスト】

タイトルやテキスト表示の有無・名前などを変更できます。

【階層表示】

見出しの階層をひと目でわかるように表示します。

【番号振り】

見出しの順番に番号を付けることができます。

【スムーズ・スクロール効果】

目次をクリックした時の移動の仕方を変更できます。

【外観】(その他)

外観の設定はデフォルトのままで問題ありません。

 

 

設定が済んだら『設定を更新』をクリックします。

 

 

下記のような感じになっていればOKですね。

Table of Contents Plusが反映されている

 

これですべての記事に目次が生成されたと思います。

 

Table of Contents Plusまとめ

Table of Contents Plusが優れている点は、H1からH6までの見出しを自動で目次にしてくれるところです。

プラグイン自体が日本語に対応しているところもわかりやすくて良いですね。

 

Table of Contents Plusは簡単に設定できる上、ユーザビリティが高まるのでSEO効果も期待できますよ。

ぜひこの機会に導入しておきましょう。