3つのONEとは?

今回は、売れるコピーライティングの勉強ということで『3つのONE』をわかりやすく解説します。

 

3つのONEは、ワンメッセージ(One Message)、ワンマーケット(One Market)、ワンアウトカム(One Outcome)のことで、ひとことで言うと、読み手を迷わせないコピーライティング術のことですね。

 

では早速、売れるコピーライティングを実践する上で絶対にハズせない3つのONEについて、これからひとつずつ解説していきましょう。

3つのONEとは?

コピーライティングの基本中の基本と名高い『3つのONE』とは何でしょうか?

 

3つのONEとは、

  1. ワンメッセージ(One Message)
  2. ワンマーケット(One Market)
  3. ワンアウトカム(One Outcome)

のことを指します。

 

つまり、1つのメッセージを1つの市場の中で伝え、1つの出口を用意するということ。

コピーライティングにおいてこの3つを守らなければ、伝えたいことの軸がブレてしまい、結果的に商品が売れないという悲しい状態になります。

というのも、個人がビジネスで勝負する時は、良い商品を一点に絞ってアツい紹介をしていかなければ勝てないからです。

 

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる

だって?

 

当たらないんだよなぁ、これが。

現実でもインターネット上でも、鉄砲を乱射してくる物騒なヤツには近づきたくないものですが、ことコピーライティングの世界においては、1つの市場で伝えたいことと結論を1つに絞ったほうが成約率は高まります。

だって、商品のことをよくわかってない人から購入するよりも、購入しようと思ってる商品のことを熟知してる人から買いたいってのが人間の性ってもんでしょう。

 

つまり、リンクを貼りまくっときゃどれか買ってくれるだろうという考えは、ネットショップでもやってない限り、個人ビジネスの戦略としては完全に間違いということですね。

 

そこでベースになるのが『3つのONE』です。

特にセールスレター(ランディングページ)においては、3つのONEを外すとドエライ失敗をすることになるので注意が必要です。

といっても話は単純なので、これからひとつずつ詳しくみていきたいと思います。

ワンメッセージ(One Message)

ワンメッセージ(One Message)

ワンメッセージとは、1つのメッセージを伝えることです。

 

コピーライティングをする時は、自分が伝えたいことを明確にすることが大事ですよね。

その中でも特に伝えたいことを1つに絞ることで、そのメッセージが読者の心に深く刺さります。

 

つまり、セールスレターで提案するものは1つだけにすると良い、ということですね。

というのも、読者からすると同時に色々なものを提案されては困るからです。

 

たとえばあなたがお金が欲しいという願望を持ち、お金の稼ぎ方がわかるセールスレターを開いたとしましょう。

その時に、

  • ロト6でお金を稼ぐ方法
  • 競馬でお金を稼ぐ方法
  • 高時給バイトでお金を稼ぐ方法
  • 治験でお金を稼ぐ方法
  • 会社で出世してお金を稼ぐ方法
  • フランチャイズ経営でお金を稼ぐ方法
  • ネットビジネスでお金を稼ぐ方法
  • お小遣いサイトでお金を稼ぐ方法
  • 資産運用でお金を増やす方法
  • FX投資でお金を増やす方法

これらの情報がごちゃごちゃと書かれていたら混乱しますよね。

 

実際ここまでのことはなくとも、自信のある商品ほど色々と盛り込みたくなるものです。しかしそれだと、たとえ真剣に読んでいたとしても集中力が途切れますし、ライターが何を伝えたいのかが読み手にはぼんやりとしか伝わってきません。

なので、できるだけメッセージは1つに絞り、わかりやすいものにすると良いでしょう。

 

とはいえ、1つのことしか言ってはいけないのではなく、『確固たる軸を1本持っておく』というのがワンメッセージの本当の意味です。

つまり、読者がそのコピーを読んだ時頭の中に1つのメッセージが残っている状態であればOKということですね。

ワンマーケット(One Market)

ワンマーケット(One Market)

ワンマーケットとは、1つの市場に絞るという意味です。

 

売れるコピーライティングでは、必ず1つの市場に対して1つのメッセージを伝えるという原則を外しません。

ここでのワンマーケットというのは、たとえばあなたがネットビジネスでお金の稼ぎ方を教える場合、ネットビジネスの市場だけに絞るということですね。

 

ネットビジネスであれば、

  • アフィリエイト
  • 情報発信ビジネス
  • コピーライティング
  • インターネットツール
  • 有料テンプレート

など、できるだけ関連した商品を扱うようにしましょう。

ネットビジネス市場で突然、「英語教材」とか「青汁」とか「ダイエット食品」とか売ろうすると、結果として見込み客まで離れていってしまうからです。

 

わかりやすい例だと、あなたが虫歯で歯が痛かったとします。

 

とにかく歯が痛くて痛くて仕方がないけど、歯医者はすでに閉まっている時間。

かろうじて近くのドラッグストアなら開いている状態。

そこであなたは痛み止めを購入しようと思いドラッグストアに駆け込みます。

 

そこで、

『のどの痛み、解熱、歯痛、腰痛、関節痛に効く薬』

と、

『歯の痛みにだけ効く薬』

があれば、

おそらく後者を選ぶのではないでしょうか。

 

総合的な鎮痛剤より、ピンポイントで悩みを解決してくれる方が効用があると考えるからです。

これと同様にネットビジネスでお金の稼ぎ方を教える時は、より専門性を高めていくと見込み客により信頼されやすくなるということですね。

ワンアウトカム(One Outcome)

ワンアウトカム(One Outcome)

ワンアウトカムとは、1つの出口という意味です。

 

コピーライティングをする時は、1つの市場で1つのメッセージを伝えた後、最終的にどの出口から出ていってもらいたいのかを考えなくてはいけません。

セールスレターの場合であれば、最終的に商品の紹介をして購入ボタンを押してもらうことが”出口”となります。

つまり、Aという商品を買ってもらいたいのであれば、別の商品の購入リンクを貼ったり、別ページに飛ばすようなリンクを貼ったりしてはいけないということです。

 

特にセールスレターのコピーライティングでは、そのページを開いてから出口まで一気に読み進めてもらう必要があります。

 

この商品は間違いない!

と、そう思わせる過程で、集中力を奪ったり気持ちを迷わせたりしては興ざめです。

 

迷わせないための出口を1つだけ用意すること。

そうすることで、商品はスムーズに売れていくようになりますよ。

3つのONEまとめ

3つのONEまとめ

以上、売れるコピーライティングの勉強ということで『3つのONE』を紹介しました。

話をまとめると、確固たる軸を持って読者にわかりやすいメッセージを伝えることが大切だということですね。

 

  1. ワンメッセージ(One Message)
  2. ワンマーケット(One Market)
  3. ワンアウトカム(One Outcome)

 

コピーライティングは色々なスキルを用いて読者を1つの出口に誘導することですが、ベースのなるものは単純明快です。

そして、そのベースさえ抑えておけば本筋を外すことがないので、ブレないコピーを書くためには3つのONEをしっかり抑えておいてくださいね。