今回は、売れるコピーライティングの勉強ということで『4つのNOT』をわかりやすく解説します。

 

4つのNOTはひとことで言うと、読み手の否定を打ち消すコピーライティング術のことですね。

つまりメルマガにおいては、4つのNOTに始まり4つのNOTに終わると言っても過言ではないくらい、コピーライティングのベースとなっているのです。

 

つまり、

俺の話を聞けと言いたいんですが、コブシを利かせて歌う前にメルマガを読んでもらいましょうということですね(笑)

 

とにかく、4つのNOTは非常に重要な考え方なので、売れるコピーライティングを書く時には避けて通れない道です。

それでは早速、一緒に勉強していきましょう!

4つのNOTとは?

4つのNOTとは?

私たちがメルマガを読者に届ける上において、最終的には商品を購入してもらうという目的を持っています。

なのでタイトルにも「売れるコピーライティングの勉強」と入れているのですが、読み手が商品購入に至るまでには『4つのNOT』と言われる心理的な壁を越えてもらわなければなりません。

 

  1. Not Open(開かない)
  2. Not Read(読まない)
  3. Not Believe(信じない)
  4. Not Act(行動しない)

 

優れたメルマガは、必ずこの4つのNOTをクリアーする力を持っています。

そして私たちコピーライターは、この4つの壁を上から順番に攻略していかなければなりません。

 

逆に言うと、メルマガ読者に

  1. メルマガを開いてもらい
  2. 文章を読んでもらい
  3. 内容を信じてもらい
  4. 購入を決断してもらう

ということが言えるでしょう。

 

つまり、1→2→3→4というプロセスを順に踏んでもらって、はじめて商品が売れるようになるので、適当にコピーライティングしたりメルマガを送ったりしても成果は上がりません。

ではこれから、4つのNOTについてひとつずつ詳しく解説していきましょう。

Not Openをわかりやすく解説

Not Openをわかりやすく

コピーライティングの第1の壁となるのは『Not Open(開かない)』です。

 

そもそも、

メルマガが開かれない

とか、

セールスレターが開かれない

といった状態のことですね。

 

原因としては、

  • アクセスしていない
  • 気づいていない
  • 興味が全くない

ゆえに『クリックされていない』状態。

 

メルマガ自体が開封されなければ、メルマガを送る意味がないのと同じです。

しかし、Not Openの壁を越えるのはそれほど難しいことではありません。

たとえばメルマガの場合、単純に送ったメールが読者に届いていないだけだったりするからです。

要するに「不達」ですね。

 

メルマガを配信するようになるとわかることですが、メルマガスタンドによっては送ったメールが”迷惑メールボックス”に入ってしまうことがあります。

そうなると読者が「気づかない」状態に陥ってしまうので、メルマガスタンドを変更するなどして対策をとるようにしましょう。

 

そして重要なのが「メルマガのタイトル」です。

送ったメールのタイトル(題名)をパッと見て、読者が面白そうと思ったり興味を惹かれたりしなければ、やはりメルマガの開封率は下がってしまいます。

メルマガのタイトルには、必ず内容を読みたくなるようなタイトルをつけたり、緊急性を持たせたりして、思わずクリックしたくなるようなものを意識すると良いでしょう。

 

 

Not Openについてさらに詳しく!
売れるコピーライティングの勉強!読者にメルマガを開かせるコツ

Not Readをわかりやすく解説

Not Readをわかりやすく

コピーライティングの第2の壁となるのは『Not Read(読まない)』です。

4つのNOTのうち、実は一番重要であり、また鬼門と呼ばれているのがこのNot Readなのです。

 

メルマガにしろ記事コンテンツにしろ、読んでもらってなんぼの世界。

当たり前ですが、読者が「読んで損した!時間を返せこの野郎」と思うようではダメなのです。

 

読まれない原因としては、

  • つまらない
  • 改行が下手
  • 頭に入らない
  • ありきたり

ゆえに『すぐ閉じられてしまう』状態。

 

実際、内容が良かったとしても、読んでもらわなければ次に進んでもらうことができません。逆に、Not Readの壁を越えれば商品は売れるのです。

Not Readで特に大きな問題は、読者がメールをパッと見た時に”興味が惹かれない”と思ってしまっているところですね。

 

パッと見でおもんないってわかるわ

 

もし仮にこんなことを大阪人に言えば、一瞬でブチ切れされてしまうかもしれません。

それくらい“痛恨の極み”です。

 

パッと見て目に入るものと言えば、そう!

見出しですね。

見出しの部分に、読者へのベネフィットやフックをしっかりと入れるようにしましょう。

 

ベネフィットやフックについてはコチラ!
USP!Benefit!Hook!重要なコピーライティング用語を簡単解説

 

もちろん、見出しは最初に目を引きつける役割なので、その後に続くコピーライティングも読ませるような内容でなければなりません。

こちらについては、これからこの「売れるコピーライティングの勉強」シリーズでじっくり解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Not Believeをわかりやすく解説

Not Believeをわかりやすく

コピーライティングの第3の壁となるのは『Not Believe(信じない)』です。

 

「文章を読む=内容を信じる」というのは、ある程度の信頼関係が築かれてなければ成り立ちません。

なので、このNot Believeの壁を越えるために、色々な証明をしなければならないのです。

私たち書き手がつい勘違いしがちな、「一生懸命書いた文章なら、きっと読者は信じてくれる」というのは思い込みに過ぎないので、この際その考えはバッサリと捨てて信用されるコピーライティングを学ぶことが大切だということですね。

 

たとえばメルマガで「この商品はこんなに素晴らしいものなんですよ!」と熱く語っても、読者の頭の中には「これって嘘じゃないの?」とか「それって詐欺じゃないの?」という疑心が残っているものです。

 

疑心を抱く原因としては、

  • 嘘くさい
  • 信じられない
  • 理解できない

ゆえに『メールが閉じられる』状態。

 

読者が抱くNot Believeの壁を越える方法で、1番簡単なのが“証拠を見せること”です。

つまり、その商品の実績を証明できる証拠を見せれば、お客さんに納得してもらって信用されやすくなるということですね。

 

たとえばアフィリエイトで「月に◯◯万円達成!」といった実績などがそれに当たります。

数値として証明するのも良いですが、実際に画像などで見せるのが効果的です。

 

その他、権威のある人から推薦してもらったり、実力で証明したりする方法もあります。

権威のある人からの推薦というのは、その業界で有名な人から「良い商品ですよ」とお墨付きをもらうということ。

ある程度社会的認知が高い人からの推薦があると、読者は「あの人が推薦してるくらいだから大丈夫か」と思うものです。

 

そして、実力で証明するという方法も有効です。

これはつまり、あなたが書いたメルマガを読んだ時に、いちいち納得させられるような内容であったり、膨大な知識があると感じさせられたりした場合、「この人の言うことは間違いない」と確信させられるということ。

これは単純にその分野の知識量の大きさが関係するだけでなく、人間的な気遣いや度量によっても「この人、スゲェな…」と思うものなので、自ら信用を勝ち取っていくパターンと言えるでしょう。

Not Actをわかりやすく解説

Not Actをわかりやすく

コピーライティングの第4の壁となるのは『Not Act(行動しない)』です。

 

メルマガを読み、内容も信じられる。

でも…

 

これがNot Actという心理的な壁です。

 

行動できない原因としては、

  • 決断できない
  • めんどくさい
  • 慣れてない

ゆえに『メールが閉じられる』状態

 

たとえばネットショップで欲しかったシューズがあったとしましょう。

街で見かけた時に「欲しい!」と思った。実際に試着してバッチリで、サイズもわかっているけど、ネットで値段を調べてから買おうと思って、その時はシューズを買わなかった。

そしていまネットで見ると、街で見かけた時よりも値段が安く、欲しいサイズも揃っている。

 

でも…

 

人間って迷うのです。

「最後の最後で決断できないのが人間である」と言ってもいいかもしれません。

 

このような心理的な壁を抱えた読者には、希少性や緊急性をアピールしてあげるのが効果的。

先ほどのシューズの例だと、

欲しいサイズが残り1足

とか、

本日限り表示価格より20%オフ

といった場合、購入につながりやすくなります。

 

つまり、「欲しいサイズが残り1足!」が希少性であり、「本日限り表示価格より20%オフ!」が緊急性ということですね。このように行動意欲を促すような情報を入れることによって、読者の背中を押してあげることが大事になのです。

 

そしてさらに大切なのが、『行動したケース』と『行動しなかったケース』の両方の未来を提示してあげること

ビジネスは相手に価値を提供することなので、行動したら明るい未来が待っているのは当然です。しかしながら、行動しなかった時に想定される暗い未来についても、ある程度先に教えてあげることも大切だということですね。

実際、現状維持で未来がよくなるケースが少ないことを考えれば、敢えて厳しいことを伝えることで、読者の背中を押すことも親切だと言えるでしょう。

4つのNOTまとめ

4つのNOTまとめ

今回は、売れるコピーライティングの勉強ということで、基礎となる4つのNOTについて解説していきました。

 

  1. Not Open(開かない)
  2. Not Read(読まない)
  3. Not Believe(信じない)
  4. Not Act(行動しない)

 

中でもコツがいるのが『Not Read』の壁ですね。

特にメルマガのステップメールは読み続けてもらうことが大事なので、ここを越えるコツさえ掴めれば、コピーライティングは非常に楽しいものになってくるでしょう。