今回は、アフィリエイトで利用するASPとは何かについて話をします。

 

ASPはアフィリエイト・サービス・プロバイダの略で、アフィリエイトを行なう時に必要なものです。

まずは、アフィリエイトを行なう時の基本的な流れを見てみましょう。

 

アフィリエイトのしくみ

 

つまり、アフィリエイトに使う広告は、このASP(広告代理店)から選ぶことができるということです。

ではこれから、このASPの仕組みがどうなっているのか、一体どのように利用すればいいのかについて、わかりやすく解説していきたいと思います。

ASPとは何か?

ASPとアフィリエイトの関係

ASPとは、Affiliate Service Provider(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の頭文字をとったもので、アフィリエイターと広告主をつなぐインターネット広告の仲介業者のような存在です。

つまり、ASPはアフィリエイトできる商品が置いてあるデパートのようなもので、アフィリエイターはここからアフィリエイトしたい商品の広告を選ぶことができるのです。

 

アフィリエイトを始める時は、まずASPに登録しなければなりません。

ただ、登録自体にお金は必要ないのですが、ASPの登録には自分のサイトを記載しなければならないので、まずは登録するためのサイトを用意するようにしましょう。

といっても、審査は自分の作ったブログをチェックされる程度のものなのでご安心くださいね。

ASPの仕組み

次はASPの仕組みと利用の仕方について見ていきましょう。

 

まずASPの仕組みですが、

 

 広告を紹介する“アフィリエイター”

 広告代理店である“ASP”

 広告を出す“広告主”

 

この三者の関係を図のように表すと以下のようになります。

ASPの仕組み

アフィリエイトは、まず広告主(商品を販売している人)が、ASPにインターネット上に広告を掲載したいと依頼します。

ASPの元へはたくさんの広告主からの依頼が集まってくるので、私たちアフィリエイターはASPの中から自分のサイトで紹介したい案件(広告)を選びます。

そして、お客さんがあなたのサイトに貼ってある広告から、商品購入や契約の申込みに至れば、広告主はASPに広告費を支払い、私たちアフィリエイターはASPから報酬を頂くことができるのです。

 

この仕組みを、一般的に成果報酬型アフィリエイトと呼びます。

成果報酬型の場合、商品が売れたり、サービスが利用されたり、資料が請求されたりするなどの成約に至らなければ、報酬が発生しません。クリック報酬型と比べると、報酬を得る機会は少ないのですが、その分報酬単価が大きいのが特徴です。

ただ、広告の種類が多く、自分のサイトに貼りたい広告を自由に選ぶ事ができるので、活用次第で大きな成果を上げることができるでしょう。

ASPの利用の仕方

ASPの仕組み

ASPを利用するには、まずはASPに登録しなければなりません。

といっても、クリック報酬型であるアドセンスに比べ、各ASPへの登録は難しくないのでご心配なく。

但し、一部のASPは多少時間がかかることもあるので、とりあえず登録だけでも先にしておくようにしておきましょう。

 

それではこれから代表的なASPを紹介していきましょう。

A8.net

A8.net

A8.netは、日本最大手のASPです。

基本的なアフィリエイト広告はある程度『エーハチ(A8.net)』だけで揃うと言われるくらい、かなり豊富な商品の広告を取扱いしています。

アカウント取得にサイト審査がないので、現時点でまだブログやサイトがなくてもアカウントを取得することが可能です。

そのため、TwitterなどのSNSでも広告を掲載することが可能です。

 

その他の利点として、クレジットカード作成やFX講座の開設などの自己アフィリエイトで、すぐにでも数万円以上の報酬を得ることができます。

A8.netはネットビジネス初心者がまずは登録しておくべきASPと言えるでしょう。

A8.net

バリューコマース

バリューコマース

バリューコマースは、ASPの中でも最も老舗の業者です。

なので、他のASPでは取り扱っていない広告も多いのが特徴です。

Yahoo!との関連性が強いことや、適切な広告を自動で表示してくれる『おまかせ広告』など、アフィリエイト初心者にとっては使い勝手良いと言えるでしょう。

また、A8.netとは違って振込手数料が無料というメリットがあります。

 

ただバリューコマースは、ブログやサイトを作って審査を受ける必要があるので、サイトを作った後はキチンと登録するようにしましょう。

バリューコマース

楽天アフィリエイト

楽天アフィリエイト

楽天アフィリエイトは、楽天市場や楽天トラベル、楽天カードなどのサービスを紹介することができます。

楽天が取り扱っている商品のほとんどを紹介できることに加え、訪れたユーザーに合わせて最適な商品を自動で紹介してくれる『楽天モーションウィジェット』などもあるので、初心者にとっても非常に使いやすいASPと言えるでしょう。

 

楽天アフィリエイトで特徴的なのは、ブログやサイトに貼った広告がクリックされてから30日間もクッキーが保持されること。

ちなみに『クッキー(Cookie)』とは、Webブラウザを通じて訪問者のコンピュータに、一時的にデータを書き込んで保存させる仕組みのことです。

たとえば、あなたのサイトに訪問したユーザーが、サイトに貼った”楽天アフィリエイトの広告”をクリックしたら、そこから30日間はあなたの広告を介した購入だと承認されて報酬を得ることができるのです。

但し、そのユーザーがあなたの広告をクリックした後、他の誰かの楽天アフィリエイト広告をクリックした場合は、クッキーが書き換えられてしまうということですね。

 

ただ、報酬単価は1%と決まっているので、楽天アフィリエイトだけで報酬を上げるのは難しいかもしれませんが、他のASPと併用することで効果的なアフィリエイトを行なうことができるでしょう。

また、登録するための審査がないのも大きなメリットです。

楽天アフィリエイト

Amazonアソシエイト

Amazonアソシエイト

Amazonアソシエイトは、世界最大の通販サービスAmazonが提供するアフィリエイトプログラムです。

Amazonで販売されている約1億種類の商品広告をアフィリエイトすることができます。

 

先ほどの楽天アフィリエイトとの違いは、審査のためにブログやサイトが必要であることです。

実際、Amazonアソシエイトの審査はグーグルアドセンスの次に審査が厳しいと言われているのですが、健全な運営をしているサイトであればそれほど問題ではないでしょう。

いくつかポイントをあげると、

  • 500文字以上の記事が10記事以上あること
  • アフィリエイト色を強くしないこと
  • Amazonが不適切と判断しないサイトであること

などが挙げられます。

登録するサイトやブログに関しては、これらのポイントを抑えておけばそれほど難しいことではありません。

 

報酬額は2~10%まで設定されているので、同じ商品が購入された場合でも、楽天アフィリエイトよりAmazonアソシエイトの方が報酬額が高くなるケースが多くなります。

但し、クッキーの有効期間は24時間なので、この辺りは両者とも一長一短といったところですね。

Amazonアソシエイト

まとめ

ASPを選ぼう

今回はASPの仕組みや利用の仕方について、基礎的なところをわかりやすく解説してみました。

なんにせよ、ASPに登録しなければアフィリエイトは始まらないので、とりあえず『A8.net』や『楽天アフィリエイト』など登録すべきところは先に登録を済ませておいて、後の設定をスムーズに行なうようにしましょう。

自己アフィリエイトの実践する場合は、A8.netハピタスは必須なので先にしっかりと登録しておいてくださいね。

 

ハピタスの登録の仕方はこちらから!
自己アフィリエイトは『ハピタス』を利用しよう!

 

エックスサーバーなどはA8.netのセルフバックで登録するとお得ですね(ちなみにA8.netのセルフバックは自己アフィリエイトと同じ意味です)。

非常に簡単なので、ぜひこの機会にチャレンジしてみましょう。