今回は、ネットビジネスで自己投資する意味について話をします。

 

まずはっきりと言っておきたいのが、ネットビジネスで自己投資しない人は

99.99%稼げない

ということです。

 

「そりゃちょっと大げさじゃない?」と思われるかもしれません。

ただ私が言いたいのは、一発屋芸人のようなまぐれ当たりがあったとしても、その後もネットビジネスで稼ぎ続けるのは難しいということです。

 

いままでネットビジネスで色々な人に会ってきましたが、稼いでいる人は例外なく自己投資にお金をかけてきています。ちなみに年収1000万円を超えるレベルの人は、大体年間50万-100万円くらい自己投資をしてる印象があります。

彼らは口を揃えて「情報を甘く見る人は稼げない」と言い、自己投資をした以上のお金を必ず稼ぐのです。

 

私も以前、情報を甘く考え、自己投資は最低限に抑えていた側の人間です。

しかし、自己投資を最低限に抑えようとしているところで、お金を稼ぐための思考にはなっていないことを思い知ったのです。

 

これから、ネットビジネスにはなぜ自己投資が重要視されるのか、その理由についてわかりやすく解説していきたいと思います。

ネットビジネスで自己投資を繰り返す人

ネットビジネスにおける自己投資

すでにネットビジネスを実践されている人ならわかってもらえると思いますが、ネットビジネスでは必ず「自己投資が重要」と言われます。

 

はっきり言って、

耳タコ

ですよね。

 

あまりにも「自己投資」という言葉が出てくるので、右から左へと聞き流している人も結構多いかもしれません。

そんな中、ネットビジネスで稼げない人に多いパターンとしては、とりあえず中途半端な自己投資をして、大した成果も出せずに、また中途半端な自己投資を繰り返すといった不毛の連鎖に陥ってしまうものがあります。

 

たとえば、YouTubeアフィリエイトをちょろっと実践して成果が出ず、ブログアフィリエイトに挑戦して成果が出ず、転売ビジネスをやって成果が出ず…みたいな感じですね。

これは自己投資がどうのこうのと言う前に、ノウハウコレクター化していることが問題です。

なので単純に、1つのノウハウに腰を据えて取り組むことで、この不毛なループを断ち切ることができるでしょう。

 

しかし問題は、ネットビジネスの本質にたどり着かないまま自己投資を繰り返すパターンです。

これは正に私自身が陥ったパターンですが、地味ながら遠回りする分だけ真綿で首を絞められる感じがありました。

これから少しその話を告白しましょう。

自己投資の本質を見誤った私のケース

ネットビジネスで本気の自己投資

私もこれまで、ネットビジネスの教材(ノウハウ)、塾、セミナー、本、ツールなど様々なものに投資をしてきました。

そしてその中には、良いものもあれば大して中身のないものもありました。

時には私の力量が追いついていなくて消化不良になってしまったものもあるのですが、それでもいまだに役に立っているのは、ネットビジネスの本質に迫った内容のノウハウや塾への投資だったのです。

 

私はネットビジネスを始めてから2年以上、試行錯誤を繰り返し、紆余曲折を経てきました。

それまでの生活を支えてくれていたのは、あるひとつのアフィリエイトブログ。1日1記事程度の投稿を繰り返しているだけで、普通に生活できるだけの収入があったのです。

過去の本業以上の給料を獲得することが叶った私は、調子に乗ってそればかり実践し続けたのですが、そこから桁が変わるほどの収入には手が届かない日々が続きました。

 

しかし、ある時我に返り、ネットビジネスのレバレッジがまるで活かせてない状況に対し、漠然とした不安を抱くようになりました。

 

あれ?

これって労働収入とあまり変わらなくね?

 

 

その時は、ただブログだけを書いて生活していただけなので、何かの塾やコミュニティに属しているわけでもなく、ただボーッと「これからどうしよう…」なんて考えていました。

良い意味でも悪い意味でも、一度、ネットビジネスを始めた時のように原点に立ち返らざるを得なかったのです。

 

 

「このままサラリーマンになりたくないし、サイトアフィリエイトでもやろうかな。情報発信をやるのもいいけど、今からやっても大丈夫なんだろうか…?」

 

 

そんなことがグルグルグルグルと頭の中を駆け巡りました。

その時、よく行くショッピングモールのTSUTAYAブックスで『エッセンシャル思考』という本を読み、頭の中に『一点突破』という文字が雷撃のように落ちてきたのです。

 

その時に出たのが『お金と情報を活かす』という答えでした。

それは、ネットビジネスを知った時に「この仕組みはスゴイ!」と思い、自分が重要視していたことそのままでした。

それが今の今まで、スッポリと抜け落ちてしまっていたのです。

 

たしかにこれまでも自己投資はしてきました。

しかし、お金と情報を活かすのではなく、「トレンドアフィリエイトで月収10万円」という実績を作るためのノウハウを、ただ自分の労働力だけでこなしてきた事実が残っただけだったのです。

 

もちろん、嬉しい誤算もありました。真面目にトレンドアフィリエイトを実践したおかげで、2年以上家族を養えるだけの成果が上がり、ある程度のノウハウが身についたことです。

ただこれは私が当初に思っていたネットビジネスの本質ではありません。

インターネットの利便性が活かされてはいるのですが、自動的にマネタイズできる仕組みになっていなかったからです。

 

その頃はモチベーションも下がり、背中を押してくれるメンターも居ない状態。

 

 

このままじゃ埋もれちまう!

 

 

焦った私は、もう一度ネットビジネスを始めた頃の初心に返り、自分が稼げるようになった時のことを思い出しました。

そして、そのきっかけをくれたのは間違いなく自己投資だったのです。

本質目標に沿った自己投資を続ける

きちんとした自己投資

私がネットビジネスをここまで続けられているもの、あるトレンドアフィリエイトの情報商材(ノウハウ)のおかげです。

もちろん、すぐにその情報商材にたどり着いたわけではなく、超有名な『ネットビジネス大百科』や『下克上』なども通ってきました。これらの教材も決して悪くはないのですが、その時は成果を上げることができませんでした。

 

たとえば、あるノウハウを実践して稼げなかった時、自分が悪いのかノウハウが悪いのか考えることがあると思います。この場合、どちらかに原因があるとも考えられますが、ただ単純に相性の良し悪しが原因である場合も考えられるので注意が必要です。

ノウハウとの相性については、自己投資を繰り返してみないとわかりません

 

これはメンターを持つ時も同じで、優しく指導をしてくれるメンターもいれば、厳しく指導してくれるメンターもいます。

私たちは実力や実績に目が向きがちですが、最終的にどちらが良いかを決定するのは相性の問題だったりするのです。

私の場合、メンターに厳しくされた方が不思議とうまくいきます。

「この人に褒められたい」と思ってモチベーションが上がるからです。

 

どんなに有名で売れている情報商材だとしても、その1つだけですべてをカバーすることはあり得ません。

だからこそ、本質目標を定め、その計画に沿ったノウハウに出逢うために自己投資を続けていかなければならないのです。

 

本質目標については詳しく!
本質目標を設定!ネットビジネスにおける目標の立て方を解説

 

私自身、『ネットビジネス大百科』や『下克上』では元を取れなかったのですが、トレンドアフィリエイトを覚えたあるノウハウでは数百倍の元を取ることができました。

もちろんこれはネットビジネスを実践する上で初期段階の実績なので、ここで留まっていては先に進むことができません。ネットビジネスは頭脳労働なので、自分の頭に投資しなければ時代の潮流に置いていかれるからです。

 

ネットビジネスの本質は労働収入を得ることではありません

お金持ちがよりお金持ちになるのは資本主義社会の特徴だと言われていますが、ネットビジネスの世界でもそれは同じです。ただネットビジネスの場合は、小資本で頭脳に投資し続けることで、自動でお金を作る仕組みを学び、作っていくことができるのです。

 

さすがにその方法を無料で学ぶのは無理があります。

クレクレ君では99.99%ネットビジネスでお金を稼ぐことができないでしょう。

 

たしかに労働収入で汗水たらしたお金には価値があり、私たちはそこに手応えのようなものを感じます。

その事自体は私も否定しません。

ただ、インターネットの利便性を活用して仕組み化をすれば、自動で自分のところにお金が入ってくるようになるだけのことです。

 

この世には大きなお金が流れる川があって、そこに手を入れれば自分の方にその川の水が流れるようになっています。

毎回、バケツを持ってその川の水をすくうのも良いですが、一度自分のところへ水が流れる仕組みさえ作れば、後は自動でその川の水が流れ続けてきます。

 

自己投資とは、その知恵を授けてくれるようなものです。

ネットビジネスで自己投資する時のバランス

ネットビジネスでは自己投資がカギ

ネットビジネスの自己投資とは、ノウハウやメンターの指導、セミナー、書籍、ツールなどに使います。

自己投資する時は月収から生活費を除いた分全てを投資できると良いのですが、さすがにそういうわけにはいきません。

 

そこでおすすめなのが、月収から生活費を除いた残りを3等分するという考え方。

 

その3つとは娯楽勉強貯蓄に分けるということ。

 

娯楽は、遊びや交際費のこと。

勉強は、自己投資のこと。

貯蓄は、貯金のこと。

 

生活費以外のお金を、娯楽と勉強と貯蓄にそれぞれ振り分けていくということです。

 

 

そしてネットビジネスで成功を目指す時は、

  • 娯楽:1
  • 勉強:5
  • 貯蓄:4

のバランスを目安にしましょう。

 

 

ポイントは、使うお金の比率で『娯楽』が『勉強』を上回らないこと。

娯楽は浪費なので、浪費が投資を上回らないようにすることが大切だということですね。

 

もちろん、普段得ている月収の額にもよるので娯楽1勉強5貯蓄1のバランスは一概には言えませんが、ネットビジネスで成功するのは自己投資ありきなので、毎月、自分の勉強のためにお金を使う習慣を忘れないようにしましょう。

 

といっても、耳タコかもしれませんが(笑)

 

ただ、自己投資を忘れて浪費や貯蓄ばかりになってしまっては、本質から逸れてしまった私のようにフラフラと遠回りするだけでなく、最終的に稼げなくなって辞めてしまうこともあるので気をつけてください。

 

自分の頭に投資する

 

私自身が慎ましい生き方をしてきたからこそ思うのですが、世間一般の労働とネットビジネスの仕事は思考がまったく違います

だからこそ、自己投資をしなければあっという間にネットビジネスの本質から逸れてしまいます。

 

『朱に交われば赤くなる』ということわざがありますが、ネットビジネスで稼ぐと決めたら、赤くなるまで自己投資を続けなければ元の木阿弥だということですね。

 

「ネットビジネスは自己投資ありき」

 

この言葉を常に頭に入れ、「せっかく投資したんだから」と自分を奮い立たせていきましょう。

そうすれば、いつかその自己投資があなたを金脈につなげてくれるようになりますよ。