今回は、ネットビジネスのギブアンドテイクの意味について話をします。

 

ビジネスではおなじみのギブアンドテイク(GIVE & TAKE)ですが、ネットビジネス実践者はギブアンドテイクの意味を骨のズイまで知らなければなりません。

というか、知らなかければほぼ稼げないと言っても過言ではないでしょう。

 

今回は、ネットビジネスの根幹でもあるマインドセットである『ギブアンドテイクの本当の意味』について、わかりやすく解説していきます。

ギブアンドテイクの本当の意味を知れば、あなたが情報発信ビジネスを行なう時に中途半端な失敗をすることなく、うまくビジネスを軌道に乗せることができるはずです。

では早速、話を進めていきましょう。

ネットビジネスで情報発信する人へ

最強のGIVE

「ネットビジネスで自分のノウハウを売りたい」

「インターネットを使って何か情報発信したい」

これから益々このような人が増えてくるでしょう。

 

もちろん彼らの多くは、それを個人のビジネスとして情報を価値提供する代わりにお金を頂くという形で情報発信していくことになります。

ただ、個人で情報発信をすると言っても、ネットビジネスの歴史は浅いので、最初はどうすれば良いのかわかりません。だから皆、情報発信ビジネスをするためのノウハウを手に入れて、個人で勉強したりメンターから指導を受けたりしながら、それぞれの情報発信を進めていくことになるでしょう。

 

そして、ここでいつもの分かれ道があります。

 

法則通りにやる

自己流でやる

 

情報発信ビジネスに進む人の多くは、アフィリエイト、物販ビジネス、即金ビジネスなどで実績を上げているので「なにをいまさら」と思うかもしれません。

しかしながら、情報発信ビジネスの段階に入ってから、急に自己流に走る人が後を絶ちません。

 

皆、自分は大丈夫と思っています。

 

きっとあなたも「自分は自己流なんかでやらないよ」と思っているかもしれません。

私はその心意気を信じていますが、情報発信ビジネスはこれまでの実績作りに比べ、仕組み作りに時間を要します。

つまり、以前とはノウハウが変わっているのに、この段階に至った瞬間に気持ちをリセットできていないから、何をするにも以前のノウハウがベースになって歯車が噛み合わなくなってくるのです。

 

これは私の体験談でもあり、周りの人たちを見ていても同様の失敗をしています。

実際、この問題を解決するのは簡単でした。

これまで自分が築いた実績やノウハウを、一旦全てリセットするだけで良かったのです。

初心忘れるべからずで情報発信ビジネスに挑めば良いだけなのに、前のステージで築いた実績ややり方が手放せずに自己流でやってしまうのです。

 

情報発信ビジネスを教えている人は皆、口をすっぱくして言っています。

 

 

「ルール通りにやってください」

 

 

聞いたことありますよね?

でも、すっかり初心を忘れてるから、ルール通りにやらないんです。

そういう人たちは何を考えているかというと、「高額塾に入っているから何とかなるだろう」といった感じだったりします。

 

問題なのは『自覚がない』ところです。

自覚がないけどルール通りやってないから、途中で「あれ?これなんかおかしいな…」と感じ始めます。

するとだんだんとモチベーションが下がっていき、途中で離脱していくようになります。

 

これは成功法則よりも手堅い法則です(笑)

マジで多いので気をつけてください。

ギブアンドテイクの意味とは?

ギブアンドテイクの本当の意味

ネットビジネスで情報発信する時、多くの人はルール通りにやらないと話しました。

 

ではそのルールとは何ぞやっていうと、

ギブアンドテイクを知る

ということです。

 

情報発信ビジネスでうまくいかない人のほとんどは、このギブアンドテイクの意味がわかっていません。

今あなたの頭の中には「先に人に何かを与えることで、自分のところにも何かが返ってくるっていう意味でしょ」と考えているでしょう。

もちろんそれで正解です。

しかし、頭で知っていることと、実際に実践する時とではそこにギャップがあるものです。

 

多くの人は、1万円分の価値を提供したら1万円の報酬が返ってくると考えます。

しかし、ビジネスの世界ではそんな算数で物事を考えていてはうまくいきません。

 

たとえばネットビジネスの世界では、1万円の報酬を得たかったら10万円分の価値を提供しなければならないのです。

 

「そんなことをしたらマイナスじゃないか!」

そうお怒りになるかもしれませんが、もう少し話を聞いてください。

 

ネットビジネスで情報発信をするということは、そのノウハウはコピーができるので元手がかかりません。つまり原価がほとんど要らないのです(というかゼロです)。

つまり、その情報を10人に売れば10万円。

100人に売れば100万円。

1000人に売れば1000万円

1万人に売れば1億円の収入になります。

 

情報発信ビジネスで成功できない人は、1万円の『TAKE』のために10万円の『GIVE』ができない人です。

「なんで1万円の報酬のために10倍の努力をしなくちゃならないんだ!」と考えるのです。

 

でも安心してください。

それが普通ですから。

普通ということは、皆そう思っているということです。

 

でもよく考えてみてください。

皆がそう思っているということは、あなたが今ここで10倍がんばったら凄いTAKEが返ってくることになりますよね?

なんだったら100倍がんばってもいいんじゃないでしょうか?

 

どうなるかは想像にお任せします。

ネットビジネスで情報発信を成功させるコツ

ネットビジネスで情報発信を成功させるコツ

ネットビジネスで情報発信をする時は、ギブアンドテイクの意味を知ることが大切だと話しました。

ネットビジネスのレバレッジ(てこの作用)を考えれば至極当たり前のことですが、情報発信ビジネス実践者の多くは自分の実績を作ったノウハウをベースにするから、自分が損をしているような気になるのです。

 

これから月収100万円とか月収1000万円稼ごうという人たちが、小さな枠に縛られて身動きが取れなくなっているのは、いつまでも自分に必要のない知恵を握りしめているからです。

少したとえが悪いのですが、壺から手が抜けずにそこから動けなくなるサルのようなイメージです。

 

あなたのことではありませんよ。

だってあなたはこの話を聞いて、どうすれば良いのかわかっているはずですからね。

ネットビジネスで稼げない人

ギブアンドテイクの意味を知ったあなたは、常に与える側に回ればいいだけのことです。

そして与える覚悟を持ったあなたに、ネットビジネスで情報発信を成功させるコツをお教えしましょう。

 

それは、

見返りを求めない

ということ。

 

これが成功のコツです。

本当は説明などなくても、ただ与えることに徹するだけでうまくいきます。

でも、それじゃあ私が与えていることになりません(笑)

 

情報発信ビジネスをする時、なぜ見返りを求めてはいけないのかというと、与えてもらった相手からすると恩着せがましい感じがするからです。

「10万円分の情報商材を1万で売ってますよ!」と言われたら、与えられた方は興ざめします。

逆の立場で考えるとよくわかります。

「はいはい、わかったわかった。価値があるかどうかは自分で決めるから」というのが本音だからです。

 

逆に、もしもその商材に余計な情報をつけずに提供したら、すごいサプライズ感があります。

お正月に1万円の福袋を買って、10万円分の商品が詰め込まれていたらテンションが上がりますよね。

あれと同じです。

 

さらにできる人は

「今のあなたに役に立つんじゃないかと思ってね。これ、色んな人から評判良いって言われてるものなんだけど使ってみて」

と一言添えます。

 

それでその商材に価格以上の価値を感じてくれたらヤバいですよね。

 

抱かれてもいい

と思うかもしれません。

 

要するに見返りを求めないことで、理想的なギブアンドテイクの関係性を築くことができるということですね。

与える人の理不尽な宿命

与える人の理不尽な宿命に負けない人

最後にもうひとつだけ、与える人の宿命について話をしておきましょう。

 

あなたがGIVEできる人になると、なぜか悪口や文句を言われるようになります。

非常に理不尽な話ですが、世の中には、とにかく目立っている人や有名になりそうな人を叩きたいという謎の使命感を持った人がいます。

 

でも安心してください。

どの世界においても、叩く人より叩かれる人の方がお金を稼いでいるからです。

 

つまり、人からバッシングを受けるレベルになってくると、あなたが成功する環境が整ってきたと考えることができるということですね。

このようなバッシングは、飛行機が離陸する時の空気抵抗のようなものです。そこでさらに勢いをつけると、フワッと宙に浮かんで快適な空間へと移り変わっていくのです。

 

実際、悪口や文句を言う人は放っておいて問題ありません。

クレームをつける人が出てきたということは、潜在的にあなたの評価が高まってきている証です。

人間というのはいとも簡単に苦情を送ってきますが、誰かを褒めるためにメッセージをわざわざ送る人はいませんよね。つまり、クレームが1人出てくる度に、それ以上に潜在的なファンがいるということも十分に考えられるわけです。

バッシングが生まれるということは、あなたの影響力がかなり強まってきているということですね。

まとめ

インターネットで最強のGIVEをするGoogle

今回は、ネットビジネスにおけるギブアンドテイク(GIVE  & TAKE)について話をしました。

ここがわかっていないと、情報発信がうまくいかない理由が理解いただけたのではないでしょうか?

 

そして、今後あなたが情報発信ビジネスを始める時、無料で与えるコンテンツ集を作ることがあるかもしれません。

 

その時は相手に、

「え?これ無料でいいの?」

と思ってもらえるものを作るといいですね。

 

お返しをしないと気持ち悪いと思わせるものを作れば及第点。

「この人ヤバい!」と思わせたら100点満点です。

 

それがネットビジネスのギブアンドテイクの本当の意味です。

そして、この話が理解できる人は情報発信で稼げます。

必要なのは自分の労力だけ。

 

こんな素晴らしいビジネスは他にはない、ということですね。