今回は、分け与えることをためらうな!という話です。

 

ネットビジネスで教える側に回った時は、出し惜しみなくノウハウを伝えなければなりません。

そうしなければ、あなたの成功がそこで終わるからです。

 

これからとても大切なことをあなたに伝えようと思います。

あなたが使い切った知恵について

分け与えること

世の中には不思議な事が沢山起こります。

その中のひとつに『調整の法則』というものがあります。

 

たとえば、自分がビジネスで成功したとします。その人は、きっと自分がビジネスで成功する方法を知っています。

そして、もしもあなたがアフィリエイトを実践し、毎月10万円の収益を上げていたとします。おそらくあなたも、アフィリエイトで月に10万円を稼ぐ方法を知っているはずです。

 

ではこのふたりは、これから何をすれば豊かで幸せになれるでしょうか?

 

その答えはずばり

自分の知っていることを人に教える

ということです。

 

自分が持っている知恵を人に分け与えることで、さらに成功することが可能になります。

むしろ、自分の知恵をずっと独り占めにしていると、いつか必ず失敗することになります。

そしてそれが『調整の法則』です。

 

ビジネスで成功する方法や、アフィリエイトで月10万円稼ぐための知恵というのは、自分が使い切ってしまった知恵のこと。

この先の自分には何の役にも立ちません

 

自分の中でこれ以上必要ない知恵を握り続けていると、次に必要な知恵を得るための手が空いていないことになるので、次に進むこともできなくなります。

それだけなら良いのですが、自分の持っている知恵を与えられない人は、なぜかその後に行き詰まることになってしまうのです。

ケチくさい人間は成功できません

ケチくさくない生き方

自分の使い切った知恵を伝えないと、なぜ失敗するのかを説明する前に、先に知っておいて欲しい当たり前の事実を確認しておきましょう。

 

ケチくさい人間は成功できない

 

というより、ケチくさい人間がうっかり成功してしまうと、周囲から反感を買って必ず不幸になるので成功してはいけないのです。

ここで話す成功とは『お金を稼ぐ』ということです。

ケチくさい人間というのは器が小さい人間のことなので、お金を稼いで自分の取り巻くエネルギーが大きくなってくると、そのエネルギーを受け止められなくなって人生がメチャクチャになってしまいます。

 

時々、宝くじで3億円とか当たる人がいますが、3億円というお金が持つエネルギーは相当大きいので、そのエネルギーが外に漏れ出した時、色んな人がそのお金のパワーに引き寄せられてきます。

その時にそのお金の主の器が小さいと、「アイツにあんな大金は相応しくない」と思う人が出てきて、様々なトラブルを引き起こすことになるのです。

 

実際、宝くじが当たったがために命を落とした人は世界中に数多くいます。

ネットビジネスも、副業ながら平均的サラリーマンの月収を軽く超えてしまうことがあります。深く知ればわかることですが、中には月収100万円とか月収1000万円クラスの人も珍しいことではありません。

 

もしも彼らが「自分だけが金を稼げればいいさ」と思っていたら、誰でも何かしらの負の感情を抱くはずです。

そのことを知人や友人、あるいはその富を築くために犠牲になった人たちが知ったとしたら、きっとその人たちに良くないことが起きてしまうでしょう。

 

誤解してほしくないのですが、ネットビジネスがこうして成り立っているのは、ケチくさい人間が成功できないように先人たちがきちんと伝えてくれているからです。

私がこれまで教わってきたメンターたちも、自分たちの知恵を出し惜しみなく伝えきてくれました。

そして今でも、人に感謝されながら成功の道を仲間たちと進んでいます。

 

話を戻すと、ケチくさい人間は成功しない方がその人のためだということですね。

いくらお金を稼ぐことができても、それで不幸になっては意味がありませんから。

 

自分にとって使いみちのない知恵を人に教えないというのは、自分は「ケチな人間だ」ということを潜在意識に送っているのと同じです。

アフィリエイトで月10万円稼ぐことができる人は、もうその知恵は自分にとって必要ないのです。

 

その人が知りたいのは、月50万円とか月100万円稼ぐ方法です。

月50万円や月100万円稼ぐ方法は、たとえ同じアフィリエイトだとしても月10万円稼ぐ方法とはやりかたが違うので、その人にとって月10万円稼ぐ方法はもう必要ありません。

 

必要のない知恵なので、ノウハウとしてクライアント、コンサル生、セミナー受講生に出し惜しみなく伝えても、全然問題ないということですね。

出し惜しみなくノウハウを伝えると…

分け与えると返ってくる

出し惜しみなくノウハウを伝えていると、何か自分に見返りはあるのでしょうか?

 

実は…

大アリです。

 

たとえば、アフィリエイトでまだ月1000円しか稼げない人にそのノウハウを出し惜しみなく教え、その人ががんばって月10万円稼げるようになったとします。

すると、その人は1年間で12,000円しか稼げなかったのに、年120万円稼げるようになります。つまり前年に比べて、約100万円以上の利益が上がることになります。

アフィリエイトで月に1000円しか稼げなかった人が、年間120万円の利益を出せるようになると大喜びしますが、その知恵を渡した人にはその3倍の見返りがやってくるのです。

 

これも『調整の法則』です。

不思議な話のように思うかもしれませんが、ネットビジネスでは当たり前のように起こっていることです(ちなみに3倍どころの話じゃないですけど)。

 

ネットビジネスの仕組みをよくわかっていない人が、自分の知恵をそのまま誰にも教えなければ利益を独り占めできると勘違いしてますが、これははっきり言ってオススメできません。

何も教えなければ自分がお山の大将でいられるというのは、非常に浅はかだと言わざるを得ないからです。

 

「そうやって私から情報を引き出そうとしてるんじゃないの?」

そう考える人もいるかもしれませんが、その思考が『ケチくさい』のです。

周りを見てもわかるように、そういう人は経済的に貧しいか不幸そうなオーラを漂わせているものです。

 

ネットビジネスは情報が回るのが早いので、いつまでも自分だけが儲けようと考える人は早い段階で没落していきます。

特にネットビジネスで実績を上げて情報発信をする人は、自分の持っている情報を新鮮なうちにどんどん開示して仲間に分け与えるようにしていきましょう。

すると、分け与えた価値以上のものが、違うところから見返りとなってあなたの元へやってくるようになりますよ。

分け与えることをためらわない

分け与えることをためらわない

成功者ほど分け与えることを大切にしています。

アンパンマンのように、お腹が空いている人に自分の体の一部を分け与えることをためらわないのです。

 

どの世界でも億万長者は必ず、自分が受け取った額の十パーセント前後は寄付に回すそうです。

貧しい人は「節税対策だ」とか言っちゃうんですが、節税対策だろうがなんだろうが彼らは世の中に貢献した対価としてお金を受取り、さらにそこから寄付をしているのだから文句を言うのはちょっとおかしいのです。

 

貧しい考えは貧しさを生み出します

分け与えようと思うほど豊かな考えを持てば、かならずその人となりの豊かさを手に入れることになるのです。

 

誰かの犠牲の上にある成功は長続きしません。

大体、世界中の人たちがインターネットで情報をシェアできる時代に、自分だけが富んで他の人が貧しくなるようなビジネスをしていたら、たちまち悪い噂が広まります。

そんな商品を、一体誰が購入するというのでしょうか?

 

これから益々成功を分かち合う世の中になっていきます。

自分と関わった人が幸せになり、善のスパイラルを起こしていかないと、ネットビジネスで大きなお金のエネルギーが入ってきた時に、遅かれ早かれ大変な目に遭うことになるでしょう。

それでは本末転倒です。

 

なぜ要らなくなった知恵を渡すとその人が豊かになり、知恵を独り占めすると大変な目に遭うのでしょうか?

それは、そうしなければ世の中の調整が取れなくなってしまうからです。

 

調整の法則に知る知らないは関係ありません。

分け与える者は富み、出し惜しみしている者は結局富を手放すことになるのです。

 

自分が良ければ全て良し言わんばかりに成功の梯子(はしご)を上っていく人は、いつかその梯子を外されて落っこちることになるでしょう。

成功したいと願うなら、すぐに梯子を上るのではなく、一旦、梯子を下りてください。そして、自分がいた場所の人たちの梯子を作る手伝いをするのです。

そうすれば自分の居た場所に揺るぎない基盤ができあがり、ピラミッドのように盤石な成功の階段を築くことができるでしょう。

 

あなたも決して富を独り占めするのではなく、分け与えていくことをためらわず、善のスパイラルを起こしていってくださいね。