今回は、目標を紙に書くことや願望を口にすることで夢を実現させる、というテーマで話をします。

 

何か叶えたい夢や達成させたい目標を持っている人なら、すでに目標を紙に書いたり願望を口にするということをやっているかもしれません。

これって何かというと、潜在意識に願望が実現するように働きかけてるということ。

 

「それだけで夢や願いが叶うなら苦労は要らない」と思うかもしれません。

たしかに少し非科学的なイメージがありますが、世の成功者は意外とこういったことををバカにせずにやっていたりするものです。

 

これから、成功者たちが夢を実現させるために実践している『目標を紙に書く』『願望を口にする』という2つの習慣について、できるだけわかりやすく解説していきたいと思います。

成功者だけが行う秘密の習慣

成功者の習慣

「目標を紙に書いたら実現した」

「願望を口にしていたら夢が叶った」

これらの言葉を聞いて、あなたはこの話を信じるでしょうか?

 

かなり胡散臭いですよね。

「目標を紙に書いたり、願望を口にしたりしただけで夢が実現したら、それこそ世の中成功者だらけだわ!」

なんて思うのが普通です。

その考え方のほうがよっぽど頷ける話ですから。

 

ところで私も、自分の目標を紙に書いたり、願望を繰り返し口にしたりしています。

脱サラしてネットビジネスを始める時、どうしても成功させたかったので成功の足しになるようなことはなんでもやってやろうと思っていました。

これまでは「強く念じているだけでも願望は達成する」というのが持論だったのですが、目標を紙に書き、願望を口にするといったことも、藁にもすがる思いで実践するようにしたのです。

すでにその中のいくつかの願望は達成しているので、これらの習慣は案外バカにできないと思っています。

 

サラリーマン時代に受けたセミナーで松下政経塾のある議員さんが言っていたのですが、自分の手帳に夢や願望を書いている人は人口の5%もいないとのこと。

たしかにサラリーマン時代の交友関係を振り返ってみると、夢や願望を手帳やノートに書いているという話はほとんど聞いたことがありません。

しかし、ネットビジネスを始めて成功者の話を聞く機会が増えてからは、成功者はこのような習慣をバカにせずにちゃんと実践している現実があることを知りました。

 

たとえば、野球のイチロー、大谷翔平、サッカーの本田圭佑、長谷部誠などのトップアスリートたちも、夢を実現するために「目標を紙に書く」ことを活用していたそうです。

ではなぜ、そのような習慣が成功の追い風となるのか、その仕組みについてこれから見ていきましょう。

引き寄せの法則の真実

引き寄せの法則の真実

「目標を紙に書いたら実現する」

「思えば叶う」

「願望を口にすると引き寄せられる」

 

これらは俗にいう『引き寄せの法則』と呼ばれるものです。

潜在意識に働きかけを行うことで、自分の願望を実現させるというものですね。

 

ただ、引き寄せの法則をやってみたけど、正直あまり効果がなかったという人は大勢います。

そういう人たちにはある共通した特徴があります。

それは『行動してない』ということ。

 

引き寄せの法則の本を読んだり、願望を潜在意識に刷り込ませたりすることには一生懸命になるけど、実際に願望を実現するための行動はしていなかったりします。

少し言葉は悪いかもしれませんが、ただ祈っていれば白馬の王子様が現れると考えているだけの人ばかりなのです。

 

引き寄せの法則はあくまでもサブです。

メインは行動に置くべきであって、引き寄せの法則や願掛けなどの類いはそのスキマ時間で行うくらいで十分なのです。

たとえば寝る前とか朝起きた時、お風呂に入ってる時、移動時間などにするものです。

 

「引き寄せの法則を一生懸命勉強してます」

このような事を言っている人は、それを研究して人に伝えるなら構いません。

しかし、家を建てたいとか海外で活躍したいという夢や願望があるのなら、できることからどんどん行動に移していくべきでしょう。

ずっと引き寄せの法則を勉強していてもしょうがない、ということですね。

 

引き寄せの法則って、本にすると非常に分厚いんですよね。

個人的には、引き寄せの法則のことで200ページも使うくらいだったら、最初の50ページで理論の説明だけ済ませて、残りの150ページは全部「行動しろ!」って太字で書いとけばいいと思うんですけど、ダメですかね?笑

 

冗談はさておき、延々と『願えば叶う』って書いてる本を読んでたら、願うことが行動だと勘違いすることもあるので注意しましょう。

目標を紙に書く

目標を紙に書く

少し前置きが長くなったのですが、引き寄せの法則だけを一生懸命やってても夢は叶わないということを前提に、目標を紙に書くことについてみていきましょう。

 

『目標を紙に書くことで成功する』

これは経営コンサルタントで有名な神田昌典氏が『非常識な成功法則』で語っていることです。

かなり有名な本なのでご存知の方もいると思いますが、神田昌典氏は著書で「成功するかしないかは、単純に自分の夢・目標・願望を紙に書くか書かないでしかない」と言っています。

 

なぜなら目標をちゃんと紙に書いておくことで、脳が高精度なアンテナを張って、目標の実現に必要な情報を収集しはじめるからです。

これは私たちが普段活用していない脳の95%以上の部分、潜在能力の驚異的な能力です。

 

私たちは潜在意識に自分の目標や願望や夢をインプットすることで、文字通りそれらを引き寄せる現象を起こすことができます。

潜在意識は眠っている間も活動するので、インプットされた目標を達成するためのプログラムを処理し続けた結果、現実世界で必要なものを引き寄せるために私たちの意識をうまくコントロールしてくれるということですね。

 

最近では脳科学の研究も積極的に行われており、このような潜在意識の働きが科学的に証明されるようになりました。

もちろんそれ以前にも、世の成功者たちは必ず潜在意識の力を活用していたという事実が明らかになっていますし、今は成功を目指すために必ず目標設定をするのが当たり前になっています。

そして、彼らがその目標設定を頭の中に入れたままにしているか、ちゃんと紙か何かに書き残しているかを考えれば『99%きちんと紙に書いている』ということになります。

 

願望や目標を紙に書く時はちょっとしたコツがあります。

 

それは

 

 やりたくないことを先に書く

 

ということです。

 

多くの人が失敗するのが、自分の願望の中に『世間体』『家族からの期待』『友人・知人の常識』などが混じっていること。

先にやりたくないことを紙にできるだけ沢山書いておくことで、自分が本当にやりたいことが明確化されます。

とにかく自分の嫌なこと、ストレスを感じることなどを思いつくままに書いていって、自分の願望や目標と照らし合わせることで、本質的な部分に気づくようになるでしょう。

 

そしてもうひとつ

 

 未来完了形で書く

 

ということ。

 

つまり、「◯◯したい」とか「◯◯になりたい」とかではなく、「◯◯している」とか「◯◯になっている」といった感じですね。

ぜひ、この2つのポイントを守って、自分の願望を明確化した上で目標を紙に書くといいでしょう。

願望を口にする

願望を口にする

人間は本質的にネガティブなので、プラスの言葉を自分に投げかけることでモチベーションを維持させてり、やる気を引き出したりすることができます。

そして願望を口にするというのも、潜在意識に働きかけを行うのに有効です。

人は同じ言葉を繰り返されると、いつの間にかそれを信じ込み、無意識に行動を合わせようとする傾向があるからです。

 

これはマーケティングでもよく使われている手法で、ある音や言葉がトリガーとなって、反射的にあることやものを思い出してしまうというもの。

たとえば、ヨドバシカメラなどに入っているCOMME CA(コムサ)では、常に店内でビートルズがかかっています。

あれは、よくCOMME CAを利用するお客さんなんかが、違う場所でビートルズの曲を聴くと、なんとなくCOMME CAを思い出してまた足を運んでくれるだろうという狙いがあるからです。

 

願望を口にするのも同じです。

口癖にするくらい何度も願望を口に出して言っていると、無意識にそのワードが刷り込まれて、潜在意識が自分の必要な情報に意識が行くようにコントロールしてくれるようになるのです。

まとめ

成功は行動が大前提

今回は、目標を紙に書くことや願望を口にすることで夢は実現するのか?というテーマで話をしていきましたが、これは『実現する』ということですね。

但し、メインは行動することで、それら引き寄せの習慣はあくまでもサブであることが前提です。

 

引き寄せの法則は非常に魅力的です。

一説によると「20世紀最大の発見」とも言われているくらいですから。

つまり、それくらい潜在意識の力は凄いということなので、目標を紙に書くことや願望を口にすることくらいはスキマ時間を使って実践することをおすすめします。

 

ただ、そこばかりに目を向けて行動しないのは”絶対にダメ”です。

成功は行動大前提なので、そこが本末転倒にならないように注意しましょう。

むしろ正しい方向を向いてガンガン行動していたら、勝手に自分に必要なものを引き寄せてくれるものですよ。