今回は、ネットビジネスも準備が8割ということで、危険性とリスクマネジメントについて話をします。

 

ネットビジネスは「危険」や「リスク」があると言われることがあります。

ネットビジネスの危険性については、そのビジネスモデルを取り扱う販売者によるところが大きいので一概には言えません。

ただ今回の話については、アフィリエイトや情報発信といったまともなネットビジネスをイメージしていただければと思います。

 

それとは別に、ネットビジネスを始めるに至り、その過程で不測の事態が起こることはあります。

といっても、多額の借金を背負うとかそういうことではありません。

想定していたよりもうまくいかないことがあったり、パソコンやサーバーの調子が悪くなったりとかそういうことです。

そんな時、しっかりとリスクマネジメントしているかどうかで明暗が分かれます

 

よく「仕事は準備が8割」と言われますが、ネットビジネスも同様です。

これからネットビジネスに起こり得る危険を回避するために、準備段階でどのような心構えを持てばいいのかについてくわしく解説していきましょう。

ネットビジネスは準備が8割

ネットビジネスは準備が8割

結果というのは準備で決まります。

いい加減に始める人は、いい加減な結果に終わることが多く、準備を怠らない人は、しっかりと結果を出すものです。

よく「仕事は準備が8割」と言われますが、事前の準備やプランニングを行うことで、その後の経過はかなりスムーズになることは事実です。

ネットビジネスも同様に、成功するなら準備は8割の覚悟で臨んでください

 

メジャーリーガーのイチロー選手は完璧な準備を行うことでも有名です。

イチロー選手の準備の美学として、次のような言葉があります。

「ようするに”準備”というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、そのために考えうるすべてのことをこなしていく、ということですね」

引用元:『イチロー流 準備の極意』児玉光雄著

正に準備の真髄といった感じですが、私たちも本番前にできるかぎりのネガティブな要素を排除していく姿勢が大切です。

 

以前、ご縁があってアフィリエイトのセミナー講師をさせてもらった時も、はじめて大勢の前で話す機会だったにもかかわらず、入念な準備をしたおかげで問題なく最後までやり遂げることができました。

アフィリエイトの知識はそれなりにあるのですが、いきなり準備なしで何か話してくだだいと言われたらきっと血の気が引いていただろうと思います。

 

私が準備を大切にするようになったのは、看板を作る仕事をしていた若い頃の経験があったからです。

事務所で作った看板を一旦解体し、現場に運んでから、また組み立てるということをやっていました。

遠方に足を運んで現場作業をすることが多かったのですが、最初の頃は準備を怠って何度か解体した部品を忘れてしまったことがあったのです。

完全に自分のミスなのですが、ひとりで車を飛ばして事務所まで取りに帰るということを繰り返し、かなり大変な目に遭ったので、その時に「仕事は準備が8割」ということを体で学びました。

 

いまネットビジネスをやっていますが、やはりネットビジネスも準備が8割だと痛感しています。

もちろん最初から良いコンテンツやサイトを作ることができませんが、思考停止で準備もせずにうまくいくほどこの世界は甘くはありません。

特にパソコン周りのトラブルは頻繁に起きるので、バックアップをとったりメンテナンスを行ったりすることは必須だということですね。

ネットビジネスの危険性について

ネットビジネスの危険性

ネットビジネスの危険性というと大げさですが、その内容にも色々なケースが考えられます。

その中でも回避したいリスクが以下の3点。

 

情報商材詐欺に遭う

データの損失

成果が伴わない

 

大体この3つが、ネットビジネス初心者がすべきリスクマネジメントということですね。

これらのリスクを回避するためには『基本的な情報のインプット』がメインになります。

 

余談ですが、ネットビジネスがいまだに危険だと言ってしまうのは、明らかに情報不足です。

これからますます人力の雇用がコンピューターに奪われていくというのに、インターネットを使ったビジネスが危険だとかリスクが高いというのは、余程悪い先入観に侵されているか、この業界のことをよく知りもしない情報弱者かのどちらかです。

 

情報弱者という言葉は『社畜』同様にキツイ表現なので、ひょっとしたら「カチン」とくる人もいるかもしれません。

 

ただ、ネットビジネスで稼ぎたいと思うのであれば、インターネットを利益を享受している人は情報”強者”側に回る賢さを身につける必要があります。

当たり前ですが、インターネットを使って架空請求やスパムを送りつける人間になれという意味ではなく、ネットビジネスでお金を作る仕組みをしっかりと学んでくださいということです。

 

この場合、自分のことを情報弱者だと認める人の方が稼げる傾向にあります。

中途半端な人は、よくわからないセールスレターの商材にコロッと騙されたりして、「やっぱりネットビジネスは危険だ」とか言ってしまうので注意をしましょう。

 

私が正にそうですが、自分が情報弱者だと認めて準備(判断すること)に時間をかけるようになってからは、怪しげな商材にうっかり手を出すことがなくなりました。

過去にはサポートを謳いながらサポートの「サ」の字もないようなノウハウを購入して、怒りのメールを販売者に何度も送ってストレスを溜めたこともあります。

ですが、今思えばよく調べもせずに手を出した私が100%悪いのです。

 

そういう思いを持っておくと、自ずとデータ管理もしっかりと行えるようになりますし、成果が上がらないときの対処もうまくできるようになるでしょう。

 

なんにせよ、ネットビジネスの危険を回避するためには、自分が情報弱者だと認め、一歩踏み出す前にしっかり情報を集めるなどの準備をすることが大切です。

そうすれば、少なくとも詐欺まがいの商材や塾に引っかかることはなくなるでしょう。

ネットビジネスのリスクマネジメント

ネットビジネスのリスクマネジメント

ネットビジネスを始める時は、ポジティブな結果を想像するものです。

たとえば、月収100万円を毎月稼げるようになったら良い時計を買おうとか、欲しかった車を買おうとか、旅行に行こうとか、恋人と美味しいものを食べに行こうとか、色々な嬉しいことや楽しいことを想像します。

そして漠然と作業の計画を立て、自分で描いた簡易な地図で船出をします。

 

ネットビジネスで成功するためにはいくつか重要なコツがあるのですが、その中でも特に大切なことをお教えしましょう。

 

それは、

不測の事態は何時でも起こる

ということです。

 

人間というのは、基本的に作業にかかる時間を甘く見積もる傾向があります

これを心理学用語で『計画錯誤』と呼び、その理由については諸説あるのですが、とにかく人間は計画したことよりも予定を過ぎてしまうのが普通だということですね。

 

ただ、ときどきはうまくいきます。

ですが、そのほとんどは計画通りに進むことはありません。

あなたも経験があるかもしれませんが、一時限のあいだに授業を終わりきれなかった先生などは、典型的な計画錯誤と言えるでしょう。

 

人は希望的観測で予定を立てるので、不測の事態が起こると動揺して冷静さを欠いてしまいます。

場合によってはそこで計画が崩れてしまい、挫折を味わうことになるかもしれません。

 

ネットビジネスはインターネット上に自分のコンテンツをアップし続けて、資産となるものを構築していかなければなりません。ある意味長期的な作業を行う必要があるのです。

当然、計画を立てて、そのひとつひとつをクリアにしていくことが大切だということですね。

それがあまりにも希望的観測すぎる計画だと、想定外のことで時間がかかった時に修正が利かなくなってしまいます

そうすると、どんどんタスクが積み上がっていき、テンヤワンヤ状態になってしまうでしょう。

 

ネットビジネスのリスクというのは、つまり『挫折』することに他なりません。

想定外のことが起こりやる気が挫かれてしまい、その後のリカバリーが利かなくなるということですね。

 

たとえばトレンドアフィリエイトの場合だと、ある日突然Googleの手動ペナルティを受けてサイトが飛んでしまうことがあります。

月収10万円稼ぐサイトが飛べば結構ショックを受けるのですが、事前に知識があればこれは想定の範囲内なので焦らずに対処することができるでしょう。

 

「こんなものは織り込み済みだ」くらいに思っておくと、案外ヘッチャラだったりします

というのも、本当に稼ぐパワーサイトや仕組み化ができたネット資産を考えれば、トレンドサイトが飛ばされたくらいは成功の階段のワンステップにすぎないことがわかるからです。

ネットビジネス8割の準備の正体

マインドセットは柔道の受け身

ここまで、ネットビジネスも8割の準備が大切と口をすっぱくして言ってきましたが、実際その8割の準備の正体というのは『マインド』のことです。

もちろん物理的な準備もそうですが、精神面においても準備が大切です。

 

なぜなら誰もやってくる苦難を予測できないからです。

私たちにできることは、不測の事態が起こることを知る、それだけです。

だからこそ、準備と計画には全力を注がなければなりません。

 

心の準備はマインドセットを学ぶことで完璧にカバーできます。

マインドセットは柔道の受け身のようなもので、そもそも受け身を学ばずに柔道をマスターしようとする人間がいないように絶対的に必要なものです。

 

どんな柔道の有段者でも、受け身の練習は毎回行います。習慣づけることで、頭で考えなくても自然と身体が覚えるからです。

マインドセットも繰り返し学習することで、精神的リスクを回避する考え方ができるようになってきます。

さらにネットビジネスの本質もわかってくるので、ノウハウを見極めたりデータの管理も上手になるでしょう。

 

そして、常に心のなかで次の5つを問いかけてみてください。

 

  1. このネットビジネスにはどんなリスクがあるか?
  2. 最悪の場合、どんなことになり得るか?
  3. 周囲の人にどんな影響を及ぼしてしまうか?
  4. そのリスクはどれくらいの経済的負担になるか?
  5. リスクを減らすためにどんな投資ができるか?

 

上記の5つの問いは、ネットビジネスを行う上でのリスクマネジメントになります。

どんな計画も思い通りにはいきません。

マインドセットを学ぶということは、そんな当たり前のことを知りながら、ブレない心を育てるということですね。

 

 

今回は、ネットビジネスの危険性とリスクマネジメントの基礎についてみていきました。

あらゆる面において『不測の事態は起こる』ということを意識しておけば、色んな角度から自分の計画を見ることができるようになり、結果的に成功率が上がるようになります。

そのためには、常に8割の準備を心がけるようにするといいでしょう。

 

あとの2割はやる気です。

8割の準備は残り2割のやる気で活かされるので、しっかりと準備をした上で成功の階段を駆け上っていきたいものですね。