今回は、過小評価と過大評価の受け止め方について話をします。

 

ネットビジネスでは「月にいくら稼いだ」とか「年にどれだけ収入ががあった」と、実績をアピールする機会がよくあります。

多くの人はその実績を見て、ノウハウの購入や指導を受けることを決めたりたりするので、私たちも情報発信を前提に実績作りに情熱を傾けることがあります。

 

もちろん、実力がそのまま実績につながれば良いのですが、実力があるのに実績があまり出なかったり、実力がないのに実績が出てしまったりするケースも多々あります。

そうすると前者は過小評価され、後者は過大評価されることになります。

しかし、過小評価された人は長い目で考えるとファンが付きやすく、過大評価された人は長い目で見ると精神的に辛くなってくるのです。

 

これから、過小評価と過大評価の受け止め方について、詳しく解説していきたいと思います。

過大評価されると辛くなる理由

過大評価のイメージ

ネットビジネスを実践していると、予想していた以上に収益が上がってしまうことがあります。

たとえば、月収10万円を目指してアフィリエイトをがんばっていたら、月収50万円という嬉しい結果が出てしまったとか、月収100万円を目指して情報発信をがんばっていたら、月収600万円という驚きの結果が出てしまったとか…。

 

ネットビジネスの世界ではレバレッジが効くので、このようなことは決してめずらしくありません。

当然、周りの人からは賞賛されることになるでしょう。

ただ、それがそのまま実績を出した人の実力であれば良いのですが、予想していた収益の数倍以上の結果が出てしまった時は、過大評価されてしまう可能性が高いので注意が必要です。

その実績がそのまま自分の実力だと勘違いしてしまえば、後々精神的に辛くなることもあるからです。

 

冒頭でも話したように、人はまず実力よりも実績の方に目が行きます。

特に短期間で高実績を上げた場合、その人に才能や実力があったからこのような実績が付いてきたのだと勝手に関連付けてくれます。

それは決して悪いことではないのですが、そのために一時的に周りからチヤホヤされてしまい、傲慢になって天狗になることがあります。

 

では実際のところ、その高実績がずっと続くかというと…。

そんなことはありません

過大評価の経験談

過大評価の失敗談

残念ながら、私のトレンドアフィリエイトの実績もそうです。

2016年に立ち上げたサイトが3ヶ月目にして月収60万円というのは、今の私が見てもかなりの高実績です。これほどの短期間で月収60万円にもなるというのは、普通はあり得ないことです。

だから私はこの実績を「たまたま」だと思っています。

 

もちろん今は自分なりに分析をして、どういう理由で出た結果なのかは説明できるのですが、当時はそれがまぐれ当たりに過ぎないことをわかっていなかったのです。

 

実は少し天狗になりました。

 

天狗のイメージ

 

しかし、その後その鼻をへし折られることになったのです。

 

それからは謙虚に自分の勝因を自己分析し、実績に実力が追いつくようにトライアンドエラーを繰り返してきました。それから1年近く経ち、同じトレンドアフィリエイトで2017年4月5月で連続月収50万円を達成した時、ようやく実力が伴ってきたと安心できたのです。

 

私の場合は、傲慢になって天狗になる期間が短く、初期実績の段階の話なのでそれほどダメージは大きくなかったのが幸いしました。

もしもこれが情報発信の段階であれば、その傲慢さがコンサル生の方に向かって悪影響を及ぼしてかもしれません。

そんなことになってしまえば、本当に罪深いことになるでしょう。

 

話を戻しますと、早い段階で高い実績を出すと過大評価されてしまうことは避けられません。

特にネットビジネスはお金を稼ぎたいという人が集まるので、その人の持つ実績は名刺代わりになるからです。

もしもそこで天狗になってしまっては、実績に実力が追いつかなくなってしまうので、結局自分自身が辛くなってしまうのです。

過小評価はファンが付きやすい

過小評価はファンがつきやすい

逆に過小評価された時について、どのように受け止めれば良いのか見ていきましょう。

 

人は過小評価されると落ち込みます。

実力を認めてもらえないような気がするからです。

あるいは、実力があるのに低い実績しか出せなかったとき、つい自信を持てなくなってしまうからです。

 

結論から言うと、過小評価されたところで何も問題はありません

むしろネットビジネスにおいては、過小評価されるとファンが付きやすい傾向にあります。

なぜでしょうか?

まずはその理由についてこれからお話します。

過小評価されてもビジネスができる理由

過小評価されてもビジネスができる世界

今やネットビジネスのビジネスモデルは多岐にわたり、その広告手段がインターネットによるものです。

つまり、どれだけ実績・実力があって評判が良い人でも、すべてのシェアをカバーしきれないということ。

 

たとえばこれまでの広告媒体は、テレビ・ラジオ・雑誌・新聞など、ある程度限定されていたので、一極集中という現象がありました。

これは資本力があればあるほど、広告の力を利用して大衆を動かせたということです。

ただ、そんな時代もインターネットの普及により終わりを迎えようとしています。

 

これまでは資本力のある大企業や個人が強く、資本力の弱い企業や個人事業主は太刀打ちできない状態でした。

その大きな壁を打ち破ったのがインターネットです

つまり、テレビや新聞などのマスメディアからインターネットへと主体を移すことで、資本力で圧倒するマス広告ではなく、低予算でターゲットを絞った広告を打つことが可能となったということです。

 

これは世界中に大きな衝撃を与えました。

個人でもニッチなニーズを拾えるので、どんな人にでもビジネスチャンスが訪れるようになったのです。

 

ネットビジネスの場合、過小評価されても情報を発信し続ければ、必ずチャンスは訪れます。

たとえばあなたがネットビジネスで情報を集めている時、実績以上に実力のある人を見つけたらどう思うでしょうか?

 

その人は実力がありそうなのに、それほど認知されていません。

実績のわりに、なにか底知れない実力を感じるので、その理由や違和感を埋めるためにもっとその人のことを知ろうとするでしょう。すると、やはり実力を感じる…。

 

おそらくあなたは、その人のファンになるのではないでしょうか。

 

ネットビジネスはインターネットをプラットフォームとしたビジネスなので、過小評価されていても必ずチャンスが訪れるようになっています。

過小評価されている場合、少ないチャンスでもしっかりとモノにできるということですね。

過小評価された時の受け止め方

過小評価された時に迷いが晴れるイメージ

まず大切なのは、過小評価されても落ち込む必要はないということです。

先ほど、過大評価されると精神的に辛いという話をしましたが、過小評価された場合は、逆に精神的に楽だからです。

 

それに、実績が本来の実力を下回っている分、悔しくてがんばろうという気持ちが生まれるからです。

そしてくよくよせずに実直に実力を磨いていけば、その実力はどんどん揺るぎないものになっていきます。

 

ネットビジネスは何も凄い実績が必要というわけではなく、一定の実績さえ満たしておけば、ちゃんとあなたのところにも人が集まってくるようになっています。

その時も、人は実績を見て集まってくるわけですが、彼らがあなたに実績以上の実力を感じたら好印象を抱きます。

つまり、ファンになってもらいやすいのです。

 

過小評価された人は、むしろ喜んで良いということですね。

過大評価の本当の意味

過大評価されても謙虚な人

これまで過小評価と過大評価の優位性について話をしてきました。

人は過小評価されると辛いものですが、実は本当に辛くなるのは過大評価です。

過大評価された時、それを不安に感じる人は問題ありません。

しかし過大評価された時、天狗になって傲慢になってしまう人は、それが原因でビジネスが上手くいかなくなることもあるので気をつけるようにしましょう。

 

『謙虚』という言葉があります。

多くの人は、この『謙虚』という言葉を誤解しています。

たとえば、まだそれほど実力を培っていない人が「自分はまだまだ未熟ですよ」というのを謙虚だと思っている人が多いのですが、自信がない人が威張らないというのは『卑屈』なのです。

 

謙虚というは、自信満々に生きている人が威張らないことです。

要するに『実るほど頭を垂れる稲穂かな』という言葉が正しいのであって、実らない稲穂が頭を垂れるのはおかしいということですね。

 

これは累計納税額日本一である斎藤一人さんの本で学んだことですが、育つ稲は天に向かってグイグイ伸びていくものなので、謙虚になるのは実りをつけてからという意味だそうです。

 

今回は実績の捉え方について話をしてきましたが、最後にもうひとつ、弟子であり実業家である永松茂久さんと斎藤一人さんの会話を紹介しましょう。

斎藤一人
それはね、神様はご褒美を先にくれるってことなんだよ

 

永松茂久
先にくれる?

 

斎藤一人
そう。シゲちゃん(永松茂久)が店をやったときもそう。とりあえずオーナーになったけど、なった時はオーナーの実力なんかないんだよ。シゲちゃんみたいな実力不足でも、オーナーをやってごらんよって、しばらくの間は神様が持ち上げてくれる。

その間に一生懸命に実力をつけるんだよ。じゃないと落っこちるよ。落っこちても下に戻るだけと言うけど、そうじゃない。上から落っこった時は身体中バラバラになるほど傷つくんだよ。元に戻るんじゃなくて、大ケガをする

 

永松茂久
持ち上げられている間が勝負なんですね。

 

斎藤一人
そう。だから浮かれてなんかいられないよ。

神様が、『おまえ、店長になれ』『課長になれよ』『社長になってごらん』って言う時は、まだまだ実力がないんだ。

でも、しばらくは見守ってくれるからね。その間に実力をつけるんだよ

 

引用元:斎藤一人の道は開ける 永松茂久著

過大評価された時は、今まで以上に努力せよというサインです。

逆に過小評価された時も、その悔しさをバネにしてがんばれば、その実力が評価された時にファンが付きやすくなる利点があります。

 

どちらも本質を掴まなければ、うっかり思わぬ事態を引き起こしてしまうので注意が必要だということですね。

私たちは、喜びたい時に奢らず、チャンスに落ち込むことなく前に進んでいきましょう。