今回はネットビジネスで騙される人の話をします。

 

ネットビジネスで「騙された」とか「詐欺に遭った」という人は、はっきりいって目先の利益に飛びついてしまう人のことです。

基本的にそういう人は、お金持ちになる黄色の財布とか幸運の石を買う人ではありません。ひょっとすると、「自分はそんなバカではない」と考えてるかもしれませんね。

 

ただ『目先の利益に飛びついた』というところでは同じなのです。

 

これからネットビジネスで騙されないためのマインドセットについて、わかりやすく解説していきたいと思います。

ネットビジネスで騙される人とは?

ネットビジネスで騙される人

はじめにお断りしておきたいのですが、私もネットビジネスをやっています。

当然、誰かを騙してお金を稼ぐなんてことは一切行っていませんし、そんな気もさらさらありませんが、一応その立場からの発信であることはご了承ください。

 

では、ネットビジネスで騙される人とは、一体どんな人なのでしょうか?

ネットビジネスで騙される人というのは、ひとことで言うと『目先の利益に飛びつく人』のことです。

そして多分『うまい話』や『甘い話』はないと考え、世の中そんなに簡単じゃないと思っている人のことです。

このふたつの文は一見矛盾しているように思えますが、要するに甘い金儲けの話なんてないとわかっているけどネットビジネスで騙されちゃってる人、ということですね。

 

ただ、ネットビジネスを始める時に購入する情報商材や高額塾に対して、「値段と見合わなかった」と感じる人がいることは確かです。

ネットビジネスはビジネスモデルも幅広く(アフィリエイト・せどり・情報販売・FX投資など)、ノウハウ商材や塾もピンからキリまであります。人によって判断基準をどこに置くかで、その価値の感じ方が異なるところがあります。

 

情報商材や塾の一般的な認識は次のようになります。

 

 情報商材 =ノウハウ(テキスト・動画)

 高額塾 =コンサルタント+コミュニティ+ノウハウ(テキスト・動画)

 

その他、情報商材にQ&Aコミュニティが付属したものや、完全にテキストだけのものなど、情報商材にも色々なパターンがあります。

 

私もお金を稼ぐために色々な情報商材を手に入れてきましたが、無料や特典以外でまったく使えない情報商材はほぼなかったと思います。

そして「ほぼなかった」という言い回しを使うのは、それぞれのノウハウの情報量が膨大なので、検証しようにも無理があるからです(コンパクトだと言われるノウハウでも情報量としてはかなりの多さです)。

稼げる稼げないは別として、有料の情報商材はそれなりの情報が得られる、ということはたしかです。

 

 

つまり、

 

「ネットビジネスで稼げなかった」

 

「ネットビジネスに騙された」

 

と言ってしまう人は、情報を活かせずにお金を払っただけの人ということになります。

 

 

たしかに

「そんなものを売る情報販売者が悪い!」

「情報弱者を騙して金儲けするのは詐欺師と一緒だ!」

など、言いたいこともあると思います。

 

だけど結局、

「よく考えずにノウハウに飛びついた方が悪い」

「嘘は言っていない」

といった水掛け論になるだけ。

つまり、学習塾などの成績アップと同じく成果を保証するものではないので、文句を言ったところで無意味なのです。

 

そもそも目の前の利益に飛びついてしまわなければ良いだけの話であり、そこを認めなければまた同じような失敗をする可能性もあります。

私も初心者の頃、お金を稼ぐための情報商材のセールスページを見て興奮し、安易にお金が稼げると考えた結果、それほどお金を稼げなかったという経験をしています。

その時の経験から『ネットビジネスで稼ごうと思うなら、ネットビジネスで騙されない考え方を身に着けなければならない』という教訓を得ました。

 

 

ネットビジネスは努力なくしてお金を生み出す錬金術ではないのです。

ネットビジネスで騙されたと言う人は、そもそもネットビジネスをよく理解していないところがあります。ノウハウ購入や高額塾に入ろうか迷った時は、一呼吸置いて判断することが大切だということですね。

ネットビジネスは本当に稼げるのか?

ネットビジネスは本当に稼げるのか?

次に気になるのは『ネットビジネスは本当に稼げるのか?』というところでしょう。

先に結論を言うと、稼げます

 

ただ、ネットビジネス未経験者の場合、ネットビジネスが本当に稼げると理解していても、実際にどんな方法で稼いでいけばいいのかわからないものです。

一般的な流れとしては、ネット上で販売されている情報商材(ノウハウ)を手に入れて、そこで得た情報を基に実践していくことになるでしょう。

 

 

先ほども言ったように、ネットビジネスで稼ぐ手法は多岐にわたっているので、それぞれ個人個人で『向き不向き』というものがあります。

たとえばネットビジネスの種類の目安としては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

 

 

  • アフィリエイト(広告仲介)
  • せどり(仕入れ&販売)
  • 投資(FX、ビットコインなど)
  • リアルビジネスの集客
  • 情報販売

 

 

この5つのビジネスモデルは、インターネットを介したビジネスの王道と言われるものです。これらのビジネスモデルから派生した様々なノウハウが、情報商材や塾という媒体を通してあなたの元へ届く、ということですね。

それぞれ簡単に説明していきましょう。

◆アフィリエイト(広告仲介)

アフィリエイト、イメージ

アフィリエイトというのは、インターネット上にあるサイトやブログに貼られている広告を仲介するビジネスモデルです。

たとえばYahoo!JAPANのトップページは毎日2億回表示されています。ここに広告を掲載すればかなりの宣伝効果になるので、広告主は高いお金を払って広告を載せてもらっているわけです。

このようにインターネット上のあらゆるサイトやブログには広告が載せられ、その仲介料として広告主から収入を得ることができるのです。

◆せどり(仕入れ&販売)

せどり、イメージ

せどりというのは、安く仕入れたものをヤフーオークションやメルカリなどに出品して高く売るというビジネスモデルです。

店頭の在庫セールやリサイクルショップなどから、価値のある物や需要の高い物を安く買い、それをオークションにかけて差額分を得るということですね。

リアル店舗を持つ必要がなく、全国のネットユーザーが対象となるので初心者向けのビジネスモデルと言われています。

◆投資(FX、ビットコインなど)

投資、イメージ

FXやビットコインを使った投資で稼ぐビジネスモデルです。

勝ちパターンや攻略法などを学び、投資の利益を重ねていきます。

インターネットを使った投資は「当たれば天国負ければ地獄」といったギャンブル的要素も強いので、億を稼いだトレーダーもいれば借金だけが残った人もいます。

◆リアルビジネスの集客

リアルビジネスの集客、イメージ

インターネットを使って、店舗への集客を増やすビジネスモデルです。

お店や会社のホームページを作ると集客やサービスが向上するとわかっていても、どこから手をつければいいのわからない人はまだまだ沢山います。そういったお店や会社のサイトの立ち上げを手伝ったり、管理することで報酬を得ます。

ある程度のウェブ制作やSEO(ネット上の検索集客)が必要なので初心者向きではありませんが、インターネットを使った集客は非常に需要が高いので注目が集まっています。

◆情報販売

情報販売、イメージ

情報販売は読んで字のごとく『価値のある情報』を提供することでお金を得るビジネスモデルです。

お金を稼ぐ方法、女性にモテる方法、筋肉をつける方法など、特定の人が見て価値を感じるような情報を販売したり、Amazonを通して電子書籍を出版したりすることで、お金を稼ぐことができるということですね。

 

 

おおよそのネットビジネスは、この5つのビジネスモデルから成り立ちます。

このように具体的に中身を見てみると、どれも不労で大金を稼げるものではないことがわかります。

しかし、これまで人や中間業者を介していた流通と比べて、インターネットが個人ビジネスの可能性を広げたところは大きく注目すべきポイントです。

 

これまでサラリーマンなど雇われる立場しか選択肢がなかった私たちにとって、個人でビジネスを行えるチャンスが生まれたからです。

このチャンスはインターネットが存在するまでは考えられなかったことです。

ただそれは『楽してお金を得られるチャンスではない』と肝に銘じておかなければ、ネットビジネスで騙される人になってしまうということですね。

ネットビジネスで騙されないコツ

ネットビジネスで騙されない人のイメージ

スマホやタブレットが爆発的に普及し、インターネットのインフラが整ったことで、歴史的にこれ以上ないほど個人レベルのビジネスが可能となりました。

そしてこの大変革の時代に乗り遅れないように、多くの人がネットビジネスに参入してきています。中にはネットビジネスのオイシイ話に飛びついて、なかなか結果が出ずに文句を言う人も少なくありません。

その話についてはこれまで説明してきた通りですが、ネットビジネスで騙されないコツというものがあります。

 

それは、

大きな単位で考える

ということです。

 

大きな単位で考えるというのは、結果が出るまでに時間がかかるものを選ぶということです。

これは私の経験上でもそうですが、これまで出会ってきた数十人のネットビジネス成功者が口を揃えて言っていることです。

 

たしかにネットビジネスは参入者も多いので短期間で結果を出す人もいます。しかしそれは一部の非凡な才能を持った人か、たまたま運が良かっただけだと考えた方が健全でしょう。

 

私も含め凡人の場合は、短期間で成果が出る思わない方が間違いがありません。

ネットビジネスは成果が出るまでに時間がかかることが多いので、短期間で成果が出ると考えるとそのギャップに苦しんで失敗するからです。

 

 

ネットビジネスは淡々と実力を磨いていけばかならず見返りが得られるので、少なくとも1年間は修行期間だと思ってがんばると良いでしょう。

もちろん、ずっと我慢して作業を続けるわけではなく、あくまでも一時の我慢です。

その間に成果が出てくれば、ネットビジネスが楽しくなってくるので我慢も減ってくるからです。

 

ネットビジネスで騙されない人

 

もしも1年間完全燃焼してまったく成果がでなければ、その時は才能がなかったと考えて見切りをつける勇気も必要です。

見切りをつけるラインとしては、一生懸命作業に撃ち込んで生活ができるだけのお金が稼げなかった場合です。

見切りをつけると言っても、インターネット上のビジネスについてはある程度スキルがついているはずなので、自分が力を発揮できる分野が何なのか視点を変えて、別のビジネスモデルに挑戦するなどして方向転換していきましょう。

 

 

才能には価値がありますが、それ以上に価値があるのが『努力』です。

たとえ満足のいく結果が得られなくても、一生懸命に努力した経験はかならずどこかで活かされるからです。

 

ネットビジネスを始める時は、成果が出るまで少なくとも1年はかかると考えて努力しましょう

ネットビジネスで騙される人は、成果が出るまでの期間や労力を考慮せずにノウハウに飛びつきますが、それではやはり結果につながっていきません。

それに成果が出るまでの期間を大きな単位で考えておけば、必然的に甘いコピーで釣っている詐欺的な情報商材に騙されるといったこともなくなるはずです。

 

とにかく、ネットビジネスは努力が報われやすいので、少なくとも1年という大きな単位で見て、お金を稼げるようになることを目指していきましょう。

不思議なもので、長い目で見て努力した結果、短期間で成功できたりするものなので、ぜひ腹を据えてがんばってみてくださいね。