今回は、人生最大の失敗は行動しないことである、という話をします。

 

人生のリスクを考えた時、よく人は『失敗』という2文字を思い浮かべますが、人生において最大のリスクは間違いなく『行動しないこと』です。

 

行動しないということは、当然、成功も失敗もありません。

しかし行動しないことこそが、人生においての失敗と言えるのではないでしょうか?

 

失敗を恐れて何もしない人は、将来的に何もできない自分が嫌になってきます。

ただほんの少し思考のスイッチを変えれば、何もできない自分でも成功への道を歩んでいけるようになるでしょう。

 

今回は、失敗を恐れて行動できない人のためのマインドセットをわかりやすく解説していきたいと思います。

人生最大の失敗は行動しないこと

人生最大の失敗は行動しないこと

まず、人生における最大の失敗は『行動しないこと』です。

世間ではよく『成功の反対は失敗』だと言われますが、本当の意味においての成功の反意語は『行動しないこと』だと言えるでしょう。

つまり、何もしない人は成功できないということですね。

 

この『行動しない・何もしない』というのは、人生にとっては非常に大きなリスクとなります。

では、なぜ行動できなくなるのか?

その理由は大きく2つに分けられます。

 

  • 怠け者だから
  • 失敗が怖いから

 

怠け癖がついている場合は、時間を無駄にしてしまう人へ!時間の使い方が上手くなる考え方の記事を読んでみてください。正しい思考をインプットすることで怠け癖が大きく改善されるはずです。

今回は、失敗が怖いから行動できないことについて、その問題点と解決方法をみていきましょう。

 

失敗するのが怖いから行動できないというのは、成功できないという点においては失敗であることと意味は同じです。

就活生が企業採用試験の面接で、「あなたの人生最大の失敗はなんですか?」と質問されることがよくあります。これも裏を返せば、就活生たちが成功するためにいままでどのような行動をしたのかを面接という場で探っているに他なりません。

つまり、成功や目標に向かう時にまず行動できる人間かどうか、ということを採用の際に見ているわけです。

 

失敗を恐れて自分の行動をセーブすることは珍しいことではありません。

しかし、何か夢を追い求めていたり、目標に向かって進む人生を送るのであれば、行動をセーブするリスクについてしっかりと理解しておく必要があります。

これから行動しないリスクについて説明していきましょう。

何もできない自分が嫌になる理由

何もできない自分が嫌

やりたい事があるのに、失敗することを恐れて行動できない。

このような悩みを持ち、何もできない自分が嫌になってしまう人は決して少なくありません。

しかし、行動しないことのリスクを考えれば、行動して失敗した方が何倍もマシであることがわかるでしょう。それどころか、行動して失敗することが、決して失敗でないことにも気がつくはずです。

 

失敗を恐れて行動しないということは、つまり自分の経験を通して視野を広げるチャンスを捨てていることと同じです。

自分の視野を広げるチャンスを何度も見逃していると、どんな情報が入ってきても徐々に響かなくなってきます。情報が響かなくなると、次はあらゆることが「自分とは関係ない」という捉え方に変わってきます。

 

「自分とは関係ない」

どうでもいい」

「やる気が湧かない」

 

このような台詞がすぐに口をついて出てくるようになってくるのです。

 

そして

『お金持ち』

『成功者』

『才能のある人』

『努力してる人』

『リア充』

『ライバル』

など、行動する人たちに対して劣等感を抱いたり、無関心を装ったりするようになってきます。

失敗を恐れて行動できなかったことが、後で大きなフラストレーションを抱える原因になり、徐々に何もできない自分が嫌になってくるようになるのです。

 

人によってはここから非常に厄介なことになってきます。

自己嫌悪が原因で生まれたフラストレーションは、最終的に他人や自分を取り巻く環境へと矛先が向かいます。常識や正しさを振りかざして他者を攻撃したり、根拠のない批判を繰り返したりして、自分の中に溜まった鬱憤を晴らそうとするのです。

 

そして、自分がそうだったように「行動して失敗することは恥ずかしいことだ」と吹聴したり、そういう価値観がさも正しいかのように布教を始めたりします。

その結果、行動できない人は行動できない人同士で価値観を共有し、行動する人は行動する人同士で仲良くなるという現象が起こるのです。

なぜ失敗することが怖いのか?

失敗することが怖い

私たちは失敗を恐れるあまり、行動できなくなる心理状態に陥ることがあります。

ポジティブな捉え方をすれば失敗を回避するために必要な感情ですが、何か達成したい夢や目標を持った時は乗り越えなくてはいけません。

 

石橋を叩いて渡るという言葉があります。

これは物事に対して慎重になることの例えですが、行動できない人は石橋を叩いて渡らないところが問題です。

決断力がない!仕事の判断基準は正しさよりも楽しさを優先しようでも書いていますが、判断(石橋を叩く)に時間をかけても構いません。しかし、決断(石橋を渡る)はスピーディーに行うのが鉄則です。

 

行動するのが怖いという心理の奥には『失敗したら恥ずかしい』という不安要素が秘められています。

もちろんこれは誰もが抱くものです。

日本には『恥の文化』というものがあるので、私たち日本人は特にその傾向が強いと言われています。

 

そして『失敗したら恥ずかしい』という心理を紐解いていくと、「誰かに認めてもらいたい」「叱られたくない」という思いが隠されていることがわかってきます。

つまり自分の行動は、他人から認められたいけど否定されたくない、というジレンマでできているということです。

余談ですが、実はこの話は時の支配者に植え付けられたという陰謀論的なストーリーもあります。ただここでその話をすると長くなるので、また別の機会に話をしたいと思います。

 

話を戻しますと、『自分の行動を認めてもらいたい、けど否定もされたくない』という自我については、自分自身で乗り越えていかなくてはなりません。

そうでないと、余程自信のある事以外はネガティブな感情を生むので、だんだん行動できなくなってくるからです。

 

ここでの結論として、行動できない理由のほとんどは自己承認欲求の強さが原因である、ということをしっかりと認識しておきましょう。

成功者の思考をインプットする

成功者のイメージ

何にせよ、失敗を恐れずに行動しなければ人生は開かれていきません。

「失敗を恐れるな!」

この言葉は学校や会社でも散々耳にしてきたはずですし、それで何とかなっているのであれば、いまこの文章を読んでいるのはただの物好きということになります。

なので今回提案したいのは『成功者の思考をインプットする』ということです。

これから成功者の思考をひとつずつ解説していきたいと思います。

他人は鈍感であることを知っている

他人は鈍感

成功者は「成功は失敗ありき」と考えています。

もちろん、失敗すると恥ずかしいという感情が自分に生まれることも知っています。

ただ彼ら成功者は、失敗しても誰もそれを気にしていないということを理解しているのです。

 

世の中をジッと見ていると、自分のことには敏感なのに他人のことに鈍感な人が大勢いることに気が付きます。

おそらくあなたの周りの人間も、見渡してみると8割以上は「自分に敏感・他人に鈍感タイプ」の人間ばかりなのではないでしょうか?

 

つまり自分さえ気にしなければ、失敗は他人にとって取るに足らないニュースでしかないのです。

失敗は失敗ではない

失敗は失敗ではない

失敗は失敗ではないことを示す、エジソンの有名なエピソードがあります。

エジソンが電球を発明する以前、電球に合うフィラメントの素材が見つからず10,000回以上の実験を繰り返していた時のこと。あまりにも失敗ばかりが続くので、エジソンは周りの人から手を引くようにアドバイスされたそうです。

しかしエジソンは明るく次のように答えました。

「このやり方ではうまくいかないという方法を1万個発見しただけさ」

 

成功者たちは、失敗という概念をうまく違う表現で置き換えています。

 

失敗⇒うまくいかない方法

失敗⇒ひとつの経験値

失敗⇒成功の肥やし

 

たとえばビジネスの場合であれば、失敗はテスト・マーケティングの結果に過ぎないと考えることができますね。

このように成功する人というのは、失敗は失敗ではないという本質をつかんでいるので、あらゆる表現を用いて自分の中ならネガティブなものを排除していきます。

失敗を多めに見積もる

失敗を多めに見積もる

成功者は、失敗を人より多めに見積もる傾向にあります。

彼らに言わせると、そもそも1回や2回でうまくいくと考える方がおかしいということです。

もしそんなに簡単に成功できるなら、みんな社長になれるし、プロサッカー選手になれます。

まずはその現実を受け止めることが大切です。

 

本当に成功を目指すなら、普通の人が考える何倍も失敗してもいいという覚悟が必要なのではないでしょうか?

人は落ち込むために失敗するわけではありません。

失敗は経験しないとわからない

だから失敗するのです。

 

エジソンがそうであったように、失敗は改良するためにあるのです。

うまくいかないことは、何回も失敗して何回も改良していきましょう。

するとだんだんうまくなってきます。

だんだん要領がわかってきて、プロと呼ばれるようになる頃には一発で当てられるようになってくるのです。

 

何回も失敗することが成功のコツです。

人間は失敗からでしか学べないことが沢山あります。すぐに成功できることでは、学びも成長もありません。

何回も失敗することを想定し、それでもやり抜く覚悟を持って挑むことが大切だということですね。

何もできない自分が嫌になる前に

何もできない自分が嫌になる前の状態

何もできない自分が嫌になる。

私も過去に幾度となくこの悩みで苦しみました。

いままで何をするにしても、自意識過剰とも言える強い自己承認欲求が自分自身の目をくもらせていたからです。

 

しかしある時、ふと自分のルーツを辿ったことで強い承認欲求の存在に気づいたのです。

自分が何かやりたい事をするときに、「恥ずかしい姿を見せられない」「こんなことをやったらバカにされるんじゃないだろうか?」と考えるのは不毛です。

「あの人に認められたい!」という感情が動機づけになることもたしかにあります。しかし結局、他人への承認欲求ではモチベーションは長続きしません

 

何もできない自分が嫌になる前に、ぜひ知っておいて欲しいことがあります。

 

誰かに認めてもらわなくても、人それぞれに生きる道があるということを。

それに、自分が凄い人になれば、放っておいても他人があなたを称賛するようになるのです。

そして、凄い人になるのは簡単です。

自分が人生をかけてもやりたいことを、ただ継続するだけです。

 

自分は何もできない人間だと思うのであれば、何か夢を持ってください。

夢というのは、あなたの人生が楽しくなるようなテーマを持って生きるということです。

今、地位も名誉も金も実力もない人も多いでしょう。

だから、夢を持つ

 

何もないけど夢を持つ

 

そして何かできそうなことからやってみる。

自分でその分野のことを調べるでもいいし、誰かに教えてもらうのでも構いません。

そうしながら、夢のために使えるお金を貯めるのです。

 

できそうなことを続けていくと、経験ができます。

夢に使えるお金も貯まってきます。

そして時間とともに信用が生まれてきます。

すると今度はチャンスが訪れるようになるのです。

 

もし失敗を恐れていたら、できそうなことでさえできなくなってくるでしょう。

結局、行動しないことが失敗であるという問題意識を持たない限り、生産性のない人生を送ることになってしまいます。

人には『生産する』という人生の目的があります。

仕事や恋愛や家族を作り、喜びや楽しみや感動を生み出し、それを他者と共有することが生きるためには必要なのです。

 

何も持たず、何もできない自分であったとしても、夢を持って最初の一歩を踏み出しましょう。

最初の一歩は中々踏み出せないものですが、あなたの人生においては非常に価値のある一歩です。

そして行動できないことこそが人生最大の失敗だと考え、勇気を振り絞って自分のための人生を歩んでいってください。