今回は、決断力がない人のための話です。

 

ビジネスの世界に一歩足を踏み入れると、決断しなければいけないことが山ほど出てきます。大きなものから小さなものまで、自分自身でやるかやらないかを判断し決断しなくてはいけません。

ビジネスで決断するためのポイントは、仕事をする時の判断基準を明確にしておくということです。

そして仕事の判断基準として正しいことよりも楽しいことを優先すると、不思議とビジネスがうまく回るようになっていくものです。

 

もし、自分に決断力がないと悩むことがあれば、これから話す内容に目を通していただければと思います。

迷うことなく自分の道を歩いて行けるようになりますよ。

それでは早速みていきましょう。

決断力がない人は成功できない?

決断力がない人のイメージ

決断力がないという人がいます。

要するに決断できない性格ということですね。

しかし、成功を求めるならば素早い決断は必須条件です。

 

決断できない人が決断力を鍛える方法としてまずはじめにやるべきことは、判断基準をしっかりと持つということです。

つまり、数ある選択肢の中から余計なものを排除していき、自分にとって大切なものを選別していく作業をし、その後に『決断』するのです。

 

何かを決定するということは、

判断⇒決断

この2段階の意思決定で成り立っています。

 

なので決断力を鍛えたいなら、何かを決定する時にまず『判断』と『決断』を切り分けて考えます。

そして、判断には時間をかけて、決断には時間をかけないようにします。

 

判断⇒時間をかける

決断⇒時間をかけない

 

成功への道を駆け上っていくのであれば、この2つの時間の使い分けを意識するようにしましょう。

判断は自分の設定した判断基準に基いて『余計な選択肢』を削ぎ落としていき、決断しやすい状態に導いていく作業です。

判断は慎重に行わなければならないので、時間をかける必要があります。

 

それに対して、決断には瞬発力が欠かせません。

決断する時は『早ければ早いほど良い』ということですね。

判断に時間をかけるのは一向に構わないのですが、決断できることに時間をかけて成功する人はほとんどいません。それは勇気や信念がないのと同じことだからです。

 

一般的に決断力がなくてと成功できない人というのは、判断と決断をごっちゃにして混乱しているか、勇気や信念がないか、大体どちらかに当てはまります。

ただどちらの場合も、これから説明する仕事の判断基準の話を理解できれば、自然と問題を解消させることができるようになるでしょう。

 

ただその前に、なぜあなたが決断できないようになってしまったのか、その理由についてお伝えしようと思います。

決断できなくなる『正しさ』の判断基準

仕事の判断基準のイメージ

普段、サラリーマンなどのお給料をもらっている立場の人は、仕事の判断基準を「正しい」か「正しくない」かで選別するのが普通です。

ただ、この判断基準には落とし穴があります。

 

一見、何も問題ないように思えます。

しかしこの先行き不透明な時代においては、この判断基準を仕事の場だけでなく、他人の生活や自分の人生にまで持ち込んで、トラブルを起こす人が後を絶ちません。

常に「正しきこと」を判断の基準にしてきた結果、物事の本質が置き去りにされてしまうようになってしまったのです。

 

幸せになるために、お互いを正しさで縛り合うのは本末転倒です。

そもそも自由選択が許されている社会において、お互いが正しさという剣を振りかざし、盲目的に相手を傷つける世界に属する必要などあるのでしょうか?

特に仕事というフィールドにおいては逃げ場がありません。

 

今は副業で個人のビジネスを起こすことができるようになりましたが、環境を変えようとビジネスを始めただけではうまくいかないという現状もあります。

環境を変える前に、まず価値基準や判断基準を変える必要があるからです。

ネットビジネスも仕事の判断基準を『正しさ』に置いていると、一生懸命がんばっていても途中で立ちいかなるようになるものです。

そこで継続できなくなる人の多くは、物事の判断基準を「正しい」か「正しくない」かで選別する傾向にあり、楽しく仕事をしている人を見て、だんだん腹を立てたりするようになります。

冷静に考えるとおかしな話ですが、そういう人は大体真面目な性格であるケースが多いようです。

 

なぜこのようなことになるのかというと、基本的に人間は怠惰でいい加減な生き物だからです。

すでに楽しくビジネスをしている人はこのことを熟知しています。あるいは本能的にそのことに感じとって、楽しさと正しさをうまく使い分けています

そして悲しいかな、多くの労働者たちは『正しきが上にも正しき』という判断基準を真面目に守ることで、その感覚を麻痺させているのです。

 

人間は正しいことばかり考えると、だんだん苦しくなってくるようになっています。

当然、苦しくなってくると前に進めなくなってきます。

そして最後には、決断ができない状態に陥ってしまうのです。

すると、大事な決断を他人に委ねたり占いに頼ったりして人生が翻弄された挙句、自分で自分のことが嫌になってくるのです。

 

決断力がない理由を辿っていけば、本来の判断基準が正しさによって捻じ曲げられてしまったことが原因だと言えるでしょう。

正しさを判断の基準にしてしまうと、他人から好ましくない選択肢を突きつけられます

他人によって不本意な選択を強いられ続け、まったく無個性な人生を歩まされてしまうようになるのです。

仕事の判断基準は楽しさを優先する

仕事の判断基準で楽しさを優先できた人

何かを決定する時は、『余計な選択肢を削る判断』『スピーディーに決断する』という2つの意思決定が大切です。

ビジネスでドラスティックな決定が出来る人は、仕事の判断基準というものを明確にし、数ある選択肢の中から余計なものを排除する作業がスマートです。

 

驚いたことにビジネスを軌道に乗せている人の多くは、仕事の判断基準を「楽しい」か「楽しくない」かに置き、自分が本当にやりたい事だけを選別しています。

サラリーマンや学生からすると信じられないような話かもしれません。

しかし、ビジネスの世界では楽しさを仕事の判断基準に置くというのは、非常に理にかなった考え方なのです。

 

自分で仕事を作りお金を稼ぐビジネスの場合、会社組織で働く労働者と違い、ルールや罰則がありません。常に自家発電してモチベーションを高め、人にサービスを提供していかなければならないため、仕事そのものが楽しくなければ到底長く続けられるものではないのです。

 

実際、仕事そのものを楽しむことは決して悪いことではありませんし、ちゃんとビジネスとして成り立っているのであれば何の問題もありません。

むしろ、仕事を楽しむことによって、非常にクリエイティブなアイデアが生まれたり、長時間労働でも疲れを感じにくいという研究結果も出ているくらいです。

ビジネスを楽しみながら軌道に乗せている人が多いのは、ある意味当然のことと言えるのです。

 

それでも「正しいことよりも楽しいことを選択したら、世の中がおかしくなるんじゃないか?」と考える人もいるでしょう。

むしろその思考こそが正しさの判断基準によるものだと言えるのですが、たしかにそれも一理あります。

それに楽しいことと言っても、ずっとテレビを見ていたり、寝ててもいいという話ではありません。

 

この話の本質は、仕事は楽しいと思えることを選んだ方が幸せになれるという事です。

もちろん「自分はお金が入れば幸せなんだ」と言って人を騙していいなんて事は、論外中の論外です。

 

世の中にはいろんな職業があります。少なくとも日本人は、多様性が認められている社会に身を置いています。

私たちには自分が楽しいと思えることで社会に貢献する権利があり、不幸になってはいけない人生の義務があるのです。

 

そのために私たちは、自分の決断を自分自身で行わなければなりません

いくら決断力がないからと言って、自分がすべき決断を他人に任せることはすべきではないのです。もしその決断が間違いだとわかったら、きっとその人のせいにするでしょう。

 

そして決断を先送りにすることもまた、あなたが選択した決断であることを忘れてはいけません。

 

決断はYESでもNOでも正解です。

運をコントロールする前に!運は存在するのかわかりやすく解説という記事で、すべての出来事は表裏一体であると解説しました。どんなことが起き、どんな決断をしようとも、あなたが誠実な努力を続けていけば未来はどんどん拓けていくのです。

 

もし自分は決断力がないと悩むことがあるのなら、自分の判断基準に問題がないかどうか疑ってみましょう。

そして自分の心に耳を傾け、自分が本当に楽しいと思える決断をしてください。

それがきっとあなたの心が示すサインですから。

 

この話があなたの役に立つことがあれば幸いです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。