今回は、ネットビジネスを親や家族に反対された時の対処法についての話です。

 

まずはじめに、ネットビジネス(インターネットビジネス)についてのよくある誤解なのですが、ネットビジネスは、いわゆる『ネズミ講』と揶揄されるネットワークビジネスとは違います

 

インターネットビジネスをよく知らない人は、その語感の近さから「怪しいビジネス」という印象を持ちやすいのですが、まったく別物だということですね。

時々、ネットビジネスを始めようとした矢先、家族や親しい誰かから反対されることもあるようですが、案外それが原因であるパターンも多いようなので気をつけましょう(笑)

 

あなたがネットビジネスを始める時、親や家族などの親しい人たちに反対されることもあります。

そんな時、どんな心構えを持って対処していけばいいのでしょうか?

実はその答えは非常にシンプルです。

これから詳しく解説していきましょう。

ネットビジネスを親に反対されてしまう

ネットビジネス、親の反対イメージ

ネットビジネスを始めようとした時に親に反対されてしまうことがあります。

ただ大体の場合、反対している親自体がネットビジネスをよく知っているというパターンはないそうです。

要するに『よくわからないから反対している』という部分があるのです。

 

もちろんそれが直接的な反対理由ではありません。子供に安定した職に就いて欲しいという親の願いや、ビジネスを起こして生計を立てるのは大変だという思いがあって、親はネットビジネスに反対するのでしょう。

それに冒頭でも触れましたが、いわゆるア◯ウェイやニュース◯ンのようなネットワークビジネスと勘違いしているというパターンも考えられます。

 

いずれにせよ、「ネットビジネスみたいなよくわからんビジネスは止めて欲しい」というのが親の反対理由なのだと思います。

このような理由で親にネットビジネスを反対された時、一体どのように返せばいいのでしょうか?

 

  • 気にせずやる
  • 説得する
  • きっぱり諦める

 

結論から言うと、『説得する』のがベストな選択です。

なぜなら、ビジネスが費やす人生の時間を考えれば、身近な人たちからの理解を得たほうが良いからです。

 

ただネットビジネスを親に反対されている場合、うまく説得できないから悩んでいると思うんですよね。

なので、『時間を置いて説得する』ことが大切になってきます。

 

実は誰かと意見が衝突している時というのは、相手を変えるより自分を変えたほうが話がスムーズにまとまるものです。

「親に反対される」という言葉の裏には、「親が賛成してくれたらいいのに」という思いが隠されています。同様に、親が「子供がおかしなことをいい出した」と言う裏には、「子供が早くまともになってくれたらいいのに」という思いがあるわけです。

 

はっきり言ってしまうと、お互いが難色を示している状態でどちらかが急に意見を180度変えることはありません

しかしネットビジネスに限らず、あなたが本当にやりたいことがあるならば、あなた自身が変わっていくしかないのです。

反対意見を持つ人とどう付き合うか?

反対意見を言われてどう付き合うか

反対意見を持つ人の理解を得たい時は、時間を置いて説得することが重要になってきます。

仕事やビジネスの場面では、意見が合わない人と取り引きをしなければならないことや、一緒にプロジェクトを組まなければならないことも珍しくありません。

そんな時、自分と反対意見を持つ人とうまく付き合う秘訣があります。

それは『契約』です。

 

もちろん契約といっても、実際に契約書を交わすといった話ではありません。

お互いが譲れない境界線を予め決めておくということです。

もし親にネットビジネスを反対されてもすぐに諦める必要はなく、こうした契約を結んでおくことでお互いがストレスなくこの問題を解決することができます。

 

社会人ならお小遣いでノウハウを購入し、まずは副業としてやればいいのです。

仮に副業自体がNGだったり、自宅でのネットビジネスをすることがNGだったりしても、ノートパソコンがあればカフェやファーストフード店で作業ができますし、趣味と称してブログ記事を投稿したり、ヤフオクでモノを売るくらい何も問題ないでしょう。

初心者の段階ではやるべきことや覚えるべきことが沢山あります。しかしそれは、限られた短時間に集中する方が何かと効率よくできるものです。

 

そして時間をかけてネットビジネスを実践してみて、手応えを感じた頃に、家族に収入が増えるといったベネフィットを提示してみたり、期間限定でがんばらせてもらったりすれば良いでしょう。

つまり、自分の本気度や成果を示した上で、自分の境界線を広げる契約を更新していくのです。

 

※ベネフィット=この場合、あなたがネットビジネスをすることで、家族が得られる利益のこと。

ネットビジネスはリスクがない。だけど…

ネットビジネスのリスクを指摘

そもそも、ネットビジネスは家庭や人生を狂わせるほどのリスクはありません。

FXのような投資で証拠金を失うことも、家を担保に入れて銀行から借金しなければならないという話も一切ないのです。

つまり初期投資の費用がかからない分、非常にハードルが低いのです。

 

私の場合、2015年2月に購入した3万円にも満たない情報商材のノウハウだけで、200倍以上の利益を出し十分元を取っています。数ヶ月前までネットもつなげてなかった初心者であったにも関わらずです。

その後独立したのですが、ある程度お金を稼げる確信を持ってから家族を説得しました。おそらくなんの実績もなければ、家族から反対を受けていたことでしょう。

 

このように『ノーリスク・ハイリターン』なビジネスとして、21世紀はインターネットを介したビジネスが主流となりつつあります。

 

しかし。

 

一番やってはいけないのが、まったく稼げてもないのに今の仕事を辞めてネットビジネス一本でやっていくという考えを持つことです。

 

一見、効率の良い選択に思えるかもしれません。

しかし、ネットビジネスは空いた時間やスキマ時間で作業ができるので、ビジネスをするという観点においては、リスクマネジメントを考えて副業で始めるのが『正解』なのではないでしょうか?

まず副業で稼げるようになるまでは自分のスキルを疑い、着実にビジネスの芽が出てくるまでは無理しないほうが賢明だということですね。

 

とはいえ、ネットビジネスに魅力を感じているのであれば、いつか独立という選択肢も浮上してくることでしょう。

もちろんある程度ビジネスでお金を稼ぐ実力が培われていることが前提ですが、その頃には自分自身の判断基準というものを持っていなくてはいけません。

 

親にネットビジネスを反対された時にも、自分の判断基準を持っていれば、決断に迷うことなく自分の道を進んでいくことができます。

これからその判断基準について、わかりやすく解説していきましょう。

仕事の判断基準を持とう

仕事の判断基準を持つイメージ

よく仕事で大事な決断ができないと悩む人がいます。仕事の判断基準をしっかり持っていないことが原因としてあるからです。

これは親や家族にネットビジネスを反対されて悩むことにも通じるのが、つまり、決断するためには、まず判断基準を持つ必要があるということです。

 

仕事やビジネスでは決断することの連続です。

自分の境界線を決め、YESとNOをうまく振り分けなければ仕事もビジネスも回らなくなってしまいます。

もしもネットビジネスで独立した場合、すべての決断は自己責任となるので、自分で決断できなければ成功を手に入れることができません。

 

そこで大切なのが『仕事の判断基準』です。

 

普通の人の仕事の判断基準は「正しいか」「正しくないか」で決まります。

ただ、この判断基準だと必ず誰かとトラブルになります

人と意見が異なったり、対立したりするのも、ひとそれぞれ価値観が違うからです。

価値観が違うということは、人によって判断基準が異なるということです。

つまり、正しさも人によって異なるのです。

 

多くの人は「正しさ」を間違いのない正義だと信じ、相手にも同じようにすべきだと求めます。しかし、そういう判断基準で仕事をする人の多くは、結局ストレスを抱えて苦労することになります。

正しいか正しくないかの判断基準で生きている者同士が、お互いを傷つけ合うようになるからです。

 

成功する人の仕事の判断基準は「楽しいか」「正しいか」で決まります。

もちろん楽しいことといっても、法を犯したり、一日中寝てるとかそういうことではありません。要するに楽しさと言っても、『後で苦しいことが待つ楽しさではない』ということですね。

その上で、正しいことよりも楽しいことを選ぶ判断基準が大切なのです。

 

ビジネスを成功に導くためには、必ず楽しい方を選ぶという決断をする必要があります。仕事が楽しいと、人より長く働いていても疲れないからです。

ネットビジネスは短い作業時間で稼げるというフレコミが多いのですが、それでもこの仕事が好きで、誰よりも長い作業をこなせる人の方が成功できることには疑いがありません。

 

もちろんサラリーマンでもそれは可能なのですが、残念ながらそこまで意識が成熟していないことが多いのが現実。協調性を重んじなければいけない場所では、人を統率するために「正しさ」が大きな説得力を持つからです。

わかりやすく言うと、上の立場の人間からすると「正しさ」というのは非常に使いやすい側面があるのです。

 

仕事における正しさのイメージ

 

しかしビジネスの世界においては、正しきことよりも楽しきことを優先するのが成功の秘訣です。

 

ビジネスは経過よりも成果が大事なので、楽しさを優先させることでモチベーションを高く維持させることが許されているからです。

だからこそ、副業でもビジネスは成り立ちますし、副業で成り立たせられないなら諦めたほうが良い場合もあるのです。

 

もしこれからネットビジネスをするのであれば、このような仕事の判断基準をしっかり定めておくことが大切です。

そうすれば、たとえ親や家族などの親しい人にネットビジネスを反対された時でも、自分の答えは明確ですし、余計なストレスを抱えることがありませんよ。

ぜひ参考にしていただければと思います。