幸せな記憶

幸せだと思えない人へ

人間には幸せな人と幸せでない人がいます。

また、どちらとも当てはまらない人もいるかもしれません。

私は、人間の幸福度は記憶力で決まると思っています。

「しあわせ」「うれしい」「楽しい」という時間は、日常的に誰もが経験していること。あとはそれをどれだけ覚えているかで、幸福な状態を維持できるのです。

そして、その「しあわせ」「うれしい」「楽しい」という時間を記憶として脳に定着させる作業こそが『感謝』なのです。

逆に感謝がなければ、「何も楽しいことがない」とか、「自分は不幸せな人間だ」と思い、心に元気がなくなってしまうこともあります。

今回は、そんなシンプルな話をしたいと思います。

幸福度は記憶力で決まる

遠い記憶のイメージ

人は忘れやすい生き物です。

これは短所でもあり、長所でもあります。

しかし、辛いことや悲しい出来事をいつまでも覚えていたら、人は前に進めなくなってしまいます。

こうした時、人間の忘れやすいという特性は長所となるのです。

ここで大切なのは、『人間は幸せになるために忘れやすい側面がある』ということです。

 

人間の持つ『忘れる』という能力は長所にも短所にもなります。残念なことに、あなたはこの話だっていつか忘れてしまうでしょう。たとえあなたが誰かからいい話を聞いて、役に立ったと思ったとしても、やがてそれを忘れてしまうのは人間の性なのです。

しかし、記憶力と幸福度は関係していることだけは覚えておいてください。

感謝の意味

よく成功するには感謝が必要だとか、幸せになるためには感謝が必要だと言われます。

しかし、感謝の意味を知らなければ、あなたはきっと感謝することを忘れてしまうでしょう。ただ上辺だけで感謝をしても、いつか感謝できなくなる可能性が高いのです。

 

『感謝する』というのは、とても良い行いです。ただ、非の打ち所がないほど正しい行為であるが故に、なぜ感謝しなくてはいけないか、理由が抜けている人も多いのです。

そして、なぜ感謝しなければならないかというと、「しあわせ」「うれしい」「楽しい」と感じた出来事を忘れないためなのです。

 

感謝というのは、自分が幸せだと感じたことを反芻する(繰り返し頭で巡らす)ことによって、幸せな記憶を定着させることです。そして、幸せな記憶が記憶として蓄積された時、自分の人生が非常に有り難いものであることを実感できるでしょう。

巷で言われている『幸せになりたければ感謝しよう』というのは、実は自分が経験した幸せな出来事を忘れないためなのです。

 

人は忘れやすい生き物です。

だからこそ、できるだけ幸せな記憶をとどめるために、『感謝する』という行いが大切なのです。

一度、悩みがなかった子供の頃を思い出して、楽しかった記憶を反芻してみてください。胸がぎゅーっと苦しくなることがあれば、きっとそれが感謝ですから。