トレンドアフィリエイト、稼げない女性

トレンドアフィリエイトで稼げない人も多いはずなのに、稼げるという人が多いのはなぜなのか?

この手の話はこのアフィリエイト業界ではよく耳にしますが、基準をどこに置くかで答えが変わるので、トレンドアフィリエイトは『稼げない』という話もわかるし、その反対意見もあながち嘘ではありません。

たとえば、初心者にトレンドアフィリエイトで稼ぐのは難しいと言っても、おそらくそのネガティブな情報は作業に悪い影響を与えるので、余計な心配に頭を使わせないように配慮しているところはあると思います。もちろん、だからといってトレンドアフィリエイトが難解なものかというと、決してそんなもありません。

ただ私個人としては約2年間トレンドアフィリエイトをやっていて、正直、極めるのは難しいと感じているところもあります。

その理由として、あまた多く存在するライバルたちに勝っていかなくてはならないし、Googleからコンテンツに警告がきたり、運が悪ければ1発でサイトが飛ばされることもあるからです。

そこで、トレンドアフィリエイトで稼ぐためには『差別化』が重要だという結論に至りました。

私の場合、どちらかと言うとブロガースタイルに近い雑記ブログを運営しているのですが、やはり基本はトレンドアフィリエイトだと考えているので、今回は、トレンドアフィリエイトで稼げない人と稼げる人のカラクリと、稼ぎ続けるために重要な『差別化』について話をしていきたいと思います。

トレンドアフィリエイトで稼げない話の真実

まず、トレンドアフィリエイトのノウハウと言うのは、実はどこもあまり大差ありません

Yahoo!ニュースで注目の集まっている記事や、テレビやイベントに合わせて芸能人の記事を予測して書いたりして、とにかくアクセスを集めるのが基本となっています。

もちろん、アクセスをTwitterから集めたり、楽天やAmazonアフィリで成果報酬を稼ぐなどのノウハウもありますが、基本は自分のサイトに検索流入を増やすことと言っていいでしょう。

ただ、やはりトレンドアフィリエイトで稼ぐベースは『=純粋なネット検索からのアクセス稼ぎ』になるので、多くのライバルたちが検索上位を目指し、ネット上には毎日沢山の記事を投稿されることとなるのです。

競争率の高い注目のネタがあれば、そのキーワードには沢山のトレンド記事が集中し、全国のトレンドアフィリエイターがしのぎを削ることになるということですね。

たとえば、トレンドアフィリエイトで月収10万円稼ぐ目標を立てクリアすることは、きちんとコンサルなどを受けて記事投稿を継続することができれば、簡単とは言いませんが、それほど難しいことではありません。

タイトルや内容、ボリュームがノウハウ通りであれば、いつか必ず芽が出る(爆発的なアクセスがある)からです。

これは特化型や物販とは違い、トレンドアフィリエイトならではの即効性とフレキシビリティの高さがあるからで、非常に幅広いジャンルでの記事投稿がベースになっているからこそ言い切れる話であり、初心者向けのビジネスモデルと言われている所以なのです。

だからこそ、トレンドアフィリエイトは他のネットビジネスより『稼ぎやすい』とか『稼ぐのが簡単』だと言われるのですが、新人のバイトが仕事を教わりながら時給が発生するような簡単さではないことは、しっかりと理解しておかなくてはいけません。

トレンドアフィリエイトの難易度

私もトレンドアフィリエイトサイトを約2年ほど運営していますが、記事を書くときには、色々なライバルサイトの記事を参考にさせてもらうことがあります。

その時、どのサイトも似たような内容で記事を書いている印象を受けるのですが、そこで差別化を図れないと、先に同じような内容の記事を読んだ検索ユーザーが、すぐに離脱する可能性は非常に高いでしょう。

トレンドアフィリエイトも半年以上継続的に運営していると、ドメインパワーが上がってサイトが強くなり、狙ったキーワードでの上位表示もしやすくなってきます。ただ、他のサイトと差別化が図れていないと、すぐに検索上位から落ちてしまったり、他のライバルサイトに上位表示を奪われてしまうことになるので注意が必要です。

なぜこのような事が起きるのでしょう?

このロジックは非常に単純で、ありふれた内容だったり、情報の焼き直しのような記事がいくつも検索ページに並んでしまっては、検索エンジンとしてのGoogleの評判が下がって利用者が減ってしまうからです。

それを防ぐために、情報の焼き直しの多いトレンドサイトや低品質のアフィリエイトサイトに警告やペナルティを与え、定期的に検索エンジンの是正しているのです。

 

トレンドアフィリエイトで稼ぐのが簡単と言われている背景には、こうした中・長期運営者のサイトが圏外に飛ばされて、新規参入者に入り込む余地が与えられるからと考えていいでしょう。

そして、ある程度結果を出すまで育てたサイトを飛ばされたり、中途半端に取り組んで稼げなかった人が『いやいや、トレンドアフィリエイトで稼ぐのは難しいよ』と言ったりすることから、トレンドアフィリエイトの稼ぐ難易度について意見が分かれるというのが本当のところなのではないでしょうか?

トレンドアフィリエイトで稼ぎたいなら差別化を

差別化、スイミー

結論から言うと、トレンドアフィリエイトで稼げなくなることについては、この先しばらくは心配しなくても良いでしょう。

但し、警告やペナルティを回避しつつ、毎月のように6桁(10万円)以上稼ごうと考えるのであれば、運営するサイトの差別化を図らなければなりません。

もちろん、リライトや情報の焼き直しのような記事を量産しても、月収10万円くらい稼ぐことは可能です。言い換えれば、初心者であってもトレンドアフィリエイトならばお金を稼ぐことは容易いのです。

ただ、過去において私自身がそうだったのですが、月収10万円を達成した翌月に手動ペナルティを受けて、サイトが圏外に飛ばされる…。このようなことはザラにあります(その時は低品質によるペナルティだとGoogleから通達がありました)。

Googleの手動ペナルティの無慈悲な鉄槌を喰らった後で、もう一度トレンドサイトを立ち上げる人が少ないのは、それが如何に大きな精神的ダメージであるかを物語っている言えるでしょう。

もし、そこに焦点を当てるのであれば、トレンドアフィリエイトでお金を稼ぐのは『難しい』という見方になってしまうのは当然です。

それがある意味当たり前のことなのですが、運営しているトレンドサイトに差別化できる要素を入れることで、検索ユーザーの離脱率を下げ、ペナルティを受けにくくすることができるのです。

差別化をするにはどうすればいいのか?

では、サイト運営において差別化を図るにはどうすれば良いのでしょうか?

まず第一に言えることは、『自分の意見を取り入れる』ということ。

実際、これは他のトレンドアフィリエイトノウハウでも、徐々に取り入れられていることですが、ライバルサイトを見ていても『ほんのり』取り入れている程度なので、ここをしっかりと取り組めば同じキーワードで狙ったライバルサイトと一線を画することができるでしょう。

私がGoogleなら、あるワードを使ってない記事はリライトと見なすでしょう。しかし、そのようなサイトは非常に多いし、どっからどう見てもリライトであることがほとんどです。

ちなみにそのワードというのは『たわし』です。

間違えました、『私』です。

 

そして差別化というと、何かとオリジナリティのあることをしないといけないと考える人が多いのですが、それははっきりいって間違いです。

差別化というのは、初心者に限って言えば『面倒なことをする』ということに他なりません。あなたが他人の代わりに面倒なことを請け負うから、他の記事と差別化されるのです。

たとえば世間を騒がせている社会問題ひとつ取ってみても、他のサイト記事よりも丁寧にわかりやすく解説することができれば、それはもう差別化ができているのです。

もちろん、簡単に差別化を図れるテクニックのようなものもありますが、そういったものはすぐに飽和状態になって使い物にならなくなります。ただ、面倒なことをこなしていくと、必然的に簡単に差別化を図れるテクニックのようなものも身についてくるので、そういったテクニックはあなたにとってお金を生む力強い武器になるでしょう。

とにかく、自分のサイトに独自性を持たせることが大切です。何もオリジナルのものでなくても構わないので、テーマやある種の方向性を持たせること。

そうすれば、トレンドアフィリエイトでも、息の長いサイトを作り上げることができるはずですよ。