産経新聞朝の詩、13歳中学生『逃げ』のイメージ

産経新聞『朝の詩』13歳中学生からの投書が話題

産経新聞の一面、左上に掲載されている『朝の詩』。

2016年7月28日の朝の詩は13歳の中学生からの投書でした。

まずはその内容を紹介しましょう。

「逃げ」 – 宮城県名取市 森田真由 13

逃げて怒られるのは 人間ぐらい
ほかの生き物たちは
本能で逃げないと
生きていけないのに
どうして人は

「逃げてはいけない」

なんて答えに たどりついたのだろう

この投書が大変話題を呼んでいるようで、余程、この詩に共感するところがあったのでしょう。

某アニメでも『逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ…』と自分の心の中で葛藤するシーンが有名ですが、それだけ逃げるということに対してストレスを感じやすい社会なのかもしれません。

 

ちなみにこの13歳中学生の「逃げ」という詩のツイートは、約2日間で約7万リツイートされるほどでした。

リプライを見てみると賛否両論がありましたが、この短い詩が多くの人の胸に刺さったことは事実です。

13歳中学生の詩『逃げ』の感性に共感

産経新聞朝の詩、13歳中学生『逃げ』画像

渡そはこの詩、『逃げ』が好きです。

ただ中には、「理性をコントロールして生きる人間と本能を主体として生きる動物を同列で考えるのは違う」という意見もありましたが、逃げるタイミングを失して人生を駄目にする人が後を絶たない時代においては何も変わらないのではないでしょうか?

結構、人間社会の本質を突いていると思うからです。

 

そもそも、詩というものは感性を刺激し、そこからどのようなイメージをしても何ら問題ありません。その答えが何なのか決めつけるのは野暮ってものです。

ただ個人的には、世の中に『逃げてはいけない』という風潮をすごく感じていました。

サラリーマン時代は少しくらい体調が悪くても仕事を休めないこともありました。

介護職時代、体調が悪くて早退したいといった時、上司であるサービス管理責任者に嫌な顔をされたこともあります。ちなみに、その日は帰らせてくれませんでしたが(苦笑)

 

いくら自己管理をしっかりしていたとしても、体調を崩すこともあれば、心の状態が悪い時もあるでしょう。そんな時に、無理させる社会は間違ってると思います。

たまたま今日、お腹を下して体調を崩したのですが、作業を少し中断して3時間くらい横になってたら楽になりました。

もしこれがサラリーマン時代に起こっていたら、ものすごいストレスになっていたことだと思います。

僕も昔はあまり自覚がなかったのですが、その時は普段からすごいストレスと戦ってるんだと何気に実感する出来事でした。

辛い時は逃げてもいい

産経新聞朝の詩、13歳中学生『逃げ』について考えるイメージ

僕は昔から、辛かったら逃げていいと言っています。

これはもう10年前くらいからずっと言ってるのですが、イジメ問題にしても、惨めな境遇にしても、そこで我慢し続けることに意味がないと思っているからです。なんでもかんでも自分に責任があるかというと、決してそんなことがないからです。

例えばの話ですが、職場で嫌な上司や先輩にいじめられることもあります。しかし大抵の場合、逃げられない状況を見越した上で、彼らの鬱憤晴らしの標的にされているだけだったりします。

僕は自分の子供がイジメにあったら引っ越しをしてもいいくらいの覚悟を持っていますし、嫌なら学校に行かなくてもいいと思っているくらいです。

 

今は本当にストレスに麻痺した人間が多い時代です。ストレスが大きくなれば、標的にされるのは立場の弱い人間。それが自分だったとしても逃げてはいけないのでしょうか?

悪い環境の中では負のスパイラルに渦巻いています。最終的にはそのストレスが誰かを傷つけるきっかけになるかもしれません。健全な考え方を養うには健全な環境が必要です。今はこれだけ多様化が進んでいる世の中であることがわかっているのに、いつまでも古い概念に縛られて狼だらけの茨の道で無理に生きることはないのです。

もちろん、逃げずにがんばったその先に素晴らしい達成感があることもわかります。前向きな意味で乗り越えられることもあれば、ただストレスに耐え抜かなければいけない時もあります。

 

本当に優しい人や子供もいます。

しかし、反抗しないその性格を嗅ぎつけて悪い人間がきたら逃げなきゃいけないんです。

うさぎに大きな耳があるのは危険を素早く察知し逃げるためです。虎や狼に勝つことが凄いわけではありません。

自分の幸せが何なのか?

その答えに対して真摯に生きることが大切なのです。

逃げる時に、何かを捨てることもあるでしょう。しかし、心が壊されることほど怖いことはありません。

僕も『逃げること』を意識して生きている人間ですが、独立してからは外敵に攻撃されるストレスなく生活しています。もし、逃げることができずに悩むようなことがあれば、こんな人間もいるということをぜひ、思い出していただければと思います。