社会人カーストのイメージ

社会人カーストとは何か?

若い人たちの間で『社会人カースト』という言葉が流行し、各々の立場に安心感を抱いたり、不満を感じていたりしているそうです。

 

社会人カーストとは一体何なのか?

社会人カーストとは、有名大学から大企業に就職すれば高位(ハイクラス)で、高卒・非正規社員などは低い場所(ロークラス)に位置するというピラミッド型の階層に当てはめた社会人の価値のことです。

 

日本総中流階級と言われていた時代に比べ、現在は社会に属する人たちの間で格差が広がり、生活の明暗を分けています。

社会人カーストは、社会のどこに帰属しているかだけではなく、見た目や性格華やかさ、充実度などが、各々のランクを決定づける要因でもあるとのこと。

ひとことで言うと、自分がイケてるかイケてないかで人間の価値を決めるという閉塞的な価値観が、『社会人カースト』という名前で若い人たちの間で蔓延しつつあるということですね。

社会人カーストという前時代的呪縛の奴隷たち

まず、社会人カーストという言葉が生まれること自体、かなり前時代的な考え方と言わざるを得ません。

『貧すれば鈍する』という言葉の通り、誰もが貧しくなるかもしれないという将来の不安が、人々にそのような病んだ気持ちを起こさせるのでしょう。

 

私の時代はなかったのですが、少し下の世代では『底辺』という言葉で人を傷つける風潮がありました。

今もなお若い人たちの間で、生活の厳しい人たちが底辺と揶揄されたり、就職することを懲役40年なんてジョークが囁かれたりするというのは、非常に残念なことです。

 

社会人カーストのような身分制度に自分たちを当てはめることは、自虐的なジョークであるうちはまだ良いのですが、それが本当に人間の価値を決めてしまうものだと思ってしまうと困りものです。

社会人カーストでは最下層に位置すると言われる人たち(高卒の非正規社員、フリーター、社会からドロップアウトした人)の気持ちを考えられないというのは、はっきりいって嫌なヤツだからです。

 

社会人カーストに自分や他人を押し当てていると、結局は自分の発する言葉の呪縛に縛られることになるでしょう。

社会人カーストという言葉を使う人こそが、言葉の呪縛に囚われた奴隷に陥ってしまうのです。

そんなバカな考えは即刻捨てて、愚かな概念とは縁を切るようにしましょう。

最下層の人間が勝ち上がる方法と考え方

昔の奴隷制度

たとえ社会人カーストと言われるピラミッド型の身分制度があったとしても、最下層の人間が勝ち上がる方法はちゃんとあります。

しかし、まずはその考え方を捨てる必要があります。

そして、カースト制度で高位にある人たちと、決して同じ土俵で戦わないことが大切です。

 

私たちの足に鎖は付いていません。

なのに、彼らと同じ土俵で戦おうとするのは得策ではありません。

あえて社会人カーストという言葉を使うなら、ピラミッドのイメージ通り、その構図がひっくり返ることは1000%ないからです。

 

そもそも社会人カーストという言葉が生まれた背景には、従来の社会システムの疲弊があります。勝ち組と負け組に分かれ、今後、その傾向はますます進んでいくと言われています。

このような状況の中で、社会人カーストという言葉を無視できなければ、一生、惨めな気持ちを抱き続けることになるでしょう。

 

ただ、人生で成功する方法というのは、今のあなたが想像する以上に沢山あることだけは知っていて欲しいのです。カーストだの底辺だの負け組だの言ってる社会だけが、いつまでも天下を獲っているわけではありません。

あなたがサラリーマン社会で出世したいのであれば別ですが、世の中で成功する方法というのは多岐にわたっています。インターネットが従来の価値観を壊し、仮想社会のインフラが急成長している現在において、これまでのやり方しか生きる道がないと考えることは、逆に危険なのではないでしょうか?

インターネット、急成長するインフラ

インターネットを使ってお金を稼ぐ人は、いまや大勢います。

生活が豊かであるならば、社会人カーストなどという言葉は全く気にならないものです。なぜなら、そのような枠組みの中に自分を当てはめること自体、まったく無意味で、窮屈この上ない話だからです。

 

社会人カーストがピラミッド型であるかぎり、不幸な人の数が絶対的に多いのです。

そんなバカな話はありません。

彼らの優越感を満たすためだけに、あなたの人生を犠牲にする必要がどこにあるというのでしょう?

もっと自由な発想と自由な行動力で、あなたは自分の人生を作り上げていくことができるのです。

 

若い人たちが社会人カーストという虚構に縛りつけているのは悲しくなります。いたずらに植え付けられたありもしない概念に囚われ、将来を悲観する必要はありません。

想像や概念があなたを縛ることもありますが、そこから解放してくれるのも想像の力です。

もし、社会人カーストに自分を当てはめて、暗い気持ちになるのであれば、まずはその考え方から変えていくようにしましょう。このような言葉に振り回され、無駄な時間を過ごさないように、気をつけていただきたいものです。