社会人カーストのイメージ

社会人カーストとは何か?

若い人たちの間で『社会人カースト』という言葉が流行し、各々の立場に安心したり不満を言ったりしているそうです。

社会人カーストとは一体何なのか?

要するに、有名大学から大企業に就職すれば高位(ハイクラス)で、高卒・非正規社員などは低い場所(ロークラス)に位置するというピラミッド型の階層に押し当てた社会人の価値のことです。

 

今は昔と比べて社会での格差が広がり、社会人たちの間でも明暗が分かれているということですが、これは何もどこに帰属しているかだけではなく見た目や性格が華やかであるか、地味であるかも、社会人カーストを決定づける要因でもあるそうです。

ひとことで言うと、自分がイケてるかイケてないかで人間の価値を決める、そういった閉塞的な考え方が蔓延しつつあるようということですね。

社会人カーストという前時代的呪縛の奴隷たち

まず、社会人カーストという言葉が生まれること自体、かなり前時代的な考え方なのですが、貧すれば鈍するという言葉の通り、誰もが貧しくなるということに不安を覚える時代がそうさせるのかもしれません。

最下層の人間がまるで奴隷のごとく揶揄されて、就職することを懲役40年なんてジョークが若い人たちの間で囁かれたりするというのは、非常に残念なことです。

社会人カーストのような身分制度に自分たちを当てはめることは、自虐的なジョークであるうちはまだ良いのですが、それが本気になってくると笑えません。

社会人カーストで底辺に位置すると言われる、高卒の非正規社員や引きこもりがちなフリーター、社会から一度でもドロップアウトした人の気持ちを考えられない人間が尊敬されることはないからです。

 

例え、有名大学で大企業に入ったとしても、きっとそこでもカースト制度のようなことはあるはずですし、社会人カーストなどとバカなことを言ってる連中に安住の地などなく、この先、自分の発する言葉の呪縛に縛られることになるでしょう。

そんなバカな考えは即刻捨てて、愚かな概念とは縁を切るようにしましょう。

最下層の人間が勝ち上がる方法と考え方!

たとえ社会人カーストと言われるピラミッド型の身分制度があったとしても、最下層の人間が勝ち上がる方法はちゃんとあります。

しかし、先ほども言ったように、まずはその考え方を捨てる必要があります。そして、カースト制度で高位にある人たちと決して同じ土俵で戦わないようにすることが大切です。

 

彼らと同じ土俵で戦おうとするのであれば、社会人カーストという制度はきっとそのままあなたに当てはまり、惨めな気持ちを抱き続けることになります。

しかし、人生で成功する方法というのは、今のあなたが想像する以上に沢山あるし、カーストだの底辺だの負け組だの言ってる社会だけがそこに存在するわけではありません。

あなたがサラリーマン社会で出世したいのであれば別ですが、世の中の成功方法というのは多岐にわたっているし、あなたがどの道で成功しようが誰も文句は言えないのです。

これからそういう道に進むかもしれない人間に向かって、社会人カーストなどという言葉で人生を枠に押し込めてはいけません。もし、このような言葉で暗い気持ちになるのであれば、まずはその考え方から変えていくようにしましょう。

 

社会人カーストなどという言葉がピラミッド型であるかぎり、不幸な人の数が絶対的に多いのです。そんなバカな話はありませんし、彼らの優越感を満たすためにあなたの人生を犠牲にする必要はありません。

もっと自由な発想と自由な行動力で、あなたはあなたの人生を作り上げていくようにしていきましょう。想像はあなたを縛ることもありますが、そこから解放してくれるのもまた、あなたの想像力なのですから。