h1タグとタイトルの関係・見出しタグの使い方を解説

ブログ記事を書く上で、見出しタグは必ず使うものですよね。

SEO対策にはとても効果的である『見出しタグ』ですが、検索エンジンは見出しタグ(h1~h5)内で使用しているキーワードに対し、記事を評価する基準のひとつとして重要視しています。

今回は、そんな見出しタグの使い方を解説していきましょう。

見出しタグの優先順位を理解する

見出しタグは基本的に(h1~h5、6)くらいまであり、1から5・6に向かって重要度が低くなっていきます。そして、重要度の高い見出しに対し、如何にキーワードを盛り込んでいくかがSEO的には大切です。

しかし、見出しタグは記事の見栄えを良くすることに役立ちますが、使い方を間違えるとSEO的に悪影響を及ぼすこともあります。

例えば『h1の後にh4が来てh3に戻る』とか、『h5から始まって、h4、h3と逆方向に進む』のはNGです。

原則として、小さな数字から大きな数字へという流れで、うまく見出しタグを使っていく必要があるということです。

図にしてみると以下のようになります。

<h1>大見出し</h1>

  <h2>中見出し1</h2>
    <h3>小見出し1</h3>
     <p>文章</p>
    <h3>小見出し2</h3>
     <p>文章</p>

    <h3>小見出し3</h3>
     <p>文章</p>
    <h3>小見出し4</h3>
     <p>文章</p>

ちなみに、『h1タグ(大見出し)』は一つの記事に1回の使用が好ましいですね。

あまり使い過ぎるとGoogleから、『不自然なサイト』と見なされる危険性が高まるからです。h2~h6までは特に使用回数は決まっていないので、文章を効果的に区切るために使用しましょう。

単純な話、長文を連ねているものであるより、見出しタグがあった方はユーザーにとって読みやすい記事になることは間違いありません。

見出し内にはキーワードをしっかり使うことが重要です。検索エンジンに引っ掛けたいキーワードを見出しに使い、読みやすい文章構成を組み立てていきましょう。

h1タグはタイトルとの関係

先ほどの話の中に『h1タグ(大見出し)』というものがありましたが、大見出しというのはほとんどタイトルと同義になります。

つまり、感覚的には『タイトル=h1タグ』ということになるのですが、そうなると、タイトルとh1タグではほぼ同じものが入ることになります。しかし、タイトルとh1タグには明確な違いがあります。

 

『タイトルは、検索エンジン向け』

『h1タグは、そのサイト閲覧者向け』

 

つまり、『タイトル』はそのページを外から見ている人や検索エンジンであるクローラーに向けて書き、『h1タグ』はそのページに訪れた人のために書きます。

結果的にタイトルとh1タグが同じになることはあります。ただ基本的に、タイトルにサイト名が入ったりしますが、h1タグにサイト名が入ることはありません。

少々ややこしいかもしれませんが、ここでの注意点は『h1タグとタイトルは主旨が違うことを書いてはいけない』ということですね。

h1タグは必要なくなった?

以前、SEO対策でh1タグの活用されすぎたことがあり、2016年現在のGoogleの評価としては、昔ほどh1タグの効果がなくなったとされる意見もあります。

たしかに、タイトルにしっかりとキーワードを入れておけば、サイトのSEOが強くなっていくに連れて上位検索は狙えます。

 

僕はトレンドブログを運営しているのですが、h1タグを全く使わずに月収10万円以上達成することができたので、確かに必要ないと言われれば「そうなのかな」とも思います。

しかし、SEOのエキスパートの知り合いに訊ねた所、やはりh1タグは使うに越したことはないとのことなので、SEO対策としてのポテンシャルを最大限発揮させるためにh1タグは活用していった方が良いという結論になります。

ぜひ、今回のh1タグや見出しの使い方を活かして検索上位を目指して行ってくださいね。