記事下にアドセンス広告を自動配置

記事を投稿する時にアドセンス広告を一々貼るのは面倒ですよね。

基本的に記事下のアドセンス広告は、記事投稿ごとに位置が変わるものではありません。

今回は、WordPress/賢威使用時にアドセンス広告が自動的に記事下に配置されるように設定する方法を解説していきましょう。

記事下にアドセンス広告を自動配置させる方法

1、WordPress管理画面から『ダッシュボード→外観→テーマの編集』へと進みます。

記事下にアドセンス広告を配置 1-1

 

画面右側から『単一記事の投稿(single.php)』をクリックします。

記事下にアドセンス広告を配置 1-2

 

2、真ん中の画面をスクロールさせて、以下の部分を探します。

<!/本文>
</div>
<!/article>
 
広告コードを挿入
 
<?php wp_link_pages(); ?>
 
<?php if(get_the_tags()){ ?>

 

画像では以下の通りになります。

記事下にアドセンス広告を配置 1-3

 

3、赤文字の『広告コードを挿入』の場所をアドセンス広告コードと入れ替えます。

しかし、アドセンス広告には『スポンサーリンク』と表記するルールがあるので、以下のコードを一緒に貼りましょう。

<!/本文>
</div>
<!/article>

<center>
<p>スポンサーリンク</p>
広告コード(薄いピンクの部分)
</center>

<?php wp_link_pages(); ?>
 
<?php if(get_the_tags()){ ?>

 

下記画像のような感じになればOKです。

記事下にアドセンス広告を配置 1-7

 

4、プレビュー画面で確認してみましょう。

記事下にアドセンス広告を配置 1-6

うまくいきましたね。

これで1つ1つの記事にコードを貼る手間が省かれます。

【関連記事】

関連記事とアドセンス広告の位置を見直す【WordPress Related Posts】

記事下のアドセンス広告の設置はクリック率が高い

ブログ上にアドセンス広告を配置した時に、記事中に配置された広告よりも、記事下に貼られた広告のクリック率の方が高い傾向にあります。

今回の設定を施すことによって、重要な位置のアドセンス広告の貼り忘れなども防げるので、ぜひ、しっかりと実践していただければと思います。