Fetch as Google

記事投稿を少しでも早く検索エンジンにインデックスさせ、多くの検索者を記事に集めたい!

そんな時は、Googleが提供しているツール『Search Console』の『Fetch as Google』という機能を使うことで記事投稿から検索エンジンに載るまでの時間を早めることができます。

※『Search Console』=『Googleウェブマスターツール』

Fetch as Googleでインデックスを高速化

まずはじめに、記事投稿から検索エンジンに載せることを『インデックス』と呼びます。

運営歴が長く、人気のあるサイトの場合、記事投稿後、数分から一時間程度でインデックスされるのですが、サイトを開設して間もない頃だと、結構待たされるものです。

そんな時に活用したいのがGoogle Search Consoleの『Fetch as Google』という機能。簡単に説明すると、Fetch as Googleは、クローラーに対して記事登録のリクエストを送るというものです。

記事を投稿した後にFetch as Googleを利用することでクローラーが優先的に投稿した記事を拾いに来てくれます。

原則的に『即インデックス』されるような機能ではなく、あくまでも補助的なものですが、Fetch as Googleを利用したほうがインデックスが早いのは確かです。(体感的にはかなり早くインデックスしてくれる印象が強い)

サイト立ち上げ初期から、記事を投稿した時は必ずFetch as Googleを利用するようにしましょう。

Fetch as Googleの使い方

Fetch as Googleを利用するには、Google Search Console(Googleウェブマスターツール)に登録しておく必要があります。

Google Search Consoleの登録については下記参照

Google Search Consoleの設定方法

 

1、Fetch as Googleを使用するアカウントにアクセスします。

Google Search Consoleのメイン画面から『ダッシュボード→クロール→Fetch as Google』へと進みます。

fetch as googleでインデックス速度を上げる 1-1

 

2、ホームページのドメイン名の後が空欄になっているので、インデックスさせたいページのパーマリンクを入力します。

記事のURLからコピーします。

送信したいURLの説明

 

コピペできたら『取得』をクリックします。

fetch as googleでインデックス速度を上げる 1-2

 

3、次は赤枠の『インデックスに送信』をクリックします。

インデックスに送信

 

『インデックスに送信』をクリックすると確認画面が出てきます。『このURLのみをクロールする』というところにチェックをして、『送信』をクリックします。

fetch as googleでインデックス速度を上げる 1-5

ちなみにFetch as Googleには回数制限があるのですが、『このURLのみをクロールする』一週間に500回まで『このURLと直接リンクをクロールする』一ヶ月に10回までとなっています。

基本的に『URLのみ』のクロールしか使用しませんし、どちらも回数的にかなり余裕があるので問題ありませんね。

 

4、『インデックスに送信されたURL』というメッセージが出ていれば完了です。

fetch as googleでインデックス速度を上げる 1-6

後は、投稿した記事がインデックスされるのを気長に待ちましょう。