WordPressのパーマリンク設定でURLを最適化するイメージ画像

パーマリンクというのは、記事を投稿した時に決まるURLの形式のことで、WordPressをインストールした後に、まず最初に行いたいのがパーマリンクの設定です。

なぜ最初にパーマリンクの設定を行う必要があるのでしょう。

それは、記事を投稿した後に設定を変更してしまうと記事のURLと検索エンジンに登録されたURLが乖離してしまうからです。こうなると、せっかく集まっていたアクセスが激減してしまい、リンク先のURLもすべて変更せざるを得ない事態を招いてしまいます。

とにかく、最初に設定しておけば大丈夫ですし、ある程度ブログ記事を書いてしまっているならそのままでも問題ありません。ただ、パーマリンク設定によってSEOにも少なからず影響があるので、自分の使いやすいように最適化しておくようにするといいですね。

パーマリンクの設定方法

1、WordPress管理画面から『ダッシュボード→設定→パーマリンク設定』と進みます。

WordPressの管理画面からパーマリンク設定

 

2、パーマリンク設定画面から共通設定をを選択します。

パーマリンク設定

見たままの通りなのですが、記事を新しく投稿した際のURLの記述式がそれぞれ違います。パーマリンク設定について、あまりよくわからないという場合は『数字ベース』がシンプルなのでおすすめです。

 

『数字ベース』

パーマリンク設定から数字ベース

選択ができたら『変更を保存』をクリックして完了です。

パーマリンク設定でSEOを高める方法

少しでも検索順位を上げるためにパーマリンク設定にこだわりたい場合は、パーマリンク設定で『投稿名』を選択し、記事を投稿する時にパーマリンクを手動で入力していくのが良いでしょう。

 

『投稿名』

パーマリンク設定投稿名

 

『なぜ手動?』と思うかもしれませんが、例えば、パーマリンク設定で【投稿名】を選んだ場合、投稿した記事のタイトルがURLに反映されるのですがリンクを貼るときなどに日本語タイトルが文字化けして『http;//サイト名.com/%F4%63%B3%A1%H2%41・・・・・』という感じのかなり長いURLになってしまうからです。

その場合、パーマリンクで設定した投稿名のところを英数字(日本語NG)で手動入力して最適化することで、検索エンジンがより多角的にサイトの内容を認識してくれるのでSEO的な効果が期待できるようになります。

例えば、『DAIGOと北川景子が結婚式を挙げる会場&参列者について』という記事を書いた場合は、http;//サイト名.com/daigo_kitagawakeiko_kekkon_01青文字部分が手動変更したパーマリンク)といった感じにすると良いですね。

手動でパーマリンクを変更する方法

手順としては、記事を書く段階でタイトルを決めた時、パーマリンクも一緒に変更するようにします。先ほどの例で解説していきましょう。

 

こちらは記事投稿画面ですね。記事のタイトルが決まればパーマリンクが出現するので、赤枠の『編集』をクリックします。

記事投稿時のパーマリンク設定

 

すると、パーマリンクが変更できるようになるので、紫枠内の文章を英数字で書きなおしていきます。

日本語文字化けの説明

 

一旦、枠内をクリアにして・・・。

パーマリンクを一旦クリア

『daigo_kitagawakeiko_kekkon_01』と入力します。英数字で、タイトルと関連するアルファベットであればOKです。英単語でも、ローマ字単語でも構いません。

上記の例が必ずしも正解というわけではなく、『daigo-kitagawa-marry』でも『daigo-keiko-kekkonshiki』でもURLをパッと見た時に、この記事がどんな記事であるかわかるようにすると良いですね。

 

パーマリンク設定投稿名

今回だとこのような感じに枠内を埋めました。問題なければ赤枠の『OK』をクリックします。

 

記事投稿時のパーマリンク設定

このようになっていれば、後は記事を投稿した時に編集したURLが反映されます。

 

ちなみにこちらのサイトのパーマリンクは『数字ベース』を使用しているのですが、理由は、手動でのパーマリンク設定が面倒だからです。

もちろん、どちらが正しいというものではないので、もし、少しでもSEOに効果のある形で記事を投稿したい場合は、『投稿名』でのパーマリンク設定を参考にしてみてくださいね。

パーマリンクは途中で変更しないこと

冒頭で話したとおり、パーマリンクは途中で変更しないことです。

よくあるパターンで『パーマリンクを最適化するとSEOに良い』という情報を受け、その勢いでパーマリンクを変更してしまうことがあります。

その場合、今まで書いた記事のURLはちゃんと変更されるのですが、検索エンジンに載ってしまった分の記事URLは変更されないので、検索者がクリックしても記事が正しく表示されないことになります。

なので、パーマリンクの途中変更はしてはいけません!

もし、変更してしまった場合は、すぐに変更前に戻して待ちましょう。どこかのタイミングでGoogleのクローラーが発見してくれるので、再び、サイトのURLと検索エンジン上のURLがリンクされるようになります。