WordPressの画像に代替テキストを入力

WordPressで画像をアップする時、SEO対策として画像の代替テキストに情報を入力すると良いようです。

 

そんなこと知ってるよー!と言われるかもしれませんが、意外に間違った入力をしているかもしれないので再確認の意味を込めてチェックしてみてくださいね。

WordPressで画像を貼る時に編集するポイント

画像をアップロードしたときに、Googleクローラーはロボットなのでそれが何の画像なのか適切に判断ができません。

なので、その画像がどういった内容なのかクローラーが判断できるようにテキスト入力が必要になります。

 

画像の情報を伝えるために必要なのが、imgタグのalt(alt属性)いわゆる代替テキストですね。

画像を使用するときは代替テキストに画像の内容を入力し、SEOの効果をしっかりと高めていきましょう。

代替テキストの適切な入力方法

それでは次に、代替テキストの適切な入力方法を見ていきます。

画像の情報だからといって、適当に入力したり、こっそりキーワードの乱用をしたりするのはいけません。

 

特にキーワードの乱用については気をつけましょう。

キーワードの乱用はスパム扱いされる可能性があるので、ここでもやはり適切な代替テキストの入力が必要になります。

 

では最適な代替テキストの入力内容は何なのか?

代替テキストの内容として一番好ましいのは簡単な説明文としての入力だそうで、このことはGoogleも推奨しています。

 

具体的には次の通りになります。

適切ではない例:

<img src="puppy.jpg" alt=""/>

適切な例:

<img src="puppy.jpg" alt="子犬"/>

最適な例:

<img src="puppy.jpg" alt="持ってこいをするダルメシアンの子犬"> 

次のような記述は避けてください。

<img src="puppy.jpg" alt="子犬 犬の赤ちゃん 
小さな子犬 レトリーバー ラブラドール ウルフハウンド 
セッター ポインター ジャックラッセル テリヤ 
ドッグ フード ドッグフード 安い 子犬の餌"/>

alt 属性に多数のキーワードを指定する(「キーワードの乱用」)と、ユーザーの利便性が低下し、サイトがスパムとみなされる可能性があります。キーワードを多用するのではなく、情報に富んだ有用なコンテンツの作成に力を注ぎ、キーワードは文脈に合わせて適切に使用してください。Lynx などのテキスト ブラウザを使用してコンテンツを確認することをおすすめします。

引用元:Google search console

確かに、自分がGoogleの検索エンジンだったとして、これだったら画像を見なくても、なんとなくその画像がなんなのかわかりますよね。

もちろん、代替テキストをしっかりと入力しておけば、画像のタイトルは何でも良いのかと言えば、そうではありません。

 

例えばデジカメの場合だったら、撮影日を含めた数字の羅列というパターンが多いのですが、タイトルもテーマに沿った内容に書き換えておくのが良いようです。その場合、代替テキストと同じ内容で構いません

 

ブログ記事に画像を使用する時は、以上のポイントを踏まえ代替テキストを入力すると検索順位に良い結果を与えるということですね。