今回は、『AdSense Manager』というプラグインを紹介します。

『AdSense Manager』を使えば、記事内に簡単にアドセンス広告を設置することができるので、グーグル・アドセンスでブログ記事を書いている方は、記事作成の効率化に役立てることができます

簡単に言ってしまえば、長いアドセンスコードをシンプルな1行コードに変換させられるということですね。それでは設定に移っていきましょう。

Adsense Managerでアドセンス広告を一発設置!

AdSense Managerの設定方法

ここからはAdSense Managerのプラグインをインストールしていきましょう。

① まずWordPressのダッシュボードから『プラグイン→新規追加』を選びましょう。

プラグイン→新規作成

 

右上の検索窓からAdSense Managerを検索し、『今すぐインストール』をクリックします。

Adsense Manager 1-1

 

インストールが完了したら、有効化しましょう。

Adsense Manager 1-2

 

② 有効化をクリックしたら、ダッシュボードから『投稿→Ad Units』をクリックします。

Adsense Manager 1-3

 

③ 次にアドセンスコードを登録してユニットを作成していきましょう。

まず、アドセンスコードをGoogle AdSenseのサイトからコピーする必要があります。

Google AdSense

 

『広告の設定』から、『コードを取得』をクリックします。

グーグル・アドセンスコード 1-1

 

すると『広告コード』にアドセンスコードが表示されるので、この緑枠の部分をすべてコピーします。

グーグル・アドセンスコード 1-2 

 

WordPressの管理画面に戻り、赤枠の部分にアドセンスコードを入力(ペースト)します。

Adsense Manager 1-4

 

コピペできたら、『Import』をクリックします。

Adsense Manager 1-5

 

④ すると設定画面に切り替わるので、設定変更していきましょう。

Adsense Manager 1-6

名前の部分が広告コードを示す名称になります。

ここは英数字で好きな名前を記入できます。

デフォルトでは「co-1」となるので、今回はこのままいきましょう。

 

⑤ 次に、このアドセンスコードを入力したユニットの表示を許可する場所を選んでいきます。Display Optionsにある選択バーを、初期設定の『Use Default』からすべて『Yes』に変更します。

Adsense Manager 1-7

 

⑥ 設定が完了したら『Save Change』をクリックして保存します。

すると、下のような画面になり、先ほどのアドセンスコードが無事に変換されたことが確認できます。

Adsense Manager 1-8

 

アドセンス広告の編集

AdSense Managerを使って、アドセンスコードを貼り付けただけでは設定はまだ完全ではありません

ここではアドセンス広告に必須の『スポンサーリンク』の表記と、広告位置をセンターにするところまで設定しましょう。

① ダッシュボードの投稿からAd Unitsと進んで、先ほど作ったco-1の『Edit』をクリックして編集画面に移動しましょう。

Adsense Manager 2-1

 

② 画面右側にHtml Codeにアドセンスコードがあります。

Adsense Manager 2-2

 

③ アドセンスコードの前に

<center><p style=”text-align: center;”>スポンサーリンク</br>

アドセンスコードの最後に

</center>

と入力していきます。(コピペでOKです)

Adsense Manager 2-3

 

④ 保存して完了です。

Adsense Manager 2-4

 

AdSense Managerの使い方

それでは実際にAdsense Managerを使ってアドセンス広告を表示させてみましょう。

広告を貼り付ける方法は、記事投稿画面のTEXT画面で、アドセンス広告を表示させたいところに、というタグを挿入するだけです。

ちなみに◯◯◯◯の部分は設定で付けた名前なので、先ほどの例で言うとになりますね。

Adsense Manager 3-1

 

実際にAdsense Managerで作成したタグを貼って、プレビュー画面で確認してみましょう。

Adsense Manager 3-2

 

うまくアドセンス広告が表示されています。

Adsense Manager 3-3

お疲れ様でした。

このような感じで設定しておくと、毎回、記事作成でかかる手間がひとつ省けますね。

注意点としては、くれぐれもユーザーが誤ってクリックしてしまうような誘導の仕方記事タイトルの下などには広告を貼らないように気をつけること。

Adsense Managerを使うと非常に簡単に広告が貼れる分楽ではあるのですが、アドセンス規約に触れないようにしながら広告位置を調整することも大事なので、そこはしっかりと気をつけてくださいね。