今回は

『WordPress Ping Optimizer』

というプラグインの説明です。

WordPress Ping Optimizer(ワードプレス・ピン・オプティマイザー)は、

Pingの重複送信や連続送信などがないように

自動で管理してくれるプラグインです。

 

 

初心者の方や、

とりあえずWordPressのセッティング中の方の場合、

 

『Ping送信?』

 

という感じかもしれませんが、

詳しく理解していなくても、

プラグインでPing送信さえ自動で行ってもらえれば

何も問題なくメリットだけを受けられることになります。

 

WordPress Ping Optimizerの設定

Ping送信とは?

まずは、

Ping送信のことを簡単に説明しておきましょう。

 

Ping送信とは、

ブログやサイトに新しい記事を投稿した時に、

「記事を追加(更新)しましたよー!」と、

更新情報が集められているネット上のサーバーに

自動的に送信してくれる機能のことをいいます。

 

 

Ping送信をデフォルトのまま置いておかず、

しっかり設定することの一番の目的は、

いかに早くインデックスしてもらうかということ。

(トレンドアフィリエイトをするには重要ですね!)

 

 

Pingサーバーは、ネット上にたくさんありますが、

このPing送信先をどれだけ知っているかで、

記事を新しく投稿した時に、

どれだけ早く、どれだけ多くの人に

知ってもらえるかを左右します。

 

 

Ping送信についての注意点

Ping送信について、2点ほど注意点があります。

 

 

まずは『重複送信をしない』ということです。

 

 

Ping送信先が重複していると、

スパム判定を受ける危険性があるので、

同じURLを登録してはいけません。

 

そして、

『やみくもに沢山送信し過ぎない』ことが大事です。

これは、短時間に連続して送信したり、

登録先を載せ過ぎないということです。

 

いずれもスパム判定を受ける危険性があるので、

やりすぎは禁物です。

登録先は大体20個前後に絞っておくと良いでしょう。

 

 

下記は僕が使用しているPing送信先URLです。

後にプラグインでの設定時に使用してください。

 

 

Ping送信先おすすめリスト

 

http://api.my.yahoo.com/RPC2
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blogstyle.jp/xmlrpc/
http://ping.fc2.com
http://jugem.jp/?mode=NEWENTRY
http://pingroll.net/xmlrpc
http://ping.amagle.com/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://ping.myblog.jp
http://ping.rootblog.com/rpc.php
http://ping.weblogalot.com/rpc.php
http://rpc.blogrolling.com/pinger/
http://rpc.pingomatic.com/
http://rpc.technorati.com/rpc/ping
http://rpc.weblogs.com/rpc2
http://www.blogoole.com/ping/
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://news.atode.cc/rssdaily.php

 

 

WordPress Ping Optimizerの設定方法

ここからはWordPress Ping Optimizerのプラグインを

インストールしていきましょう。

 

① まずWordPressのダッシュボードから

  『プラグイン→新規追加』を選び、

  『WordPress Ping Optimizer』をインストールし、

  有効化クリックします。

 

プラグイン→新規作成

 

 

 

 

右上の検索窓で、WordPress Ping Optimizerを検索し、

『今すぐインストール』をクリックします。

 

WordPress Ping Optimizer 1-1

 

 

 

 

 

インストールができたら、有効化していきましょう。

 

WordPress Ping Optimizer 1-2

 

 

 

 

 

② 有効化をクリックしたら、ダッシュボードから

  『設定→WordPress Ping Optimizer』をクリックします。

 

WordPress Ping Optimizer 1-3

 

 

 

 

赤い枠内にPing送信先を登録していきましょう。

 

WordPress Ping Optimizer 1-4

 

 

 

 

登録は簡単で、

先ほどの『Ping送信先おすすめリスト』を

コピーして貼り付けるだけでOKです。

 

WordPress Ping Optimizer 1-5

 

最後に『Enable Pinging』チェックが入っていることを確認して、

『Save Setting』をクリックします。

 

 

 

 

 

WordPress Ping Optimizer 1-6

 

 

『Options saved.』と出て完了です。

 

 

 

 

『WordPress Ping Optimizer』は、

Ping送信の注意点をしっかりとカバーしてくれるプラグインなので、

上記の設定さえしておけば、後は何もしなくても安心ですね。

 

簡単な設定の割に、

もし忘れていたりすると非常にもったいない機能なので、

WordPress導入後はすぐに設定をしておくといいですね。