stockvault-businessman119649

一般的に、出勤時間、出社時間は始業の30分前というのが平均ということですが、冷静に考えると日本人は非常に真面目だということが伺えます。

これは社会人としてはマナーということで、誰もがそこを疑わないものですが、一歩海外に出てみれば日本の異常な考え方だという見方もあるようです。

出勤時間に厳しく、退社時間にルーズ

ある外国人の企業役員の方が、日本人の印象を訊かれた時に「日本人は非常に時間にルーズだ」と答えていました。

日本人であるならば「日本人が時間にルーズ?」と、驚くところでしょう。

しかし、彼に言わせると、「出勤時間には厳しいくせに、退社時間になってもいつまでもダラダラと仕事をしている。日本人が時間にルーズと思われても仕方ないだろう」ということなんですね。

「うん、確かにその通りだ」ということで早く帰れたら話も早いのですが、それができないから問題なんですよね(。・_・。)

平均出勤時間という考え方

基本的に日本人は、基準や平均に合わそうとする性格を持っていますが、海外の人から言わせると『個性がない』ということだそうです。

もちろん、日本国内で完結されていることですし、電車などの公共交通機関の時間の正確さや、ビジネス面でのスムーズさを考えると、誇り感じて良いところでもあります。

ただ、現代社会においてマナーというものは、いわゆる暗黙の強制力が強い側面があるので、どこか心が置き去りにされている部分があり、そのことについて窮屈に感じる人が増えているのも事実です。

いま、若い人たちが、社会での既存のマナーにうんざりしています。平均出勤時間というのもそうです。

社会人になり、始業5分前の出勤だと遅いとして、叱られる場合があります。 

仮に無視して始業時間前に来ているんだからいいだろうと開き直ると、

「あいつは変わったやつだ」

というレッテルを貼られることもあります。

 

この、平均というのが厄介で、なんでもかんでも『平均』という枠の中に押し込まれそうになるんですが、始業10分前に出社しても、何も悪いことはしていないんですね。

なぜ、そんなことになるのでしょうか?

そこには、こんな理由が隠されています。

あなたから奪われているもの

 日本では『国民の三大義務』のひとつに、「勤労の義務」というものがあるので、基本的に成人以上はすべからく働きに出ているものです。 

そして、多くの日本人はサラリーマンとして勤めに出られている方がほとんどです。

僕も長い間サラリーマンをしていました。一度、勤めに出ると、そこから離れるということのリスクの高さを痛感するものです。

 

ですが、サラリーマンとして安定した生活ができているのであれば、サラリーマンは最高だと思います。 

70年代、80年代にサラリーマンが企業戦士といわれた時代、誰もが安定と豊かさを求めて企業や会社に属していったものです。

いまや、安定も豊かさも感じることができず、多くの人たちが不安を感じているのですが、企業や会社に属している分、自分でなんとかすることができないのが現状です。

つまり、あなたは自分で自分の生活を成り立たせる力を、他の力に委ねるしかないということです。それは確実にあなたから思考力とアイデアを奪っていきます。

多くの人がそこで頼るものは、平均や基準といった形のない正義です。

少し大げさかもしれませんが、その正義の名の下、人は個性を無くすことを引き換えてでもそれに頼るしかないのです。

 

常にアイデアと思考すること、そして行動することを制限してはいけません。こんな時代だからこそ、企業や会社、国が守ってくれると、安易に自分の舵を任せないようにしましょう。

どんな時代にも生き残る術はあります。

いま、多くの戦争映画で戦時中のことをリアルに再現されていますが、あんな極限状況下でも生き残る術はあったようです。いまは個人が尊重されており、自分の行動で未来を変えることが可能です。

決して暗黙のルールやマナーに縛られすぎてはいけません。しっかりと自分の生活をコントロールし、あなたらしい幸せな人生を送っていってくださいね。